“やっぱり、ハッピーエンドが好きだから”

心地よく今日を終えるためにしたいこと、欲しいもの。

色々なことがある毎日だけど、1日の終わりに“今日もいい日だった”と思えるような自分のための楽しみがあるといい。
お気に入りのダイアリーに日記を書く、心身を癒すハーブティーを飲む、毎日10分間のアロマタイムをとるetc…
今日の私を幸せにする、5つのハッピーエンドルーティンと、その相棒に選びたいグッドアイテムをご紹介。

今日あったいいことを、ダイアリーに書き留める。

たった一言でも、箇条書きでも、“今日の思い出”を言葉にして書き留める「日記の習慣」を取り入れてみよう。いいことばっかりの毎日じゃないけれど、そんな中にもハッピーの断片はきっとあるはず。今日あった良いこと、嬉しかったこと、これからしたいことも明日の目標も。紙とペンで気持ちを綴るアナログなスタイルで、誰かにシェアするわけではない自分だけの“いいね!”をダイアリーの中に集めていこう。

ダイアリー ¥3850/Moleskine(モレスキン ジャパン)、万年筆 ¥13200/kaweco(プリコ)、火を灯したようなデザインのランプ ¥29700/Ambientec(シボネ)

 

【今日をハッピーエンドにする、GOOD THINGS】

相棒には、憧れの《Moleskine(モレスキン)》のクラシックダイアリーを選んでみたい。シンプルシックな佇まいに、書き心地の良い紙、どんな言葉も大切に受け止めてくれる品格etc…、かつて芸術家、想像家やアーティストたちが使用していたノートブックからインスピレーションを受けて作られた《モレスキン》のノートブック。このダイアリーも同様に長年の歴史を持ったノートブックの後継者ならではの良さがぎゅっと詰まった1冊。「2024年クラシックダイアリー / デイリー」は、1日1ページタイプのフォーマットで、日々記していくと、1年の終わりには“自分だけの365日の物語の本”が完成するような気分を味わえる。何年も愛用し続けて“自分の本”が増えていく楽しみも想像できる。

「2024年クラシックダイアリー / デイリー」ポケットサイズ(9x14cm) 各¥3850/Moleskine(モレスキン ジャパン)

 

《Kaweco(カヴェコ)》の「スポーツ万年筆(Kaweco Sport)」は、クラシックなデザインの中に機能性・携帯性を兼ね備える名作で、本体の色や素材のバリエーションの豊富さも魅力。軽くて持ち運びにも便利な樹脂製の「CLASSIC Sport(クラシックスポーツ)」は、1972年のミュンヘンオリンピックの際に公式ペンとして採用された製品の復刻版。前述のモデル同様に復刻版で樹脂製軸のモデルながら、ペン先・インプリント・キャップのロゴがシルバーで統一されているのは「SKYLINE Sport(スカイラインスポーツ)」というシリーズ。味わい深い経年変化を楽しむなら、真鍮製の「BRASS Sport(ブラススポーツ)」も一押し。ソリッドな印象の「AL Sport(アルスポーツ )万年筆 アルミ」は、ジュエリー感覚で手に取りたい1本。この他にもラインナップがあるので、ぜひ、好みのものを見つけてみて。

左から、「クラシックスポーツ万年筆」グリーン、ボルドー 各¥3850、「スカイラインスポーツ万年筆」フォックス、ミント 各¥3850、「ブラススポーツ万年筆」¥13200、「アルスポーツ万年筆 アルミ」¥11000/kaweco(プリコ)

 

ご自愛ティータイム、心身を癒すハーブティーを飲んでみる。

帰宅後、おやすみ前のティータイムを習慣にしてみよう。仕事や勉強を頑張っていると、気づかないうちに気持ちがぴんと張り詰めていることもあるけれど、温かいお茶が入ったカップを手に取るだけで、身も心もほっとするもの。夜寝る前に飲むなら、ノンカフェインのハーブティーがおすすめ。お気に入りのハーブティーと、とっておきのカップ、ときにはスイーツや果実も用意して、ちょっぴり贅沢に自分だけのお茶時間を堪能してみるのもいいね。

