ONKUL

 

「小さな頃からの夢はお菓子屋さん。ケーキに焼菓子に作りたいものはたくさんあるものの、きづけばグラノーラの魅力にすっかりハマっていました」

と言うのはneige(ネージュ)の三宅さん。『真夜中のグラノーラ』という商品名でグラノーラをメインとしたネット販売をしている。

 

三宅さんにとって、はじめグラノーラといえばオシャレな朝のイメージだったそう。ヨーグルトと合わせたり、ミルクをかけたり、それ単体で食べるというよりは朝食のオプション的な存在であり、おやつにするには少し物足りない。

 

なのになぜ、グラノーラを作りだしたのだろう。それは、数年前に友人宅で「はい、おやつ」とだしてもらったグラノーラがあまりにおいしかったからだとか。

 

「グラノーラって朝のイメージだったのに立派なおやつになるんだって、目からうろこでした。それまで食べてきたサラサラのグラノーラとは違って、ビスケットみたいに手でつかんでポリポリ食べる。その香ばしさもやみつきで、もう止まらないんです。きづけばあっというまに一皿食べていました」

 

おいしいグラノーラと出会ったその日、友人からレシピを教わり、すぐに家で作ってみた。

 

「これまでおやつタイムに食べていたのはケーキやクッキー、アイス、たまに和菓子。甘いもの全般が大好きだけど、いつも頭のどこかで、太るな、体に悪いな、って罪悪感がセットになっていました。今でも洋菓子愛は変わらずですが、それは時々のご褒美として。日々食べるおやつは、体を想ったものを……そんな気持ちにピタッとはまったのがグラノーラだったんです」

作り方はとてもシンプル。オーツ麦、粉、油、甘味、塩。基本の材料はたったの5つ(※粉や塩を混ぜないレシピもあり)。そこにナッツやドライフルーツなど好みのものを混ぜ、好きに変化させていく。

「最初は小麦粉で作っていたけれど、玄米粉で作ってみたら、あらおいしい! じゃあ、太白ごま油をオリーブオイルに変えてみたら? アレンジの奥深さに気づけたのはグラノーラだからこそ。工程が多い複雑なお菓子だったら最後まで完成させることに集中して、素材を変えてみる面白さに気づかなかったかもしれません」

 

工程がシンプルだからこそ、粉一つ変えても幾通りもの味ができる。油も様々な種類があるし、塩にしたって日本で作られたものから海外のものまで。「グラノーラ」という、いち食べもののはずなのに、そこからできることが無限に広がっていく。これはよもやお菓子作りを通り越して、実験に近いのでは?と三宅さんは思ったそう。

 

「本当に近々工房で着るユニフォームを白衣に変えて作ってみたいなと企んでいるくらいです(笑)。そのくらいグラノーラってなんだか実験っぽい。シナモン、カルダモン、ローズマリー……スパイスに重点を置くこともできれば、ドライフルーツやドライベジタブル、何と合わせるかでも全く違った表情を魅せる。コーヒー、紅茶、日本茶、ドリンクとのペアリングで味を考えるのも面白い」

今販売しているのは、プレーンと『to India』というカレー味の2種類。近々ドライトマトとドライバジルを混ぜ込んだ『to Italy』。その後はチーズ味の『to Swiss』、セイロンシナモンを混ぜ込んだ『to Sri Lanka』と続いていきます。

 

「スリランカの次は何処にしようかな。様々な可能性を秘めたグラノーラですが、まずは『旅』に重点を置いて味を増やしていこうと思っています」

 

ところで、朝でなく『真夜中のグラノーラ』と名付けた理由を尋ねてみたところ、まずはグラノーラをプレゼントした友人から「これおやつにもいいけど、お酒に合うよ!」と言われたこと。そして「真夜中」というひびきが持つ特別感を気に入っているからだそう。

 

「おやつって普通3時だけど、それを真夜中に移すだけでなんだか特別なことをしている感じがしませんか? ちょっぴりいけないことをしているような。もう先生にも親にも怒られることはないいい大人なんだけど、真夜中におやつを食べるってだけで、こどもの頃のいたずら心を思い出してワクワクしちゃうんです。しかもこのグラノーラ、なんといってもノンシュガーだから、真夜中に食べても罪悪感が薄いんですよ! そこもいいところだと思っています」

