Art of Cruising in Autumn FUDGEガールの心を揺らす、秋のアートクルージング。

セレスト・ブルシエ=ムジュノ 《クリナメン v.7》(部分)

2019年 木の床、ポリ塩化ビニル製シート、ポンプ、陶磁器、水

©Céleste Boursier-Mougenot

日常の喧騒から離れ、
アートに没入する贅沢な時間。
毎日をせわしなく生きているうちに
感性が麻痺しがちなわたし達に必要なのは、
五感がフルに刺激されるアートなひとときかもしれない。
モネやピカソなどの印象派と
現代アートがコラボレーションした、
ポーラ美術館で開催中の「シンコペーション」。
話題沸騰中の展覧会とFUDGE.jpが
コラボした読者限定イベントの開催を記念して、
みなさまに、とびきりのアート体験をお届けします。
作品が放つ迫力を直に体感しに、
ぜひ訪れてみてくださいね。

photograph&movie_Kyosuke Azuma(tokyojork)
styling_Reiko Ogino
hair&make-up_Keita Iijima(mod’s hair)
model_Nat B
design_Hiroe Nakamura
movie direction_Ayaka Ohira
text_Chie Sumiyoshi
edit_Taori Akiyama
cooperation_POLA MUSEUM OF ART

Contemporary Encoounters with The Modern Masters syncopation
印象派をはじめとする近代美術コレクションで知られるポーラ美術館が、初の現代美術の企画展を開催中です。タイトルの「シンコペーション」とは音楽用語で、リズムをズラして変化させ、楽曲に表情や緊張感を与える手法のこと。モネやピカソなど巨匠たちの名作や美術、工芸と、国際的なアートシーンで活躍する12組のアーティストの多様な表現とのセッションは、私たちの普段使わない感覚を揺さぶるリズムをもたらします。森林にたたずむ美術館ならではの野外展示や、空間にのびやかに広がるインスタレーションから新鮮な響きを聴きとって。

シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート

モネ | Monet × セレスト・ブルシエ=ムジュノ | Céleste Boursier-Mougenot
モネ | Monet × セレスト・ブルシエ=ムジュノ | Céleste Boursier-Mougenot
モネ | Monet × セレスト・ブルシエ=ムジュノ | Céleste Boursier-Mougenot
モネ | Monet × セレスト・ブルシエ=ムジュノ | Céleste Boursier-Mougenot
モネ | Monet × セレスト・ブルシエ=ムジュノ | Céleste Boursier-Mougenot

Art of Cruising in Autumn no.01

モネ | Monet × セレスト・ブルシエ=ムジュノ | Céleste Boursier-Mougenot
円形のプールの水面をゆったりと漂う大小の陶器のボウルがたがいに優しくぶつかりあう時、そこには偶然の音楽が奏でられ、絶え間ない水の動きがつくりだす文様がきらめきます。その様子はクロード・モネが自身の網膜に映り込んだ光景を画布に描きとどめようとした瞬間を想像させます。もともと作曲家として活動していたフランスを代表するアーティストは、音楽と美術のあいだに横たわる時間感覚をさりげないアイデアで形にしています。

アリシア・クワデ《まなざしの間に》 2018年 真鍮、ガラス、鏡、ランプ

Courtesy of the artist, KÖNIG GALERIE, Berlin / London and 303 Gallery, New York

Art of Cruising in Autumn no.02

ダリ | Dali × アリシアクワデ | alicjakwade
サルバドール・ダリが偏執狂的な細密描写で描いた絵画世界は、その多くにダブル・イメージが隠されています。これに対して、アリシア・クワデのインスタレーションは、一見整然とした鏡とガラスが交錯する迷宮。そこに紛れこんだ人の姿やランプの灯り、そしてダリの絵画がときに鏡像として、ときに実像として現われます。その魔術的な体験はまさにシュルレアリスムの芸術家たちが夢や幻想に見いだした意識下の世界へと誘います。

東洋陶磁 | Oriental Ceramics × オリヴァー・ビア | Oliver Beer

オリヴァー・ビア《悪魔たち》(部分) 2017年 16個の器、音響機器 ©Oliver Beer
フォーリンデン美術館、ワッセナー、Museum Voorlinden, Wassenaar

