CULTURE & LIFE

オシャレな部屋に住んでいる人は、どのような工夫をしているのでしょうか?ただ、広いだけではなく、収納やインテリアにこだわっているお部屋を紹介します。

 

■ROOM1.2LDKのお部屋をワンルームのように開放的に

Maruさんがお住まいのお部屋は、65㎡ほどの2LDK。以前は8畳ほどの1Kに住んでいたというMaruさん。
広い部屋に引越したくて探した時に、ちょうどリノベ済みで天井も高く広いこちらのお部屋を見つけ、決められたそう。

縦長のLDKと、その横に2つのお部屋がある間取り。ふすまや扉は全て取り外して、開放的なワンルームのように使われています。

手前のお部屋は、もともとは和室。ワンルームっぽい雰囲気になるようにクッションフロアシートを敷き、ダイニングから眺めたときにお気に入りのものが並ぶディスプレイのコーナーに。奥はすっきりシンプルに整えられたベッドルームです。

ダイニングの奥には、リビングのコーナー。

お引越しの際、シングルベッドからセミダブルへと買い替えられたため、前のものはリビングに置いてデイベッドとして使われていました。とてもゆったりとくつろげる空間になっていますね。

広くゆったりとした空間を贅沢に使って、お気に入りの家具の配置をさまざまに変えながら楽しまれているのが、とても印象的でした。

MaruさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/maru_interior_/

→このお部屋が気になる方はコチラの記事をチェック!

 

■ROOM2.ちょうどいい場所に収納をつくった2DKのインテリア

chaiさんが一人暮らしをしていらっしゃるのは、約49㎡の2DK。
ダイニング・キッチンが7畳、そのお隣に7畳のリビング、そして7.5畳のベッドルームという間取りです。

静かで雰囲気のよい環境が気に入ってお引越しされたというお部屋。どのお部屋も日当たりがよく、とても居心地よく整っていらっしゃいます。

基本は背の高い大きな収納家具をおかず、すっきりと暮らしていらっしゃるchaiさん。

壁や天井のあちこちに、フックやアイアンバー、無印良品の「壁につけられる家具」を設置して暮らしやすく工夫されているchaiさん。全て石膏ボード用の細いピンを使って設置し、「原状回復できること」を一番に意識しているそう。食卓のうしろにある壁には、テーブルクロスやキッチンクロスがかけられています。

他にも、使うものをさっととれる場所にぴったり収納できる「ちょうどいい場所」にちゃんと居場所が用意されています。
コーヒーの道具も、食卓の近くに。使うものをさっととれる場所にぴったり収納できる「ちょうどいい場所」にちゃんと居場所が用意されています。

賃貸のお部屋だから、できることは限られているけれど、その中でも「ちょうどいい場所」にものの居場所をつくり、シンプルでもお気に入りが飾れるお部屋をつくられていたchaiさん。なるほど、こんな方法があるんだな!と、たくさんヒントをもらえるお部屋でした。

chaiさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/chai_4you/

→このお部屋が気になる方はコチラの記事をチェック!

 

■ROOM3.日当たりと和室を楽しむ2LDKのインテリア 

moriさんが日々の暮らしを重視して引っ越したのは、日当たりが良く、明るい、居心地の良いお部屋でした。

「ワンルームでかなり窮屈だったお部屋から、会社へのアクセスが遠くなっても良いからとりあえず広い部屋に引越したい!という強い思いで探しました。住まいへ初めて訪れた際に、日当たりの良さやキレイな和室に一目惚れしました」

お部屋の決め手にもなっている、日当たりの良さを一番に感じられるのがダイニング。何をするにも使いやすい空間になっています。

「家にいる時は基本窓に向かって、ダイニングテーブルに座っていることが多いです。actusで購入したsoup tableは、木目色、脚形状と小口形状が選べるので、小口は既製品仕様と少し違うテーパー形状にしてもらいました」

