CULTURE & LIFE

こんにちは。

前田エマです。

 

「蔵前」特集の最後、

第6回目の今回は《喫茶 半月》を訪れました。

ここは、前回ご紹介した《菓子屋 シノノメ》の2階にあります。

 

 

ダンスホールとか、名曲喫茶とか、名画座とか、

人知れずこっそり訪れたい場所ってありますよね。

少し後ろめたさを感じる優越感というか

2階へ上がる階段を登るときに、そういう場所に行くと感じる空気がふわっとしたんです。

 

 

そうして辿り着いた《喫茶 半月》は期待を裏切らない景色を私に見せてくれました。

長いカウンターに並んだ背の高い椅子、赤いソファー、

美しく並ぶ食器、動物の置物、モダンなランプスタンド

映画の中のワンシーンに、ポンっと飛んでいってしまったような気持ちになります。

 

 

ここは、美味しい珈琲を提供するお店ですが、

アルコールも勿論、愉しむことができます。

私が訪れたのは開店前の誰もいない、そして店員さんたちにとってはお忙しい時間だったのですが(ほんとうにありがとうございます)、私の脳内にはダンディなスーツを着た会社帰りの紳士が、ここで一杯飲んでる姿がありありと浮かびました。

そんなふうに、物語がある店なんです。

 

季節のシュー・栗とキャラメル¥620、カフェラテ¥560

 

私が今回、注文したのはカフェラテとシュークリーム。

ふわっと優しいミルクの泡と、ほどよい濃さの珈琲。

シュークリームは、まず姿がとても美しい。サクッとした食感と、甘すぎない爽やかなクリームがクセになります。

 

 

蔵前特集の第4回目で訪れた「茶室 小雨」、5回目で訪れた「菓子屋シノノメ」、そして今回訪れた《喫茶 半月》は、全て同じオーナーが手掛けていらっしゃるお店です(噂によると私と歳がそんなに変わらないみたいです!びっくり!)。

近くにあるfrom afar」「具屋nobori文月」も、同じオーナーさんが手掛けられています。

 

 

お店の内装から全てを自分たちの手掛けていらっしゃるお店。そこで働かれるスタッフのみなさんが、情熱と信念を持って働かれている姿に、私は今回とても心が震えました。

 

《今週のぐるり服》

photograh_Osada Kasumi

蔵前特集ではmini mattersのパンツをたくさん履きましたね。背の小さな子、体型が細めの人にも嬉しいサイズ展開で気に入っているんです。今回はハンサムな雰囲気の中に、パリの女の子のテイストを入れてみました。私の好きなスタイルです。

トップス/yuki shimane、パンツ/mini matters、帽子/MACKINTOSH PHILOSOPHY、靴/DIANA

**********************************************

モデル:前田エマ Maeda Emma

1992年、神奈川県生まれ。 東京造形大学卒業。オーストリア ウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中から、モデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、その分野にとらわれない活動が注目を集めている。Instagram:@emma_maeda

写真:長田果純 Osada Kasumi

1991年、 静岡県生まれ。14歳の頃、実家の物置小屋から一台のフィルムカメラを発見し、独学で写真を撮り始める。現在はファッションのカタログやポートレート、映画のスチールなどで活躍中。プライベートでは自身の感覚を軸に写真を撮り続けている。Instagram:@osada__

information

《喫茶 半月》

東京都台東区蔵前4-31-11 2F
営業時間:12時 〜 19時(L.O.18:30)
定休日:水
Instagram:@hangetsu_kuramae
※年末年始はお休み。最新の情報は店舗Instagramにてご確認ください。

 

前回、紹介した《菓子屋 シノノメ》から入って、2階へ続く階段を登っていくと《喫茶 半月》へ入店できる。

大きな窓から差し込む光と、静けさがとても心地よい。本店のカフェ《from afar》や以前に紹介した《茶室 小雨》よりも、大衆的な喫茶店を根差してつくられた《喫茶 半月》。