ハーブティーを入れたカップ ¥22220、焼き菓子を載せたお皿 ¥14520/Astier de Villatte(ATELIER 表参道)

 

【今日をハッピーエンドにする、GOOD THINGS】

美味しいことはもちろんだけど、それが可愛いパッケージ入りだともっとハッピー。フレーバーごとにデザインの異なるマッチ箱風の小箱に入った《TAKIBI BAKERY(タキビベーカリー)》の「旅する紅茶」は、各フレーバーごとにテーマとしている国や地域があり、それぞれをイメージしたお茶がそろう。ティーバッグタイプだから手軽に淹れられるところも◎。今日はどれにしよう? と楽しみながら選んでみて。今回は、おやすみ前のティータイムにもぴったりなハーブティー3種をピックアップ。写真上から、ノンカフェインのフレッシュなハーブティー「ルイボスミント」、体を温めながらリラックスさせてくれるハーブブレンドティー「カモミール&ジンジャーティー」、柑橘の香織と生姜のアクセントがきいた「レモングラス&ジンジャー」。

「TAKIBI BAKERY 旅する紅茶」各¥378/TAKIBI BAKERY(シボネ)

 

夜のご自愛ティータイムは、自分のための癒し時間。だからこそ、使うカップだって眺めるだけで幸せな気持ちになれるようなお気に入りを選ぼう。憧れのアイテムやとっておきの一品を手に入れて、大切に愛用するのも理想的。いつか手に入れたい《Astier de Villatte(アスティエ・ド・ヴィラット)》のカップは、ブランドならではの色味や風合い、アーティスティックな佇まいが魅力的な一生モノ。「Colbert リトルマグカップ」は、一般的なマグカップよりやや小ぶりで、ありそうでなかった気の利いたサイズ感にも惹かれる。

「Colbert リトルマグカップ」¥22220/Astier de Villatte(ATELIER 表参道)

 

帰宅後、10分間のアロマタイムを楽しむ。

帰宅後や夜の時間にはやるべきことも多いのだけど、約10分だけ、アロマタイムをとってみよう。それだけで、なんだかいい気分になれるはず。その間はシンプルに香りと向き合うことを基本にしつつ、瞑想をしたり、TO DOリストをまとめてみたりしても良さそう。気分を切り替えたり、リラックスさせてくれる香りのアイテムは色々あるけれど、今回は手軽に使えて、軽やかに漂う煙にも癒されるインセンス(お香)をご提案。

「hibi 10MINUTES AROMA garden.」各¥880/hibi

 

【今日をハッピーエンドにする、GOOD THINGS】

インセンス初心者さんや普段ルームフレグランスを使っていない人にもおすすめしたい《hibi(ヒビ)》の「10minute aroma」は、日常に10分、手軽に自然のアロマを取り入れられるお香スティック。マッチやライターといった着火具は不要で、マッチを擦るようにして本品に火をつけるとお香に着火でき、心地よい香りが漂う。花々に満ちた空想の庭をテーマにした「hibi garden.」シリーズでは、暮らしの中に多幸感に包まれるひとときを演出する香りを提案していて、やさしい甘さと可憐さに包まれて幸せな気分になれる「ミモザ」のほか、上品でエレガントな香りに和のニュアンスが漂う「藤」、みずみずしく甘い香りが空間を華やかに彩る「ピオニー」の全3種を展開。

「hibi 10MINUTES AROMA garden.」各¥880/hibi

 

