日本列島、ほぼほぼ梅雨明けしましたね(2019年7月31日時点のお話です)。

毎日うだるような暑さに、家に帰ると「ぐったり」という人が多いのではないでしょうか?

そんな猛暑の日本でサバイブするために、心地よく夏を過ごすためのマストアイテムを「衣・食・住」に分けて、目利きさんたちにリコメンドしてもらいました!

 

小さいながら風力は申し分なし! インテリアのアクセントにちょうどいい扇風機

「夏の湿度対策に最初はサーキュレーターを探していたのですが、ピンとくるものがなく、扇風機にスイッチしました。部屋の家具はすべて背の低いもので揃えているので、「コンパクトファン」は我が家にとってはドンピシャなアイテム。色は室内のアクセントカラーにしているイエローに合わせてリンクさせています。シーズンオフに収納するときにスペースを取らないのも嬉しいポイントです。」

《プラスマイナスゼロ》のコンパクトファン

ミニマルなデザインの扇風機。お部屋のスモールスペースにぴったりなコンパクトサイズが◎。台座部分にスイッチがなく、背面に強弱のスイッチが付いたシンプルな操作性。コロンとしたフォルムも可愛い。イエローの他、ブラウン、ホワイトの3色展開。コンパクトファンA220【H298.0×W224.0×D204.0mm】¥4000(プラスマイナスゼロ  カスタマーサポートセンター)

Recommender

エディター・ライター 横溝桃子さん

「FUDGE.jp」の姉妹サイト「PeLuLu」をはじめ、WEBマタジン、女性ファッション誌でエディター・ライターとして活躍。インテリアとネットフリックスが大好物。

 

美しい佇まいの扇子をバッグに忍ばせるのが夏のマイルール

色使いが独特で可愛くて、老舗なのでしっかりと作られていますがお値段もお安め。私は「MoMa STORE」で見つけましたが、「Amazon」でもポチれる気軽さも嬉しいところです。使い方は普通ですが、電車やバスを待っている時など、とにかく暑くてたまらない時に。浴衣に合わせても可愛いと思います」

《西川庄六商店》のマルチカラー扇子 

1585年滋賀県の近江八幡で創業。約400年続く老舗商店ならではの丁寧なモノづくりに定評がある。中でも扇子は、バリエーション豊富なので、お気に入りの一本が必ず見つかるはず。今回紹介した「マルチカラー扇子」は、扇骨に左右違ったカラーを施し、扇面と合わせた3色使いが華やか。マルチカラー扇子(扇子袋付き)【開いた状態:H21xW37cm】各¥3240(ともに西川庄六商店)

Recommender

スタイリスト 樽山リナさん

雑誌、web、広告などでファッションからライフスタイルまで幅広くスタイリングを手がける。ボーイッシュに少し色を効かせたスタイリングが得意。食べることと相撲が好き。

 

夏は「ベンサン」しか履かないってくらい超愛用しています!

「誰もが一度は履いたことがある便所サンダル、通称”ベンサン”と呼ばれるサンダルがわたしの夏のスタメンシューズ。とにかく履きやすく、めちゃくちゃらくちんなので夏のあいだ毎日愛用しています(種類違い、色違いで4足揃えています)。素足はもちろんのこと、ソックスと合わせても可愛いですよ」

《bench(ベンチ)》のベンサン

便所サンダルの製造産地・奈良から昨年デビューした《bench(ベンチ)》。学校や病院のお手洗いでよく見かけるあの”便所サンダル”を、お洒落なサンダルとしてアップデート。耐久性、抗菌性だけでなく、ゴム製なので雨に強いところも嬉しい。ダンヒル型に本革のタッセルを加えたトラッドな一足は、ラフ過ぎず大人っぽく履けるのでデイリー使いにぴったり。ベンサン各¥5800/ともにbench(リアルスタイル)

Recommender

スタイリスト 新田アキさん

1984年奈良生まれ。男性師匠に師事後、独立。メンズアイテムを取り入れたスタイリングが得意。ネイルを塗りながらミルク珈琲を飲むのが好き。歳のせいか最近、地元奈良愛が深まっている。