Art of Cruising in Autumn no.03

東洋陶磁 | Oriental Ceramics × オリヴァー・ビア | Oliver Beer
古代エトルリアの陶器、中国や朝鮮の東洋陶磁、コンゴの仮面、砲弾、ティーポットまで、さまざまな工芸コレクションを「器」に見立て、その奥でかすかに響くささやきをマイクでとらえたサウンドインスタレーション。何千年もの時や地域を越えて集められた異質なものたちを見事に指揮するオーケストレーションもさることながら、素材や形のまったく異なる個性的な面々が、自身の「声」で音楽を奏でるその自由さに心を打たれます。

アブデルカデル・バンシャンマ | Abdelkader Benchamma × ギュスターヴ・クールベ | Gustave Courbet
アブデルカデル・バンシャンマ | Abdelkader Benchamma × ギュスターヴ・クールベ | Gustave Courbet

アブデルカデル・バンシャンマ《ボディ・オブ・ゴースト》2019年 墨/紙、石膏ボード
Courtesy of the artist and Galerie Templon, Paris ギュスターヴ・クールベ《岩のある風景》
ポーラ美術館蔵

アブデルカデル・バンシャンマ | Abdelkader Benchamma × ギュスターヴ・クールベ | Gustave Courbet

Art of Cruising in Autumn no.04

墨によるダイナミックなドローイングで覆われた空間はまるで奇岩のそびえる火山か氷河の谷間。地殻変動によって生まれた岩や地形に関心を寄せるバンシャンマは、文学や秘教、哲学、天体物理学、神経生理学など、さまざまな分野の学問を参照しながら、この平面と立体が混沌と組合わされたモノクロの世界を即興的につくりだしました。そのなかにぽつんと展示されたクールベの絵画は、人智を超えた地球の神秘を語りかけます。

渡辺 豊 | Yutaka Watanabe

ポール・セザンヌ《アントニー・ヴァラブレーグの肖像》ポーラ美術館蔵

渡辺 豊 | Yutaka Watanabe

渡辺豊作品とセザンヌ《アルルカン》(ポーラ美術館蔵)Courtesy of the artist and Maki Fine Arts

渡辺 豊 | Yutaka Watanabe
渡辺 豊 | Yutaka Watanabe

Art of Cruising in Autumn no.05

壁一面に絵画が架けられた展示室はまるで美術館の収蔵庫かコレクターの部屋のよう。贅沢にもピカソやセザンヌ、藤田嗣治の作品と共に飾られた現代作家によるポートレートは、インターネットで巨匠たちやモデルの名を検索し、見つけたイメージの断片を組み合わせたもの。モニター上のレイヤー画面を深堀りする感覚で、多面的に重なり合う肖像画を眺めれば、ピカソが模索し続けたキュビズムの核心に触れることができるかもしれません。

スーザン・フィリップス | Susan Philipsz × 印象派 | The Impressionists
スーザン・フィリップス | Susan Philipsz × 印象派 | The Impressionists

スーザン・フィリップス 《ウインド・ウッド》2019年 11チャンネルのサウンド・インスタレーション ©Susan Philipsz

スーザン・フィリップス | Susan Philipsz × 印象派 | The Impressionists
スーザン・フィリップス | Susan Philipsz × 印象派 | The Impressionists

Art of Cruising in Autumn no.06

楽器や環境音、彼女自身の歌声などを素材にサウンドインスタレーションを発表してきたスーザンの作品は美術館をかこむ森のなかに。鳥のさえずりのような音色は、印象派の音楽家ラヴェルの《シェヘラザード》から「魔法の笛」のフルートの旋律だけを編曲したもの。1920年代パリで活躍したダンサーに捧げられたこの作品は、樹々のあいだを踊り、駈けぬけるダンスの動きをイメージしたそう。森の精霊たちの会話のようにも聴こえてきます。

印象派など近代の芸術家が活躍した時代と、
私たちが生きる現代のアートをつなぐ展覧会。
複雑なこの世界を見つめるクリエイティブなまなざしが
時代も国境も超えて響きあうことを、
感覚的にとらえることのできる素敵な体験になるはずです。
シンコペーション:世界の巨匠たちと現代アート
ポーラ美術館

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

会期:開催中〜12月1日(日)、会期中無休

開館時間:9時〜17時(最終入館は16時半)

入館料:大人1800円

WEB:https://www.polamuseum.or.jp/sp/syncopation/

オトナの部活動はじめます
Information
ポーラ美術館にて読者限定イベントを開催!