ちょっとリッチに旅する気分で香りを楽しみたいときには、憧れの《Astier de Villatte(アスティエ・ド・ヴィラット)》が提案するインセンスを選んでみるのも手。「世界各国の神秘的な場所が放つ,つかの間の香り」をテーマに、世界各都市の名を冠したインセンスを手掛けていて、写真は、パリのオペラ・ガルニエがモチーフになっている「Opera」のインセンス。蜜蝋と蜂蜜のニュアンスに白檀と安息香が調和した繊細で奥行きのあるフレグランスで想像のトリップへ。1箱125本入りで、1本の燃焼時間は約30分。なお、ブランドならではの陶器のインセンスホルダー1点が付属しているところも嬉しい。

「Opera インセンス & Flower インセンスホルダー」(インセンス125本、ホルダー1点入り)¥24310/Astier de Villatte(ATELIER 表参道)

 

オシャレのあとは、身につけていたアイテムを労わる。

1日身につけていたお洋服やジュエリーを労ることも今日をハッピーエンドにする上で心掛けておきたいこと。洗濯するものは洗濯カゴに、デイリーには洗わないもの、自宅での洗濯が難しい服は、洋服ブラシやファブリックミストでデイリーケアをして、きれいに整えよう。そうするだけで服も自分も気分良く過ごせる。愛用のジュエリーを定位置に戻す習慣もつけると、翌日もぱっと身につけられていい。どうせなら、素敵にレイアウトできるトレイも用意してみよう。

コート「COSWAY(コズウェイ)」¥68200/MACKINTOSH PHILOSOPHY GREY LABEL(マッキントッシュ フィロソフィー グレーラベル ルミネ新宿店)洋服ブラシ「CS7A」¥9350/G.B.KENT(オックスフォードタイム)、ベッドルーム&ファブリックミスト ラボン トゥザムーン トワイライトマジックの香り ¥657/LAVONS(ネイチャーラボ)、ファブリックシェーバー ¥9900/STEAMERY(シボネ)、アクセサリートレイ ¥22000/ke shi ki

 

【今日をハッピーエンドにする、GOOD THINGS】

この時期、頻繁に着ているであろうウールコートやセーターは、1日着たらブラッシングしておこう。ほこりや細かな汚れがとれるだけでなく、表面に素材本来の上品なツヤがでて、ぐんとオシャレに着られる。英国の老舗ブラシメーカー《G.B.KENT(ジービーケント)》の洋服ブラシなら間違いない。タッセル付きの「CS7A」は、オールケアタイプの日常使いに適したブラシ。豚毛で作られていて静電気が起きづらく、1本目の洋服ブラシとしてもおすすすめ。その左にあるのはカシミアケアに特化した洋服ブラシ「CP6」、素材別でブラシをそろえてお手入れ上級者を目指したい。

気になる毛玉があるときは毛玉クリーナーも適宜使用するのがベター。《STEAMERY(スチーマリー)》のファブリックシェーバーは、使用感の良さはもちろん、インテリアに馴染むシンプルなデザインも◎。仕上げに《LAVONS(ラボン)》のファブリックミストをシュッと纏わせたら、除菌&気になる匂いのケアまでフィニッシュ! 「ラボン トゥザムーン」シリーズの2つの香りは、ともに疲れた心と身体を癒すリラックスアロマ。衣類はもちろん、おやすみ前のベッドルームの空間ミストとしても使えるアイテムなのです。

カシミアケア用の洋服ブラシ「CP6」¥8580、タッセル付きのオールケア洋服ブラシ「CS7A」¥9350/G.B.KENT(オックスフォードタイム)、ベッドルーム&ファブリックミスト ラボン トゥザムーン ノクターナルブルーの香り・トワイライトマジックの香り各¥657/LAVONS(ネイチャーラボ)、ファブリックシェーバー ¥9900/STEAMERY(シボネ)

 