1枚はもちろん、インナーとしても優秀な《ヘインズ》のパックT

「夏は、Tシャツとデニムのらくちんスタイルが私の定番。中でも毎日ヘビロテしているのが《ヘインズ》のゴールドラベルクルーネックTシャツ。太さの違う2種類の糸で編み立てられているので独特の凹凸感があり、その凹凸が汗の不快なべたつきを防いでくれる効果があるようで、1枚はもちろん、インナーとして着てもくっつきや蒸れを抑えてくれる気がします」

《ヘインズ》のゴールドラベルクルーネックTシャツ

1901年にアメリカで誕生した老舗のアンダーウエアブランド《ヘインズ》。中でも、1947年に誕生したパックTは《ヘインズ》の代名詞的存在。コットン100%のゴールドラベルクルーネックTシャツは、S,M,L,XLの4サイズ展開。Tシャツ参考価格¥2400(3枚入り)/Hanes(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター)

 

Recommender

スタイリスト 北川沙央里さん

山本香織さんに師事後、独立。洋服のスタイリングを手がけ、雑誌やオンラインで活動中。メンズライクなスタイリングが得意。映画とお酒が好き。

 

汗のニオイを強力にシャットアウトしてくれる、頼もしすぎるアンダーウエア

「夏って季節は、汗っかきにとって厄介な季節ですよね。かくいう私もかなりの汗かきっ子。香水やデオドラントをつけたり、色々と試行錯誤の日々をおくっていたのですが、去年出会った《MXP(エムエックスピー)》のアンダーウエアが、私の汗っかき人生の救世主に。まず汗のニオイを強力にシャットアウトしてくれる頼もしい消臭&抗菌性。なんと、それもそのはず、宇宙下着に採用されている新素材を使っているそう。伸縮性のある生地なので、着た時のシルエットの美しさも秀逸です。”大人のアンダーウエア”として、真夏のワードローブに何枚も常備しておきたい一品です」

《MXP(エムエックスピー)》のキャミソール

宇宙下着にも採用された”マキシフレッシュプラス”という最先端の素材を使用した《MXP(エムエックスピー)》のキャミソール。ニオイの原因であるアンモニアなどの汗臭物質を消臭させ、その効果は繰り返し洗っても持続する。汗を吸うポリエステルと肌触りのいいコットンがミックスされているから、たくさん汗をかいてもサラリとした着心地。キャミソール各¥6000/ともにMXP(ゴールドウィン カスタマーサービスセンター)

Recommender

エディター 秋山たおりさん

Fudge.jpのエディター。暑さが苦手なので、ただいま絶賛夏バテ中。お酒を飲むこととラジオを聴くことが何よりの楽しみ。

買い物途中に《mikaned》のアイスバーを食べるのが夏の楽しみ

「毎年、この時期に楽しみにしているのが《mikaned》のアイスバー。夏は千駄ヶ谷のセレクトショップ「GOOD NEIGHBORSʼ FINE FOODS」で買い物をしながら、《mikaned》のアイスバーを食べて一休み。柑橘系やベリー系など旬のフルーツを使ったアイスバーのフレーバーは、その年により異なるので、それもまた楽しみ。素材そのものの甘さや酸味が感じられ、食感や口当たりも暑い日差しの中心地いい。冷たいアイスで体にスーッと爽やかな風が吹いたところで、また買い物や散歩の続きで、軽快な足取りで街に出ます」

mikaned》のアイスバー

お菓子研究家の福田里香さんと、国内外のおいしくてこだわりのある食材が並ぶ「GOOD NEIGHBORSʼ FINE FOODS」とのコラボレーションで生まれた《mikaned》のアイスバー。果物やハーブがたっぷり入ったアイスバーは鹿児島の氷菓工場で一本一本丁寧につくらたこだわりの逸品。(左から)シトラスミックスレモネード¥330、いちじくとユーレカレモンバー¥350、シトラスベリー&カモミールティ¥350(以上すベてGOOD NEIGHBORSʼ FINE FOODS)※価格はすべて税込

Recommender

文筆家 甲斐みのりさん

旅、散歩、お菓子、パン、手みやげ、クラシックホテル、雑貨や暮らしなどを主な題材に執筆。近著は『アイスの旅』(グラフィック社)

甘酸っぱくて爽やかな”すもも”を夏の食卓に並べて

夏の始まりとともに出荷される《mossgarden+farm》のすもも。皮ごと丸かじりはもちろん、スライスしてサラダやサンドウィッチに、ジャムに加工してヨーグルトやアイスに、調味料と合わせてお肉のソースに……いろんな食べ方ができるすももは、夏の食事を楽しませてくれます。中でも、朝にささっと作れてスッキリ美味しい”すもものヨーグルトドリンク”が私のお気に入り。レシピをご紹介するので、ぜひ作ってみてくださいね!」

