FUDGENA

お金持ちなんて

お姫様を毛嫌いする子どもだった。

お姫様は無駄にでっかい豪邸に住んで、悪趣味な装飾品に囲まれて、

夜はふっかふか過ぎて逆に腰に悪いベッドで眠ったりするんだ。

そんなの阿呆らしい。お金持ちのお姫様なんて、ろくなもんじゃない。

 

「お金持ち=悪」という考え方は庶民中の庶民である我が両親による刷り込みの賜物であろうか。

お金持ちなんて。お金持ちなんて。

呪文のように繰り返す一方で、淡い期待を込めて年末ジャンボ宝くじをちゃっかり買ったりしているところが我ながらなんとも愚か。

羨望と偏見が入り混じる「お金持ち」に対する複雑な感情…。

 

コートールド美術館展 魅惑の印象派

今回の展覧会は愛知県美術館で開催中の「コートールド美術館展 魅惑の印象派」。

印象派、ポスト印象派の殿堂と言われるロンドンのコートールド美術館の名作が

一堂に会する今回の展覧会。

 

当時まだ駆け出しの画家だったセザンヌ、ルノワール、ゴーギャン、ドガといった

近代絵画の巨匠たちの作品をどんどん収集し、こうして後世に残したのは

コートールド美術館の創設者であるイギリスの実業家、サミュエル・コートールド。

「彼の実業家としての功績と卓越した審美眼が」うんぬんかんぬん…。

反射的にわたしの眉間にシワが寄る。

ロンドンにあるコートールド美術館

 

今回の展覧会に限らずだけど、芸術品や美術品は世俗的な側面をどうしたって持つ。

金、権力、富、所有、顕示欲、名声。

ただただ美しいだけの芸術品なんてものはなく、いつの時代だって芸術は人間のいやらしい部分と完全に切り離すことはできない。

長い歴史を見てみても、帝国主義や植民地統治は文化・芸術と仲良く手を繋いでやってきた。

まあ、そこまで責め立てずとも、今回のようにひとりの収集家にクローズアップした展覧会だと、

札束の山のシルエットがキャンバスの向こうにちらついてしまうのは

性根の曲がったわたしだけ?

 

金持ちおじさんこと、コートールドさん

こちらがサミュエル・コートールドさん。このドヤ顔ね。

「ワタクシめ、芸術を愛しちゃってます。全人類の文化的精神の発展を重んじちゃって、それに貢献しちゃってます」感が、どうも気にくわない。

わたし含め、自分の収集した絵を見に群がっている庶民をコートールドさんはきっとこんな顔してだいぶ高い場所から見ているのだろう。

さぞかし満足でしょうねと軽く地団駄踏みながら列に並び、無事、入場チケットを購入。

 

芸術の不思議

お金持ちに対するわたしの根深い嫉妬の渦のせいで、もう今回は記事書けないんじゃないか。

そう思ったけど、どっちを向いても名作続きの空間を進んでいくにつれて

次第にその渦は静まり、ため息の質が変わってくる。

ポール・セザンヌ「大きな松のあるサント=ヴィクトワール山」

ピエール=オーギュスト・ルノワール「桟敷席」

 

あーあ、どの絵もいい、やっぱりいい。

正確な現実の比率よりもキャンバス内の構図を最優先させたセザンヌも、

ルノワールが描く女性の溶けるような白肌の血色感も、

西洋画のモチーフを東洋美の中で再構築したゴーギャンの眼も、

不思議な吸引力で人を引き寄せるドガの土色の余白も。

あーあ、全部いいんだよなあ。

ポール・ゴーギャン「ネヴァーモア」

エドガー・ドガ「舞台上の二人の踊り子」

 

社会的しがらみからは切り離せない「芸術」。

けれど絵画の真正面に立ち、まっすぐに向かい合えば、

この絵がいくらで売れたとか、この絵の所有者は誰であるとか、

誰かの持てるもの、自分が持てないもの、

全部が無意味でどうでもいい。

絵とわたし。この約1メートルの間だけが世界という気がしてくる。

 

