CULTURE & LIFE

全国各地の「可愛いお土産」を紹介し、大人気の連載【旅するデザイナーがおすすめするお土産たち!】。他ではなかなか見つからない通なセレクトは、デザイナーrumiさんが全国各地を実際に旅をして、その地域に根付く文化や作り手の背景まで掬い上げているからこそ。お土産への愛着が詰まったレポートとともに、FUDGE.jpで特に注目度の高かったお土産をランキング形式でご紹介いたします!

 

第10位:何が出てくる!?金沢の落雁 諸江屋「福徳煎餅」

金沢といえば老舗の銘菓が数多くある街。落雁 諸江屋は江戸時代末期の嘉永二年(1849年)に創業以来、約170年にわたり加賀名菓の伝統を今に伝え、昔ながらの製法にこだわり、お菓子作りを続けてきています。今回は年末年始の時期になると販売される期間数量限定の「福徳煎餅」をご紹介します。

おみくじのようなお正月の伝統縁起菓子

落雁 諸江屋の「福徳煎餅」は、金沢の伝統的なお正月の縁起菓子です。見るからに福がやってきそうな打ち出の小槌、俵、福袋をかたどった最中の皮のようなものでできています。大胆にバリバリと割ると、なんと中から七福神の形をした金華糖や、郷土玩具土人形がポロリと出てきました!なんて素朴で可愛いんでしょう!

中に入っている金華糖や土人形のモチーフは全部で30種類ほどあるそう。何が出てくるのかドキドキするこのおみくじのようなお菓子。毎年1月に家族や友人と食べれば盛り上がること間違いなし。金と銀をイメージして、黄と白の2色で仕上げられている最中の皮は、ぜんざいや、お澄まし汁に入れて食べるとちょうど良さそうです。明治以降、正月菓子として多くの金沢のお菓子屋さんが売り出しましたが、現在も作っているのは諸江屋のみだそう。みんなが笑顔になるお菓子は、長くこれからも多くの人に届けていっていただきたいと願うばかりです。

▶︎https://fudge.jp/culture_life/column-culture_life/93902/

 

 

第9位:恵比寿「雄」の銘菓「苺みるく生洋羹」

「心に寄り添える料理」をテーマにした日本料理の名店が東京恵比寿にあります。その名も「雄」。ここの旬の食材を用いたお土産がとても衝撃の美味しさと聞き、早速お取り寄せをしてみました。時期によって食材は変わるとのことでしたが、今回お取り寄せしたのは、「苺みるく生洋羹」。みるくなのに羊羹?と、不思議に思いながら、届いた上品な木箱をそっと開けてみました。

恵比寿の日本料理の名店「雄」の数量限定お土産。

この宝石のような美しい赤!なんと木箱にみっちり真っ白な羊羹が詰まっています。完全手作りなので、1日20個限定。「雄」の羊羹は、小さなお子様からお年寄りまで、ご家族でどこか懐かしくほっこりと楽しむことができるように、という想いから作られたのだそう。

和」の羊羹と「洋」のゼリー・ムースなどの食感の良い所を活かして作っている為、洋+羹で「洋羹」と名付けられています。そのため、羊羹と言いつつ、実は小豆を一切使用せず、厳選した果物や牛乳などを小豆の代わりに用い、餡として吉野葛や寒天など時間をかけてしっかりと練りこんだ、新しい食感の和菓子となっているのです。

▶︎https://fudge.jp/culture_life/column-culture_life/67232/

 

 

第8位:かわいくて食べられない!「ちもと」の鈴もなか「八里」

箱根にとてもかわいいお菓子があると聞き、箱根銘菓「ちもと」にやって来ました。「ちもと」は箱根にのれんを出して約70年。先代より受け継いだ製法をそのままに、変わることのない和菓子づくりをしています。さらに、作りたてにこだわっている「ちもと」の駅前通り店では、出来上がった和菓子をそのまま食べられるカフェも併設しています。他とは雰囲気の異なる洋風な建築が印象的です。