【すももヨーグルトドリンク(作りやすい分量)】
・すもも (完熟/柔らかくなってしまっているくらいがちょうど良い) 2個
・ヨーグルト(無糖) 100ml
・牛乳 50ml
・はちみつ 小さじ1
作り方
種を取り除いたすももと、その他の材料をミキサーにかけて滑らかになるまで攪拌する。酸味が苦手な場合は、はちみつの量を増やして調整を。

《mossgarden+farm》渡部さんのすもも

山梨県南アルプス市で大石、ソルダム、紅りょうぜん、サマーエンジェル、太陽など、バラエティ豊かなすももの品種を栽培している《mossgarden+farm》。有機肥料を使用したこだわりのすももは、甘さと酸味のバランスが抜群。品種によって、6月下旬から8月中旬までが収穫時期。

 

Recommender

料理研究家 日比谷琴美さん

料理家に師事を経て、「KOTOMI BENTO SERVICE」として活動中。果物が大好き。いつか果物だけのお弁当を作ってみたい。忘れられない果物は南イタリアで食べたもぎたてイチヂク。

 

 

【お問い合わせ先】

GOOD NEIGHBORSʼ FINE FOODS tel.03-3470-3940

ゴールドウィン カスタマーサービスセンター tel.0120-307-560

西川庄六商店 tel.075-561-4795

プラスマイナスゼロ カスタマーサポートセンター tel.0570-01-5380

ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター tel.0120-456-042

mossgarden+farm mail.mossgardenstudio@gmail.com

リアルスタイル tel.0745-52-2544

 

 

illustration_Ito Hidemi
photograph_Shibata Aiko
design_Nemoto Shinji

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    アニエスベーがカフェ併設の...
  • サムネイル
    PR
    《エーグル》のアウターと...
  • サムネイル
    PR
    アクティブな彼女の休日スタ...
  • サムネイル
    PR
    特別なギフトにもオススメ!...
  • サムネイル
    PR
    北欧ならではのミニマルで繊...
MORE MORE
サムネイル
アニエスベーがカフェ併設のコンセプトショップを渋谷にオープン!カルネボレンテと初のコラボアイテムも発売
サムネイル
PR
《エーグル》のアウターと素敵な冬支度
サムネイル
PR
アクティブな彼女の休日スタイル 《DIESEL》MY FAVORITE OUTER
サムネイル
PR
特別なギフトにもオススメ!手元を彩る《ダニッシュデザイン》のウォッチ
サムネイル
PR
北欧ならではのミニマルで繊細なデザインが魅力の《ベーリング》より、普段着をそっと彩るペアウォッチをご紹介。
サムネイル
Vol.15 PART 3 前田エマさんと行くアートな習いごと
サムネイル
スタイルに抜け感を添えるキルティングコート【“2wayアウター”ガールの着まわし31days】
サムネイル
女の子らしい レイヤードが可愛いモノトーンスタイル
サムネイル
グレーとオレンジの渋色メイクで秋顔に変身!【メイクアップティップス】
サムネイル
初登場!初コラボの《MAVEN WATCHES》腕時計で秋冬コーデの手元をパッと華やげて♪
サムネイル
台湾のスタバ事情とは?その3【週末アジア:台湾編】
サムネイル
このシーズン、一枚は持っておきたい上質なカシミアマフラー。上品なカラーリングの《ジョシュア エリス》に注目【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
人恋しい時に聴きたい!プレイリストを《柴田聡子》がセレクト 【火曜日のプレイリスト】
サムネイル
紳士的なムード漂うグレンチェックコートで、パリの街を颯爽と歩く
サムネイル
オイルだけでさらっと決まる、シンプルな内巻きボブ from シキ【ヘアレシピ ストーリーズ】
サムネイル
アウトドアに行きたくなる映画3作品 【土曜日のシネマサロン】
サムネイル
チェックセットアップの3変化【FUDGENA:ハヤシアンナの”微糖カジュアル”のススメ vol.5】
サムネイル
指先の恋《竹尾 見本帖本店》 【前田エマの東京ぐるり】
サムネイル
甘いトップで主張して、ワイドなデニムでシンプルに

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。