絵を飾るということ

これらの絵が自室に飾られてある生活。好きな絵が自分の空間に場所を占めているということ。

それは所有欲とも顕示欲とも違って、もっとシンプルで純粋なものなのかもしれない。

余計なものがそぎ落とされて、絵とわたしだけが存在する場所でぐわっと広がる思考。

そこを丸い風が吹き抜ける。

それは物質の豊かさではなく、精神の豊かさ。

コートールドさん、毒づいてごめん。あなたもこんな感情で絵の前に立っていたの。

絵が飾られたコートールド邸

 

絵のある生活

今回の年末ジャンボもやっぱり当たらず、今のわたしがせいぜい買えるのはミュージアムショップで売っている絵画のポスターくらい。

今回の展覧会の後、わたしはいびつなりんごの絵のポスターを買った。

それはコートールドが最も愛し、一番多く作品を所有していたセザンヌの絵。

 

狭い1LDKの部屋の壁に飾り、真正面に立つ。

これもなかなか悪くないね。

新たに絵が飾られたカトートシ邸(賃貸)

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    HC News #05 ホリデーサーカ...
  • サムネイル
    PR
    音楽やカルチャーがクロスオ...
  • サムネイル
    PR
    《ディーゼル》のふたつ...
  • サムネイル
    PR
    シックなふたりの手元は《ダ...
  • サムネイル
    PR
    パリジェンヌの秋は《ロレー...
MORE MORE
サムネイル
HC News #05 ホリデーサーカス2020|サテライト第2弾!二子玉ライズ3FへGo
サムネイル
PR
音楽やカルチャーがクロスオーバー。 気分が高揚するリズミカルな《アニエスべー》の洋服。
サムネイル
PR
《ディーゼル》のふたつのアウター、6WAYパディングジャケットと、2WAYデニム&キルティングジャケットを着まわしましょう。
サムネイル
PR
シックなふたりの手元は《ダニッシュデザイン》のウォッチ
サムネイル
PR
パリジェンヌの秋は《ロレール》のベレーとともに。
サムネイル
PR
プレイフルな足元に視線集中!《コンバース》で見つける私たちのバディ。
サムネイル
PR
《ビーバー》おすすめのキルティングとボアジャケット、どっちのアウターでお洒落する?
サムネイル
PR
名店の希少な別注ウエアを纏う、《ジーンズファクトリー》秋冬のモダンなワークスタイル
サムネイル
PR
私の永遠のベーシックは、《アニエスベー》の腕時計 〜My basic, agnès b. watch〜
サムネイル
PR
《フレディ&グロスター》で秋冬の身支度を。ベーシック&トレンドがポイントの最旬コーデ
サムネイル
PR
《Dr.Martens》で手に入れたい、2つのスタンダードアイテム。8ホールブーツに次ぐ永遠の名品
サムネイル
PR
《オリエンタルトラフィック》のクラシックな足もとで、秋を見つける。
サムネイル
PR
kinokoとABERIが毎日心地よくお気に入りの洋服で過ごせる理由は?いい香りで人気の《ラボン》ファブリックミストと柔軟剤に秘訣あり
サムネイル
FUDGE コラボのヘア&ボディオイル付き!ヘアのお悩みに、人気サロン「LIM」の美容師がお答えします【FUDGE.jp オトナの部活動 オンラインイベント vol.1】
サムネイル
こんなにかっこいいブーツなかなかない。秋、ハンサム感を《ドクターマーチン》で足元に。【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
#FUDGE足もと倶楽部 2020夏、すてきな足もと10選! たくさんの応募の中から編集部が可愛い足もとをセレクト。
サムネイル
今シーズンも待っていました! 《UNIQLO(ユニクロ)》×《JW ANDERSON(ジェイ ダブリュー アンダーソン)》の秋冬コレクションが発売
サムネイル
団地ライクな3DKで、和と北欧をミックスさせたレトロモダンな一人暮らしインテリア
サムネイル
ロンドンガール御用達の老舗ブランド4選
サムネイル
マスク着用時!パッとお洒落に魅せるアクセサリー10選

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。