今回紹介した、「栗とキャラメル」のシュークリームのほか、珈琲と相性がよいロールケーキ、鉄観音のパンナコッタ、レアチーズなどデザートメニューも充実しており、すべて下の《菓子屋 シノノメ》横にある調理場で作れたもの。そこが通常の喫茶店よりも、一線を画す魅力でもある。

会社帰りのサラリーマンなど、ひとりでくる常連さんも多く、年月を重ねることで地域に根付き、それぞれの憩いの場になっているそう。

店主の小笠原さんは自宅ではネルドリップで淹れるほど珈琲好き。いつか店主自らカウンターで淹れてくれる、ネルドリップの珈琲がメニューに追加されることが待ち遠しい。

 

【蔵前にきたら、こちらにも!】

焼き菓子を並べて《菓子屋 シノノメ》

水鳥とビクトリアケーキ《茶室 小雨》

擦りガラスの光《フーコ 服と小物のちいさな店》 

珈琲とチョコレート《蕪木》

時を感じて《SyuRo》

カヌレ色のインク《カキモリ》

お湯が滑る《NAKAMURA TEA LIFE STORE》

きらめきの雨粒《大森商店》

 

edit:Takehara Shizuka

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    私をパリジェンヌっぽくして...
  • サムネイル
    PR
    忙しくてもお洒落したい女性...
  • サムネイル
    PR
    クラシカルムードをまとう《...
  • サムネイル
    祝・ Instagramフォロワー50...
  • サムネイル
    [ ショートヘア×くせ⽑ ] だ...
MORE MORE
サムネイル
PR
私をパリジェンヌっぽくしてくれる、赤いオープンカー
サムネイル
PR
忙しくてもお洒落したい女性の味方、《ヴェレダ》オーガニックヘアケアシリーズのスタイリングラインに注目!!
サムネイル
PR
クラシカルムードをまとう《コンバース》で、上級カジュアルスタイルを叶えて。
サムネイル
祝・ Instagramフォロワー50万人!感謝の気持ちを込めた、スペシャルギフト
サムネイル
[ ショートヘア×くせ⽑ ] だから作れるお洒落なボブ17スタイル
サムネイル
PR
植物の恵みで健康的な頭皮を育てましょう|《WELEDA(ヴェレダ)》の新オーガニックヘアケアシリーズ
サムネイル
くしゅくしゅソックスとタイツに合わせたらこんなに可愛い。《ザ・ノース・フェイス》のウールチャッカーブーツ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
FUDGEの公式通販サイト2020年売れ筋ランキングTOP10を発表!
サムネイル
柄on柄、大袈裟な首回りのストール、無造作感が絶妙なバランス
サムネイル
見て楽しい、使って嬉しいマグカップたち
サムネイル
着こなしのバランスを整えるハイカットスニーカーカタログ
サムネイル
野菜をたくさん摂りたい人のための、一人暮らしの献立1週間
サムネイル
マーケットで買った建設業者用のキャップだって、彼女にかかれば小粋なファッションアイテムに
サムネイル
おうち時間とお散歩時間で楽しむ、ワントーンな足もと【ささやかですてきなもの 大谷有紀 vol.38】
サムネイル
ほんとうに欲しかったのはこんなマスク。FUDGEコラボアウターとおそろいの《マッキントッシュ フィロソフィー グレーラベル》のガンクラブチェック柄。【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
今年はどんな年にする?前向きになれるヒントを貰う映画3作品 【土曜日のシネマサロン】
サムネイル
グリーンをメインにコーデを組んで。起毛のボトムスで季節感も演出
サムネイル
きちんとシャツがスタイルアップにひと役【“アウトドア”ガールの着まわし31days】
サムネイル
ちょっと大人な3つのスキンケアアイテムの話【 FUDGENA SPECIALIST:kinokoのボーイズスタイルvol.35】
サムネイル
学生時代の走馬灯を《HAGISO》【前田エマの東京ぐるり】

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。