箱根街道を行く馬子たちの唄をヒントに生まれた、上品でかわいい鈴の最中

どうしてもお土産にしたかったのが、この鈴の形をした「八里」という最中!江戸時代、箱根街道で人や荷物を乗せた馬を引く仕事をする馬子(まご)たちが歌っていたのが「箱根馬子唄」。この唄の歌詞にもある箱根八里(東海道五十三次の宿場の一つ小田原宿から箱根峠を越えて三島宿まで約八里の道のり)の馬子たちの鈴をかたどり、こしあんの最中に仕上げているそう。

トロリとした舌触りの良い餡がとても上品で、ついついいくつも食べられてしまう美味しさ。紐から最中をするりと外して食べるのですが、なんだかもったいない気持ちに!もちろん大胆に紐を引っ張って最中皮を破ってパクッとしても◎

▶︎https://fudge.jp/culture_life/column-culture_life/98983/

 

 

第7位:香川県丸亀のほっこりじんわり懐かし楽しい、寳月堂の「つぼしるこ」

何年も前にとっても気になるお汁粉をSNSで発見。その名も「つぼしるこ」。名前の通り、壺の形をしたとっても気になるお汁粉なのです。この「つぼしるこ」は、2017年に創業100年を迎えた、香川県丸亀市にある老舗和菓子屋「御菓子司 寳月堂」のもの。

一度食べたら忘れられない、じんわり懐かしい、不思議な不思議なお汁粉「つぼしるこ」

以前まだみんながマスクをしていない時代、丸亀駅前にある「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」を訪れたことがありました。その美術館のすぐ近くに、この「御菓子司 寳月堂」は本店を構えています。「つぼしるこ」は、丁寧な包紙で包まれておりました。

緑の包紙をあけると、最中の中には粉末状の小豆餡がずっしりと入っていました。そして、お椀の中に最中を入れて、沸騰したお湯を壺の穴の中へ、そ〜〜〜〜〜っと、注ぎ入れます。すると、、。ゆっくりゆっくり、ふにゃふにゃとしてきます。最中がふやけたら、粉末の小豆餡をよく混ぜて出来上がり。ふやけた最中がモチモチとした食感でお餅代わりとなり、最中の皮と中に入っているアラレの香ばしい香りが上品に広がり、こし餡の優しい甘味を引き立てます。まだまだ冷える夜や、ホッとしたい時、小腹が減った、という時にピッタリです。もちろん、丸亀のお土産にもオススメです。

▶︎https://fudge.jp/culture_life/column-culture_life/143732/

 

 

第6位:昭和レトロなセンスが光る!伊東の「ホール・イン」

伊東でおすすめの昭和レトロなお土産が昭和12創業の老舗梅家さんの「ホール・イン」。伊東は海と温泉の街と言われていますが、実はゴルフ場がとても多い街でもあります。箱を開けるとふわりと甘くやさしい香りが。

デザイナーのセンスが光る、伊東の銘菓「ホール・イン」。

パッケージデザイナーのセンスが光る伊東の銘菓「ホール・イン」。甘さも上品で、ついついもう一つと、いくつでも食べたくなる昔懐かしい美味しさ。洋菓子と和菓子がコラボしたようなお菓子です。お茶にもコーヒーにも合いますよ。

「ホール・イン」は、見た目もネーミングもそのまま、ゴルフボール!?かと思いきや、出てきたのはウミガメの卵のような真っ白で、つるんとまんまるなお菓子。仕上げに薄くかけられたホワイトチョコレートがとっても繊細で、美人さんです。「ホール・イン」の餡は、白餡に温泉で茹でた卵の黄身を使用した黄身餡で作られています。とてもなめらかしっとりで幸せいっぱいな味わいです。

▶︎https://fudge.jp/culture_life/column-culture_life/87257/

 

 

第5位:創業103年!広島「御菓子所 高木」のカステラと和風クッキー

今回ご紹介したいのは広島市内にお店をかまえる御菓子所 高木の和風クッキーとカステラ 。なんと創業大正8年。

創業大正8年。深い想いから作られる、変わらない美味しさを届け続ける「御菓子所 高木」の御菓子

かわいいイラストとロゴデザイン。缶及び箱のデザインは染色工芸作家 柚木沙弥郎氏のものです。一度見たら忘れられません。個性が光ります。

そしてこちらが和風カステラ。たっぷりの卵をつかってまろやかに焼き上げ、油脂を少なめな、あっさりとしたカステラです。上質の材料にこだわり続け、その自然の恵みと会話しつつ「良質であること、美しく品があること」を大事に、お菓子作りを続けている御菓子所 高木。お店のウェブサイトでも、「
歴史やのれんがあるからこそ、今現在、そしてこれからを考え、じっくりと時間をかけて吟味し作りあげたものしか出したくない」と深い想いを綴っています。