エブリデイ愛用している私的定番のジュエリー、帰宅後は無造作に棚やテーブルに置いている人も多いのでは? 大切なアイテムだからこそ、定位置を設けて日々そこに戻すようにするとより愛着が湧くような気がする。部屋の中でうっかりなくしてしまうことも予防できるし、なにより大好きなジュエリーをアート作品のようの素敵に収納できたら、それを眺める楽しみも生まれる。シンプルなレザーの筒を連ねた《ke shi ki(ケシキ)》のリングトレイは、一見シンプルなものだけど、そこに愛用のリングやピアスをはめ込んでいくと、自分だけのアートピースのようなディスプレイを楽しむことができる一品。部屋の風景に馴染みながら、ユニセックスに愛用できるので、同居するパートナーとシェアして使うのも良さそう。

リングトレイ ¥22000/ke shi ki、トレイに乗せたジュエリー(トレイに乗せていく順に)ピアス ¥15400、リング ¥33000、ピアス ¥24200、リング ¥41800/adachiyukari.

 

パジャマだって、ハッピーな着こなしで。

部屋着やナイトタイムのワードローブだって、お出かけのときの装いと同じように、お気に入りのアイテムで楽しみながらオシャレしたら、おうち時間がもっと豊かでハッピーなひとときになるはず。最近見つけたグッドルッキングなパジャマは、着心地もよくって、プレイフルにコーディネートを楽しめる色や柄が印象的で一目惚れ。まずはワンセット手に入れてみよう。そして、少しずつバリエーションをそろえて、自宅でのスタイルも充実させていけたらいい。今日帰ったら、何を着ようか?

イエローのパジャマシャツ ¥19800、ブルーのパジャマパンツ ¥16500/HAY(ヘイ トウキョウ)、ネイビーのパジャマセット ¥36300/june(モットハウス・トーキョー)

 

【今日をハッピーエンドにする、GOOD THINGS】

色合わせを楽しみたい《HAY》のパジャマは、セットアップらしい着こなしはもちろん、あえてトップスとボトムで異なるカラーのものを選んで配色を意識したコーディネートにもトライしてみたい。メインのカラーにアクセントを加えるパイピングの差し色も絶妙なカラーリングで、モダンな洒落感を演出。ソフトで滑らかな肌触りのオーガニックコットン100%の生地が採用されているところもポイント! 今月ローンチしたばかりのパジャマブランド《june(ジューン)》のアイテムは、生地のテクスチャーの好みで選ぶのも手。日々パジャマをこよなく愛するデザイナーが手がけるコレクションは、デイユースのシャツやパンツとしても着たいと思えるようなデザインながら、肩まわりのゆったりとしたシルエットや締め付け感のないウエストゴムの選定など、快適に睡眠をとるための配慮もばっちり。今後も新柄を発表予定だそう。

ネイビーのパジャマセット ¥36300、ストライプ柄のパジャマセット ¥33000/june(モットハウス・トーキョー)、ピンクのショーツ ¥13200、ブルーのパジャマシャツ¥19800、ブルーのパジャマパンツ ¥16500、イエローのパジャマシャツ ¥19800/HAY(ヘイ トウキョウ)

 

パジャマのワードローブをそろえる上で、カットソー素材のアイテムもチェックしておきたい。マリニエールのカットソーでお馴染みの《PETIT BATEAU(プチバトー)》には、パジャマのセットアップアイテムもあるって知ってた? 環境に配慮したオーガニックコットンの糸で仕立てた1×1リブ編み素材は、“第二の肌”と呼ばれるやわらかな手触りが自慢。まるでベビーウェアのような質感で肌馴染みがよく、私たちの心身にそっと寄り添ってくれるようなカットソーパジャマは、着用するだけで心地よいナイトタイムを叶えてくれる。定番のボーダーやハート柄のほかにもシーズンごとのプリント柄が登場するところも楽しみ。

パジャマセットアップ 左から、ハート(グリーン)¥16500、ハート(レッド)¥7700、ボーダー(トップス半袖)¥17600、ボーダー ¥8800/PETIT BATEAU(プチバトー・カスタマーセンター)

 