 

さて旅するグラノーラ、海外のほかに、現在国内バージョンもすすめているそう。そんな国内第一弾は、三宅さんが住む街、福岡。

 

「馴染みのある街の味を考えることもあれば、未踏の地に想いを馳せて味を考えることもあります。皆さんにもグラノーラを通じていろんな街に旅するワクワク感を口の中で感じてもらえたら嬉しいです」

 

真夜中のグラノーラの旅はまだ始まったばかり。

 


しっかり火を入れたグラノーラ。ザックリと香ばしい。


ロゴは三宅さんの祖父が昔描いた絵を使用。グラノーラが入っている袋はひとつひとつスタンプしている。


ワインにもビールにも合うグラノーラ。果たして焼酎とは?

 

==

『neige』(ネージュ)

福岡市在住

グラノーラは下記のonline storeで販売。

ほかに、バースデークッキーを作ったり、紙モノ(製本や貼り箱など)を作ったり、

日々作ったものをinstagramに記録している。

online store : https://neige-sweets-papers.stores.jp/

instagram : https://www.instagram.com/n.e.i.g.e/

 

writer: Amelie

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    《スカーゲン》のペアウォッ...
  • サムネイル
    PR
    冬の本命アウターは《ナンガ...
  • サムネイル
    PR
    マフラーとクラムチャウダー...
  • サムネイル
    PR
    わたしの偏愛サムマイルウエ...
  • サムネイル
    PR
    《アネモネ》テーパードフー...
MORE MORE
サムネイル
PR
《スカーゲン》のペアウォッチと一緒に。いましかない大切な時間を刻む
サムネイル
PR
冬の本命アウターは《ナンガ》のダウンに決まり!タイプ別お洒落な着こなし3選
サムネイル
PR
マフラーとクラムチャウダー【スープと彼女のストーリー vol.1】
サムネイル
PR
わたしの偏愛サムマイルウエアは仏生まれの《ルコックスポルティフ》
サムネイル
PR
《アネモネ》テーパードフープピアスのスタイルレッスン
サムネイル
PR
菊池亜希子さん 冬の着こなしと《ルート》のバッグ3選
サムネイル
PR
今日は何着る?冬の始まりを感じる《無印良品》の“きほん服”【気温別コーデ】
サムネイル
PR
《タイオン》のダウンアイテムが主役! 冬のおすすめ防寒コーディネート3選
サムネイル
PR
《ビューティフルピープル》を纏う贅沢な日常。
サムネイル
PR
頼りになるのは《エーグル》のアウター
サムネイル
PR
ふわもこの《VANS(ヴァンズ)》スニーカーと、6つの違い
サムネイル
PR
栄養満点スープと普段の仕事のおはなし。【FUDGENA SPECIALIST:kinoko × 野菜をMOTTO】
サムネイル
PR
冬のアウターはこれで決まり!《ケープハイツ》のアウターと出掛ける、TOKYO巡り
サムネイル
PR
はじめてのベレーは、時代を超えて愛され続ける《ロレール》の「カンパン」を指名して!
サムネイル
オリジナルブレンドをお届けする新企画「FUDGEコーヒー便」vol.3 FINETIME COFFEE ROASTERS受注販売スタート
サムネイル
《ADAM ET ROPE’》の着心地抜群なベーシックなベスト&カーディガンをFUDGEが特別にオーダー
サムネイル
【FUDGE FRIEND】1000人以上の中から選ばれた7人のオフィシャルガール、遂に決定!!
サムネイル
FUDGE オフィシャルキャラクターが誕生!! 愛嬌たっぷりなシロクマの“ファージー”
サムネイル
リノベーション団地で植物のある暮らしを楽しむ私が買ってよかった、3つのアイテム #myfavorites
サムネイル
【2022】黒髪ボブをもう幼いなんて言わせない!美容師が教える最新垢抜けポイント5つ

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。