「手触りの良いナチュラルな木目、広い天板がとても気に入っています。友達が来る時も困らないし、在宅勤務にも適している大きさですね」

ダイニングテーブル周辺にはMoriさんの好きなものが多く置かれています。

「生活とともに、窓辺の植物も数が増えていきました。特にモンステラは、成長のスピードが早く、株分けもしながら複数箇所で飾っていますね」

ダイニングテーブルの隣に位置する無印良品のスタッキングシェルフには、雑誌や小説に漫画とたくさんの本を収納しています。

上部はディスプレイスペースとして、小物が飾られていました。

「本を読むのが好きで、和室にもまだ読めていない本が重ねられています。休みの日に明るいダイニングで本を読むひとときは好きな時間の1つです」

日当たりの良い心地よい空間で、好きなものに囲まれながら過ごすことの出来るダイニングには、これからもお気に入りが増えていきそうですね。

日当たりとともに、住まいの決め手になったという和室ですが、和室のあるお部屋に住むのは今回が初めてだと話すMoriさん。居心地の良い畳の上で、日中も夜もそれぞれリラックス出来る時間を過ごされています。

「日中は、基本ちゃぶ台一つしか置かないミニマムな空間に保つよう、心掛けています。夜は布団を敷いて寝室として、また和室の壁にプロジェクターを投影して、お酒飲みながら映画を観るのが毎週末の至福の時間です」

Moriさん (@ssei.room)さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/ssei.room/

 

→このお部屋が気になる方はコチラの記事をチェック!

 

編集部のおすすめ記事もチェック!

▶︎『ACTUS』で購入したキューバチェアはオシャレで便利!センスがいい部屋にあるイス5選

▶︎シンプルでオシャレなだけじゃない!無機質な空間をさらに広く見せたインテリアのお部屋3つ

▶︎「ファッジ オンライン」で大人気ブランド《beautiful people》の取扱いを開始

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    ハンカチに傘にポーチも…新生...
  • サムネイル
    PR
    《リーバイス®》のLVCコレク...
  • サムネイル
    PR
    カナダで見つけた5つのお土産...
  • サムネイル
    PR
    着る人の魅力を押し上げてく...
  • サムネイル
    PR
    1周年イベントも開催!《ミデ...
MORE MORE
サムネイル
PR
ハンカチに傘にポーチも…新生活の準備はできた?デイリーアイテムは《ポール & ジョー》で揃えよう!
サムネイル
PR
《リーバイス®》のLVCコレクションはもうゲットした?おしゃれな人のデニムコーデや生デニムの育て方もチェック!
サムネイル
PR
カナダで見つけた5つのお土産。バンクーバーのおしゃれな雑貨店《Gifts and Things》をチェック
サムネイル
PR
着る人の魅力を押し上げてくれる《慈雨》のワードローブ
サムネイル
PR
1周年イベントも開催!《ミディウミ》神戸店で可愛い春コーデを見つけました【FUDGENA SPECIALIST : riko × MidiUmi】
サムネイル
PR
春ベレーのお洒落なかぶり方8選。 《ロレール》の新作アイテム別に簡単にトライできるかぶり方をレクチャー!
サムネイル
PR
おしゃれでクリエイティブな彼女の「マイルール」とは? モデル長澤メイが明かすライフスタイルのこだわりと、最旬ヘアスタイル
サムネイル
PR
《カフェ キツネ》の新アイコン「バリスタフォックス」が登場!シックでパリらしいイラストをのせたグッズや、春の新メニューをチェック
サムネイル
PR
私の相棒デニムは《ナル ファクトリー》
サムネイル
PR
《DAMD》と一緒なら、街乗りもアウトドアもお茶の子さいさい!
サムネイル
PR
《リーガル》で見つけたFUDGEガールのマストハブシューズ3選。店頭イベントも開催中!
サムネイル
PR
春に持ちたいバックはどれ?容量がたっぷり入る《ミルクフェド》のバック6選
サムネイル
PR
デニムがぼくらのユニフォーム
サムネイル
PR
【ルミネ立川 × FUDGE】春のカラフルコーディネートを見つけに行こう。 ルミネ立川でコラボイベントも開催!
サムネイル
2024年の春アウターはこんな気分!お手本コーデ20選をチェック
サムネイル
白ボトム?チノパンツ?デニムじゃない日のパンツコーデ【FUDGE FRIEND 1週間コーディネート】
サムネイル
美容師が認める市販シャンプー15選!ドラッグストアで買える本当に良いシャンプーはどれ?
サムネイル
春先取りな“トレンチコート”スタイル5選。品があって定番デニムにも合う優秀アウター【TOKYO SNAP】
サムネイル
春に着たい、大人の“ロングスカート”スタイル8選!今すぐ取り入れたいお手本コーデをチェック【マイスタンダードブックまとめ】
サムネイル
ベージュのコートにやっぱり似合うのは、濃紺のストレートデニムなのです。【FUDGE 4月号連動企画-ど真ん中・デニム-No.001】

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。