SHOP LIST

adachiyukari. info@adachiyukari.com

ATELIER 表参道 03-3406-0313

オックスフォードタイム 042-724-5581

ke shi ki info@ke-shi-ki.com

神戸マッチ info@hibi-jp.com

シボネ 03-6712-5301

ネイチャーラボ 0120-880-337

プチバトー・カスタマーセンター 0120-190-770

プリコ 06-6443-0039

ヘイ トウキョウ 03-6427-9173

マッキントッシュ フィロソフィー グレーラベル ルミネ新宿店 03-6258-0666

モットハウス・トーキョー  03-6325-2593

モレスキン ジャパン 03-5962-7603

 

photograph_Tezuka Natsume
illustration_INEMOUSE
edit & text_Ryoko Suzuki
cooperation_Compartment

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    春のお洒落をときめかせる!...
  • サムネイル
    【明日から】4/20(土)-21(日)...
  • サムネイル
    PR
    ハンカチに傘にポーチも…新生...
  • サムネイル
    PR
    《リーバイス®》のLVCコレク...
  • サムネイル
    PR
    カナダで見つけた5つのお土産...
MORE MORE
サムネイル
PR
春のお洒落をときめかせる!《ミディウミ》の青と白コーデ3選
サムネイル
【明日から】4/20(土)-21(日)はルミネ立川へ!春色のお菓子&雑貨が集まるマルシェ、スタイリストのコーデ指南など盛り沢山なイベントを開催
サムネイル
PR
ハンカチに傘にポーチも…新生活の準備はできた?デイリーアイテムは《ポール & ジョー》で揃えよう!
サムネイル
PR
《リーバイス®》のLVCコレクションはもうゲットした?おしゃれな人のデニムコーデや生デニムの育て方もチェック!
サムネイル
PR
カナダで見つけた5つのお土産。バンクーバーのおしゃれな雑貨店《Gifts and Things》をチェック
サムネイル
PR
着る人の魅力を押し上げてくれる《慈雨》のワードローブ
サムネイル
PR
1周年イベントも開催!《ミディウミ》神戸店で可愛い春コーデを見つけました【FUDGENA SPECIALIST : riko × MidiUmi】
サムネイル
PR
春ベレーのお洒落なかぶり方8選。 《ロレール》の新作アイテム別に簡単にトライできるかぶり方をレクチャー!
サムネイル
PR
おしゃれでクリエイティブな彼女の「マイルール」とは? モデル長澤メイが明かすライフスタイルのこだわりと、最旬ヘアスタイル
サムネイル
PR
《カフェ キツネ》の新アイコン「バリスタフォックス」が登場!シックでパリらしいイラストをのせたグッズや、春の新メニューをチェック
サムネイル
PR
私の相棒デニムは《ナル ファクトリー》
サムネイル
PR
《DAMD》と一緒なら、街乗りもアウトドアもお茶の子さいさい!
サムネイル
PR
《リーガル》で見つけたFUDGEガールのマストハブシューズ3選。店頭イベントも開催中!
サムネイル
PR
春に持ちたいバックはどれ?容量がたっぷり入る《ミルクフェド》のバック6選
サムネイル
2024年の春アウターはこんな気分!お手本コーデ20選をチェック
サムネイル
白ボトム?チノパンツ?デニムじゃない日のパンツコーデ【FUDGE FRIEND 1週間コーディネート】
サムネイル
美容師が認める市販シャンプー15選!ドラッグストアで買える本当に良いシャンプーはどれ?
サムネイル
春先取りな“トレンチコート”スタイル5選。品があって定番デニムにも合う優秀アウター【TOKYO SNAP】
サムネイル
春に着たい、大人の“ロングスカート”スタイル8選!今すぐ取り入れたいお手本コーデをチェック【マイスタンダードブックまとめ】
サムネイル
ベージュのコートにやっぱり似合うのは、濃紺のストレートデニムなのです。【FUDGE 4月号連動企画-ど真ん中・デニム-No.001】

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。