ONKUL

旅を楽しめない今だからこそ、次にどこに行こうと考えてみては? 温泉と美食、かわいいものがたくさん見つかる、加賀温泉郷(石川県加賀市)の魅力を温泉地ごと(山中温泉、山代温泉、片山津温泉)にご紹介します。

今回注目したいのは、加賀市の工芸。加賀市は伝統工芸でも有名ですが、なかでも山中温泉は、国内有数の漆器の産地として知られています。木地師(きじし)と呼ばれる職人が作る山中漆器は、木の素材感を生かした木地挽物(きじひきもの)技術が特徴。山中温泉を訪れる、湯治客のお土産として作られてきました。

最近では漆器のイメージを覆す、シンプルでモダン、普段使いしやすいものもたくさん登場。そんな漆器を作るお店の一つが、1930年創業の「畑漆器店」です。
伝統的な山中漆器も揃いますが、技術を活かしつつ、ピンクやミントグリーン、レモン色など、カラフルで遊び心のあるブランド「col.」は、北欧食器のような雰囲気。食器としてはもちろん、小物入れとしてインテリアにも映えそうです。

左:ピンク、グレー、ナチュラルの3色セットの器「BORDER」(7,700円)。右:ソーサーが蓋にもなる「KOMA」(3,850円)は、飲みものやアイスクリームを入れても。

北陸地方の雨をモチーフに、オリジナルのグラフィックパターンを施した「rain」期間限定で販売。重ねて収納もでき、蓋は受け皿としても使える優れもの。お弁当箱や裁縫箱としても。「SOJI hako M rain gold」(6,600円)

漆器ができるまでの工程も展示。カラフルなものは木地そのままの雰囲気を出すため、あえてウレタンで塗装。

漆器は扱いが難しそう…と思ってしまいますが、実は水洗いもでき、お手入れも簡単。食洗機や電子レンジは使わず自然乾燥することだけ気をつければ、気軽に使えるそう。漆器は中に入れたものが湿気にくいので、コーヒーなどの粉を入れるのにもおすすめです。

続いて訪れたのは、山代温泉にある「コンセプトサロン 月月」。石川と沖縄、世界の美しいものをコンセプトにする「A&Ko」の直営店です。特に、加賀市の伝統工芸である山中漆器や九谷焼をはじめ、石川の工芸をより身近に感じさせてくれるお店です。

作られた場所や作家に縛られず、いいと思うものを日用品として選んでほしいという思いから、器からインテリア雑貨、ジュエリーまで、同じ目線でセレクト。買い求めやすい価格にもこだわっているのだそう。

地元の職人の技術を活かした、オリジナルアイテムもいろいろ。

九谷焼の素焼きにオイルを垂らして、ほのかな香りを楽しむ「AROMA BOX」。蓋に描かれたバラの絵は、アーティストのLee Izumidaによるもの。

加賀の職人によって作られている、プレートやグラスもお土産におすすめです。

落としても割れない最新素材トライタンとガラスを掛け合わせた「ARAS(エイラス)」のプレート。熱伝導率が低く、美味しいと感じる温度を保つことができる。右はイスタンブールのジュエリー。

こちらもトライタンを使った、うすはりガラスのように見える割れないグラス「PLAKIRA」のゆらぎ。Mサイズ660円とお手頃。

次に向かったのが、日本で唯一の九谷焼専門美術館「石川県九谷焼美術館」が位置する大聖寺エリア。国内外の古道具や骨董、現代作家の器やオブジェなどの作品を扱う古道具店「タユタフ」に行きました。

お店は不定休。必ず問い合わせを。

こぢんまりとした店内には日本のほか、中国や韓国などの古いものが所狭しと並びます。見ているだけで楽しいですが、きっとお気に入りのものが見つかりそう。

最後に紹介するのは、片山津温泉エリアにある「中谷宇吉郎 雪の科学館」。中谷宇吉郎は片山津温泉に生まれ、世界で初めて人工的に雪の結晶を作るのに成功。生涯を通して雪の研究をした物理学者です。ここでは多彩な業績に触れられるほか、ダイヤモンドダストの実験を見ることができたり、雪の結晶の形をした氷のペンダントを作ったりと、子どもも大人も楽しめます。