▶︎https://fudge.jp/culture_life/column-culture_life/150361/

 

 

第4位:青森代表 超ロングセラー!レトロ缶詰が可愛い「りんごジャム」

青森のお土産に選んだのが、この缶詰のりんごジャム。瓶詰めじゃなくて、なんと缶詰。しかも、このレトロっぷり、素朴感、可愛さ!令和というこの時代に、長くこのような素敵なラベルを使い続けてくれているパッケージを見つけると、なぜか感謝の気持ちと嬉しさでいっぱいになります。そしてこの圧倒的個性に呼ばれ、迷わず購入。

このりんごジャムはA.R.K.(青森リンゴ加工株式会社)という、昭和16年創業の青森県搾汁老舗メーカーのもの。長い長い間、多くの人から愛されているのだろうな、とパッケージの様子から感じ取れます。

その味はさすが青森!な味。りんごの本場ならではの濃厚な味わい、自然な甘さ。これは美味しい!昔、風邪をひいた時にりんごをすりおろして食べたような、手づくりジャムのような、心温まる懐かしく優しい味です。パンにつけたり、お料理に加えたり、ヨーグルトに乗せたり、食卓で大活躍間違いなし。たっぷり入っているので、ちょっと贅沢に使えちゃうところも嬉しいポイント!自分用にも、ちょっとした手土産にもきっとちょうど良いはずです。

▶︎https://fudge.jp/culture_life/column-culture_life/140155/

 

 

第3位:レトロパッケージの代表格!和歌山の「デラベール デラックスケーキ」

和歌山県田辺市の大正時代から約100年続く老舗菓子店「鈴屋」。この看板商品でもある「デラックスケーキ」を求めて他県から足を運ぶお客さんも多いのだそう。

お土産にぴったりなクラシカルレトロパッケージ「デラベール デラックスケーキ」

発売から約50年。手のひらサイズの小さな「ケーキ」は、レトロパッケージファンたちにも大人気のお菓子。

卵たっぷりのカステラに、白いんげん豆をベースにしたオリジナルのジャムがサンドされています。白いんげん豆のジャムなんて、初めてです。一口食べると懐かしくやさしい甘みと香りが広がります。そして、ほんのりごまの風味!この洋風のような和風のような絶妙なバランス、そしてこの特別感。小さい頃、こんなケーキのようなエレガントなお菓子に憧れていたことを思い出しました。長く愛されてきた名品は、これからも地元の人々や、遠くから訪れてきた人々に美味しさだけでなく、懐かしさや幼い頃を思い出すきっかけをくれるのでしょう。

▶︎https://fudge.jp/culture_life/column-culture_life/146517/

 

 

第2位:お茶の国 静岡から 小さな小さな「急須もなか」を召し上がれ

お茶処静岡でで見つけたお土産がこちら。菓子処 叶家の「浅蒸し×火香強 緑茶の急須もなか」。か、かわいい、、!と、パッケージに一目惚れ。

かたつむり、、?ではなく、急須!です。ひとつひとつ大切に包まれています。深い緑色の餡が美しく、一口食べるとふわりと深く香ばしいお茶の香りが広がります。緑茶の香りと甘すぎない餡が絶妙に調和したもなかです。

日本全国いろいろなもなかを見てきましたが、急須の形がとてもリアルで繊細。しっかり丸みもあって、食べるのがもったいないくらい。急須という日本ならではの伝統工芸をこんなふうに食べてしまうなんて、ちょっと不思議な気分ですが、これはお土産に喜ばれること間違いなしです。ぜひお茶と一緒に食べてみてくださいね。

▶︎https://fudge.jp/culture_life/column-culture_life/136435/

 

 

第1位:これホワイトデーに欲しい!三重県伊勢志摩の、真珠が可愛すぎるラングドシャー

三重県の伊勢志摩といえば真珠の産地としてよく知られていますが、その真珠の中でも形、ツヤなど、厳格な基準を満たしたホワイト系の真珠を「花珠真珠」と呼んでいます。真珠の中でも希少な輝きを持つ特別な真珠にのみ与えられる称号です。その名前をもとに作られたのがこの「華珠 HANADAMA」という名前のスイーツ。こ、これは美しい!