FUDGE.jpでは、もう一度皆さまの”好き”を見つめ直すお手伝いをしたいと思い”オトナの部活動”と題した、プレミアム会員限定のさまざまなイベントをスタートします。第一弾は芸術の秋にぴったりな【アート部】を発足! 今回FUDGE.jp【アート部】ではポーラ美術館とコラボレートして読者限定イベントを9月28日(土)に開催します(応募は既に締め切り済みです)。今後も色々な”オトナの部活動”を開催していく予定ですので、ぜひご注目ください!

※プレミアム会員のご登録方法
会員登録フォームから、メルマガ会員、プレミアム会員の二段階登録(無料)を行なってください。既にメルマガ会員にご登録いただいている方は、プレミアム会員へのアップグレード登録を行なってください。

Art of Cruising in Autumn no.02
Art of Cruising in Autumn no.02

shop list

【ア】

  • エンジニアドガーメンツ
    TEL
    TEL:03-6419-1798
  • オズ
    TEL
    TEL:03-5962-7775

【サ】

  • ザ・ブリスク
    TEL
    TEL:03-6416-4314
  • ジャンティーク
    TEL
    TEL:03-5704-8188
  • ジャンヌバレ
    TEL
    TEL:03-3464-7612
  • ジョンブル 原宿
    TEL
    TEL:03-3797-3287
  • ソルトプラスジャパン
    TEL
    TEL:06-6943-2535

【タ】

  • トゥジュー 代官山ストア
    TEL
    TEL:03-5939-8090

【ナ】

  • ネペンテス
    TEL
    TEL:03-3400-7227

【ハ】

  • パラブーツ青山
    TEL
    TEL:03-5766-6688
  • ハルミ ショールーム
    TEL
    TEL:03-6433-5395
  • ビームス ボーイ原宿
    TEL
    TEL:03-5770-5550

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    アニエスベーがカフェ併設の...
  • サムネイル
    PR
    《エーグル》のアウターと...
  • サムネイル
    PR
    アクティブな彼女の休日スタ...
  • サムネイル
    PR
    特別なギフトにもオススメ!...
  • サムネイル
    PR
    北欧ならではのミニマルで繊...
MORE MORE
サムネイル
アニエスベーがカフェ併設のコンセプトショップを渋谷にオープン!カルネボレンテと初のコラボアイテムも発売
サムネイル
PR
《エーグル》のアウターと素敵な冬支度
サムネイル
PR
アクティブな彼女の休日スタイル 《DIESEL》MY FAVORITE OUTER
サムネイル
PR
特別なギフトにもオススメ!手元を彩る《ダニッシュデザイン》のウォッチ
サムネイル
PR
北欧ならではのミニマルで繊細なデザインが魅力の《ベーリング》より、普段着をそっと彩るペアウォッチをご紹介。
サムネイル
Vol.15 PART 3 前田エマさんと行くアートな習いごと
サムネイル
スタイルに抜け感を添えるキルティングコート【“2wayアウター”ガールの着まわし31days】
サムネイル
女の子らしい レイヤードが可愛いモノトーンスタイル
サムネイル
グレーとオレンジの渋色メイクで秋顔に変身!【メイクアップティップス】
サムネイル
初登場!初コラボの《MAVEN WATCHES》腕時計で秋冬コーデの手元をパッと華やげて♪
サムネイル
台湾のスタバ事情とは?その3【週末アジア:台湾編】
サムネイル
このシーズン、一枚は持っておきたい上質なカシミアマフラー。上品なカラーリングの《ジョシュア エリス》に注目【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
人恋しい時に聴きたい!プレイリストを《柴田聡子》がセレクト 【火曜日のプレイリスト】
サムネイル
紳士的なムード漂うグレンチェックコートで、パリの街を颯爽と歩く
サムネイル
オイルだけでさらっと決まる、シンプルな内巻きボブ from シキ【ヘアレシピ ストーリーズ】
サムネイル
アウトドアに行きたくなる映画3作品 【土曜日のシネマサロン】
サムネイル
チェックセットアップの3変化【FUDGENA:ハヤシアンナの”微糖カジュアル”のススメ vol.5】
サムネイル
指先の恋《竹尾 見本帖本店》 【前田エマの東京ぐるり】
サムネイル
甘いトップで主張して、ワイドなデニムでシンプルに

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。