FUDGENA

「私って音楽好きなんだなあ」
と改めて思い知る。
そんな2ヶ月だった。

尽くイベントが中止になり、涙の日々。
挙げ句の果てに、家でひとり、
お酒をすすりながら音楽を流し、ひとりクラブなどしていた。

しかし、ひとりでそんなことしていてもすぐ飽きるのである。
誰かと音楽の話がしたい!人間!!誰か!!!
結果、鼻息荒く、こうして筆をとっている。

FUDGEの読者の皆さんも音楽好きが多いイメージ。
今回は「好きな洋楽」についてなりふり構わず語ろうと思う。
過去2回に比べてかなり多い文量。読んでね。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

① 思わず隣の人のお酒を奪ってしまう程の興奮

「The Chemical Brothers」

テクノ好きなら一度は聞いたことがある名前。

90年代から第一線で活躍しているアーティスト、
「ダンスミュージックとロックの融合」が大きな特徴である。
今やジャンルに囚われず、多くの聴衆を楽しませている。

2019年のFUJIROCKにヘッドライナーで出演すると知り、即チケットを購入した。

やはり、凄かった。

音楽はもちろん映像も圧巻。
初めて、ライブで興奮のあまり呼吸が苦しくなった。
ヒイっ、ヒイっいイイ!!!!という感じである。

思わず、現地で合流した知人に
「あ、酒、もらいますありがとうございます」
と半ば強引にお酒をもらい(ごめん)
約2時間、ノンストップで躍り狂った。

10月に来日し、単独ライブの予定、

もちろんチケットは購入してある。

【おすすめの曲】
・star guitar → とにかくPVを見て。ミシェルゴンドリーの映像とのリンクに鳥肌
・Hey Boy Hey Girl → めちゃめちゃ踊れる

 

② 最初は恐怖、だんだんとやみつきに

「aphex twin

こちらもテクノアーティスト。90年代から活躍。

まず、ジャケットが不気味。曲名も意味不明。
なんなら正体も不明。

しかし聴いてびっくり、とても繊細な音なのである。
細かい音が間髪入れずに繰り出され、頭に響く。
これがだんだんとやみつきになる。

「おすすめの音楽なに?」と聞かれて
紹介したいけれど躊躇するくらい音が変態的。
最初はびっくりする。

クリスカニンガムとの共同作品
「Rubber Johnny」も
怖いけれど何度も観てしまう。
(絶対夜は観ないほうがいい。)

冬に行われたイベント、
WARP30(warp recordsというイギリスのレコード会社の30周年パーティー)
でライブ映像を観たのだが、思った以上にサイケデリックで恐怖さえ感じた。
が、やはり目が離せない。

生で観たらきっと、夜眠れないだろうな。。。

来日をいつかいつかと心待ちにしている。

【おすすめ曲】
・ Girl/Boy song → 綺麗
・ 4 → 音が細か過ぎて溺れそう

 

③ お洒落!すべてがお洒落!

「The1975」

2000年代結成、ここ数年で人気沸騰のバンド。
知っている方も多いでしょう。

ジャンルが幅広く、ポップ、オルタナティブロック、エレクトロポップ
など様々。

まずバンド名「The1975」の由来である。

フロントマンであるマシューが読んだ、
ビート族(50年代に脱社会的放浪生活を送った若者たち)
に関する本の最終ページに記してあった
「1975年6月1日」
から取ったらしい。

お洒落…好き…

イギリス男子丸出しの恋愛、社会批判、
自身がドラッグで苦しんだ経験、ネットに関してなどなど、
楽曲に時代が反映されていることが多い。

それに加えてステージではスターそのもの。
舞台の照明、演出がとても上品。
重ための歌詞に反してめちゃめちゃ盛り上がる。

カルチャー好きのやや拗らせた女子は落ちないわけがない。

マシューをはじめとしたメンバーのファッションもポイント。
目立ったものを身につけているわけではないがセンスが良い。
リンガーTシャツに、フレアのデニム、コンバース
シルバーアクセサリーをプラスな感じ。
結構参考にしている。