これはホワイトデーにほしい!あげたい!自然の芸術をお菓子にした、美しすぎる「華珠 HANADAMA」

見た目は真珠貝ですが、丁寧に焼き上げた貝のカタチの芳ばしいラングドシャーに、なめらかなホワイトクリームがたっぷりとそえられた可愛らしいお菓子。真ん中にはホワイトチョコレートでコーティングしたボーロの大粒真珠を一粒。なんて気品のある美しいスイーツなのでしょう。

手に取ってみると、やっぱり思ったよりも大きい!そのまま食べても、貝殻を外してそれぞれを味わっても、お好みでジャムやハチミツを添えても、ラングドシャーでクリームをすくって食べてもOK。サクッと軽い食感のラングドシャーと、ボーロの真珠、クリームの口どけ、どれも特別な気分で味わうことができます。

▶︎https://fudge.jp/culture_life/column-culture_life/141788/

 

 

身近な日本の軌跡と奇跡。旅するデザイナーrumi

連載はコチラ☞【旅するデザイナーがおすすめする旅先でのお土産たち!】

Instagramをフォロー!☞@find_rumi

 

 

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    オリジナルブレンドをお届け...
  • サムネイル
    FUDGE オフィシャルキャラク...
  • サムネイル
    FUDGE FRIEND オーディション...
  • サムネイル
    お金をかけすぎずに、自由に...
  • サムネイル
    密かにブームです!甘いブラ...
MORE MORE
サムネイル
オリジナルブレンドをお届けする新企画「FUDGEコーヒー便」受注スタート
サムネイル
FUDGE オフィシャルキャラクターが誕生!! 愛嬌たっぷりなシロクマの“ファージー”
サムネイル
FUDGE FRIEND オーディション3次審査、参加メンバー一覧と人気投票はこちら!!
サムネイル
お金をかけすぎずに、自由に楽しむ。20㎡・ナチュラルモダンスタイルの一人暮らしインテリア【私らしく暮らす】
サムネイル
密かにブームです!甘いブラウスをスパイシーに着る
サムネイル
30代に人気!前髪ありのおしゃれなボブスタイル16選
サムネイル
[ 2022年夏 ] 大人のシャツコーデ7選
サムネイル
これだけあれば、幸せ。シンプルライフを送る人に学ぶ、5つの暮らしのヒント【シンプリストの暮らし方】
サムネイル
《マリメッコ》の新作スカーフから着想するベージュトーンのデニムスタイル【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
超カワイイ!自分にも良し友だちへのプレゼントにも良しな雑貨たち
サムネイル
ブラウスとデニムのシンプルなコーデに紫陽花のイヤリングでさりげない可愛さを添えて
サムネイル
短くても大丈夫! [ ショートボブハーフアップ ] アレンジ集
サムネイル
トラッドアイテムをあえてかわいく着くずす【本日のFUDGE GIRL-7月20日】
サムネイル
季節の花と古道具で彩る。1DKの一人暮らしインテリア【私らしく暮らす】
サムネイル
ブラウスが1枚あれば、夏のコーデは無限大に広がる!
サムネイル
パーマ用スタイリング剤特集おすすめ15選|人気スタイリスト直伝セット方法も!
サムネイル
ヴィンテージの服を纏えば、自分にしかできないコーデを叶える
サムネイル
2022年最新・夏のホラー映画3選-『X エックス』『哭悲/THE SADNESS』『海上48hours ―悪夢のバカンス―』【土曜日のシネマサロン】
サムネイル
ファッジガールのモノトーンコーデはこう着る!
サムネイル
Vol. 33 FUDGENA What’s in your bag? 気になるバッグの中身特集 第二弾!

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。