雪の結晶をイメージし、六角形の塔を3つ配置して設計。手前には、中谷博士が氷の研究をしたグリーンランドから運ばれた石と人工霧。

雪の結晶をモチーフにデザインした、エントランスホールの天井。

雪の結晶が描かれた輪島塗の蒔絵文箱。

思わず見入ってしまう雪の結晶。自然の形が美しい。

貴重なダイヤモンドダストの実験を見ることもできる。

展示を通して、自然の神秘と雪の結晶のモチーフとしてのかわいらしさを実感。ミュージアムショップでは、雪の結晶が描かれた九谷焼の箸置きを買い求めました。

ティールーム「冬の華」では、加賀珈琲とスイーツが、九谷焼の器で楽しめます。

「かわいい」が見つかるお店と、科学館をご紹介しました。次回は、ワーケーションにも使える素敵なカフェやスペースをご紹介します。

 

この記事が気になる方は石川県加賀市の旅 「加賀温泉郷の旅」 もチェックしてみて。

 

text・photo:赤木真弓

フリーランスの編集・ライター。暮らしまわりの雑誌や書籍などで執筆をするほか、旅好きライターユニットauk(オーク)としても活動している。著書に『ラトビア・エストニア・リトアニアに伝わる温かな手仕事』、『好きを追求する自分らしい旅の作り方』(ともに誠文堂新光社)、『オランダ・ショート・トリップ』、『ブリュッセル クラシックな街歩き』(産業編集センター)ほか。greenpoint books & thingsとして、イベントなどで古書の販売もしている。

 

協力:一般社団法人加賀市観光交流機構

 

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    冬の本命アウターは《ナンガ...
  • サムネイル
    PR
    マフラーとクラムチャウダー...
  • サムネイル
    PR
    わたしの偏愛サムマイルウエ...
  • サムネイル
    PR
    《アネモネ》テーパードフー...
  • サムネイル
    PR
    菊池亜希子さん 冬の着こなし...
MORE MORE
サムネイル
PR
冬の本命アウターは《ナンガ》のダウンに決まり!タイプ別お洒落な着こなし3選
サムネイル
PR
マフラーとクラムチャウダー【スープと彼女のストーリー vol.1】
サムネイル
PR
わたしの偏愛サムマイルウエアは仏生まれの《ルコックスポルティフ》
サムネイル
PR
《アネモネ》テーパードフープピアスのスタイルレッスン
サムネイル
PR
菊池亜希子さん 冬の着こなしと《ルート》のバッグ3選
サムネイル
PR
今日は何着る?冬の始まりを感じる《無印良品》の“きほん服”【気温別コーデ】
サムネイル
PR
《タイオン》のダウンアイテムが主役! 冬のおすすめ防寒コーディネート3選
サムネイル
PR
《ビューティフルピープル》を纏う贅沢な日常。
サムネイル
PR
頼りになるのは《エーグル》のアウター
サムネイル
PR
ふわもこの《VANS(ヴァンズ)》スニーカーと、6つの違い
サムネイル
PR
栄養満点スープと普段の仕事のおはなし。【FUDGENA SPECIALIST:kinoko × 野菜をMOTTO】
サムネイル
PR
冬のアウターはこれで決まり!《ケープハイツ》のアウターと出掛ける、TOKYO巡り
サムネイル
PR
はじめてのベレーは、時代を超えて愛され続ける《ロレール》の「カンパン」を指名して!
サムネイル
PR
《ミディウミ》が、旅の相棒。 “あったかい”も“お洒落”も持っていこう!
サムネイル
オリジナルブレンドをお届けする新企画「FUDGEコーヒー便」vol.3 FINETIME COFFEE ROASTERS受注販売スタート
サムネイル
《ADAM ET ROPE’》の着心地抜群なベーシックなベスト&カーディガンをFUDGEが特別にオーダー
サムネイル
【FUDGE FRIEND】1000人以上の中から選ばれた7人のオフィシャルガール、遂に決定!!
サムネイル
FUDGE オフィシャルキャラクターが誕生!! 愛嬌たっぷりなシロクマの“ファージー”
サムネイル
リノベーション団地で植物のある暮らしを楽しむ私が買ってよかった、3つのアイテム #myfavorites
サムネイル
【2022】黒髪ボブをもう幼いなんて言わせない!美容師が教える最新垢抜けポイント5つ

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。