初めて観たのは去年のサマーソニック。
夕暮れの中、最高だったな…

今年の「SUPER SONIC」にヘッドライナーで出演予定。

【おすすめ曲】
・ The Sound → ライブで盛り上がる
・ Chocolate → 最初に聴くべき一曲
・ Sincerity Is Scary → 初めて和訳を理解した時に泣いた

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

以上、私の好きな洋楽シリーズ。

なんせ好きなアーティストが多すぎる。選ぶの大変だったな。

世間はピリついているけれど、イライラしてもしょうがない。
好きな音楽を聴いて楽しみましょう。

桜子

p.s
他にもおすすめ曲たくさん。
知りたい方は私のインスタまでDMください。
@hnkr_sk

桜子

1995年1月16日生まれ

接客業をしながら趣味に勤しむ25歳。

特技はイラストとスポーツ

趣味は音楽鑑賞と古着漁り

2年前、三軒茶屋で一人暮らしを始める。

   instagram:@hnkr_sk

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    私をパリジェンヌっぽくして...
  • サムネイル
    PR
    忙しくてもお洒落したい女性...
  • サムネイル
    PR
    クラシカルムードをまとう《...
  • サムネイル
    祝・ Instagramフォロワー50...
  • サムネイル
    [ ショートヘア×くせ⽑ ] だ...
MORE MORE
サムネイル
PR
私をパリジェンヌっぽくしてくれる、赤いオープンカー
サムネイル
PR
忙しくてもお洒落したい女性の味方、《ヴェレダ》オーガニックヘアケアシリーズのスタイリングラインに注目!!
サムネイル
PR
クラシカルムードをまとう《コンバース》で、上級カジュアルスタイルを叶えて。
サムネイル
祝・ Instagramフォロワー50万人!感謝の気持ちを込めた、スペシャルギフト
サムネイル
[ ショートヘア×くせ⽑ ] だから作れるお洒落なボブ17スタイル
サムネイル
PR
植物の恵みで健康的な頭皮を育てましょう|《WELEDA(ヴェレダ)》の新オーガニックヘアケアシリーズ
サムネイル
くしゅくしゅソックスとタイツに合わせたらこんなに可愛い。《ザ・ノース・フェイス》のウールチャッカーブーツ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
FUDGEの公式通販サイト2020年売れ筋ランキングTOP10を発表!
サムネイル
柄on柄、大袈裟な首回りのストール、無造作感が絶妙なバランス
サムネイル
見て楽しい、使って嬉しいマグカップたち
サムネイル
着こなしのバランスを整えるハイカットスニーカーカタログ
サムネイル
野菜をたくさん摂りたい人のための、一人暮らしの献立1週間
サムネイル
マーケットで買った建設業者用のキャップだって、彼女にかかれば小粋なファッションアイテムに
サムネイル
おうち時間とお散歩時間で楽しむ、ワントーンな足もと【ささやかですてきなもの 大谷有紀 vol.38】
サムネイル
ほんとうに欲しかったのはこんなマスク。FUDGEコラボアウターとおそろいの《マッキントッシュ フィロソフィー グレーラベル》のガンクラブチェック柄。【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
今年はどんな年にする?前向きになれるヒントを貰う映画3作品 【土曜日のシネマサロン】
サムネイル
グリーンをメインにコーデを組んで。起毛のボトムスで季節感も演出
サムネイル
きちんとシャツがスタイルアップにひと役【“アウトドア”ガールの着まわし31days】
サムネイル
ちょっと大人な3つのスキンケアアイテムの話【 FUDGENA SPECIALIST:kinokoのボーイズスタイルvol.35】
サムネイル
学生時代の走馬灯を《HAGISO》【前田エマの東京ぐるり】

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。