FASHION

もしもこの世にデニムがなかったら……そんなことを考えると恐ろしくなるくらい、私にはデニムが欠かせない。このデニム愛が行き着いたのは“ヴィンテージデニム”。その異なる色落ちに、ディテールに、それぞれの物語とロマンがぎゅっと詰まっている。

Levi’s ’50s Denim Jacket 506XX

デニムの歴史を語る上で欠かせないもののひとつが「リーバイス 506XX」、通称“ファースト” モデル。左胸のみに設けられたフラップポケット、フィット感を調整する背面のバックルベルト……1953 年にセカントモデルが生まれるまでの間、Gデニムジャケットといえばこの形。これこそが、今や世界中で愛されるすべてのデニムジャケットの原型なのだ。いつか見たアメリカ映画で、カウボーイたちが着こなしていたあのかっこよさったら!

デニムジャケット¥437800 / Levi’s[Vintage](ベルベルジン)、T シャツ¥1100 / UnitedAthle( キャブ)、パンツ¥22000 / Lee( リー・ジャパン カスタマーサービス)、ハット¥26400 / STETSON(ステットソン ジャパン)、バンダナ¥16500 / TOUJOURS(トゥジュー代官山ストア)

 

Lee ’50s Denim Pants 101 Z

すっきりとしたストレートシルエットが特徴。アメリカ映画史に残る伝説のスター、ジェームス・ディーンが公私ともに愛用したことでも知られる《リー》の代表モデル「101Z」。ちなみにロットナンバーの“Z”は、同ブランドが1926 年に世界で初めて採用した“ジッパーフライ”の頭文字なんだって。《リー》といえば、なんといっても“左綾”で織り上げられる生地。これによって、縦方向に線を描くようなきれいな色落ちが育つのです。この魅力、わかるかなぁ?

デニムパンツ¥54780 / Lee[Vintage](ベルベルジン)、ブラウス¥37400、ジャケット¥121000/ともにScye(マスターピースショールーム)、ベルト¥15400 / Martin Faizey(グラストンベリーショールーム)、シューズ¥7150 / ARMEN(ビューカリック & フロリック)、バンダナ/スタイリスト私物

 

CAN’T BUST’EM ’40~50s Denim Overalls

オーバーオールを着たニワトリのキャラクター“ルースター” がブランドアイコンの《キャントバステム》。1876 年に誕生し、1946 年に《リー》により買収、その後消滅してしまった今はなきワークブランド。この黄色いタグがかわいいでしょ? 動きやすいようライトオンスで仕立てられた生地に、左サイドにはハンマーをひっかける“ハンマーフック”、右サイドには定規を入れる“スケールポケット”。ワークウエアとしてのディテールも、よきアクセント。

オーバーオール¥43780 / CAN’T BUST’EM[Vintage](ベルベルジン)、シャツ¥15400/ ARMEN(ビューカリック & フロリック)、キャスケット¥6930 / OVERRIDE( オーバーライド 神宮前)、シューズ¥26400 / ClarksORIGINALS(クラークスジャパン)、ソックス¥2970 / PANTHERELLA(真下商事)

 

Levi’s ’70s Denim Pants 517

誰もが知っている“ブーツカット” の大もとがこちら。カウボーイたちのウエスタンブーツがパンツの下にきれいに収まるよう、裾を広くデザインした「リーバイス517」。1971 年、カウボーイのために生まれたモデルながら、世に広がるきっかけとなったのは同時期に全盛を迎えたヒッピームーブメント。自由で開放的なヒッピーたちの着こなしに取り入れられ、70年代を象徴するファッションアイテムに。足が長く見える美脚効果も嬉しいよね!

デニムパンツ¥17380 / Levi’s[Vintage](ベルベルジン)、ブラウス¥35200 / POLO RalphLauren(ラルフ ローレン)、ベルト¥17600 /Martin Faizey(グラストンベリーショールーム)、シューズ¥7150 / CONVERSE(コンバースインフォメーションセンター)、バッグ¥58300 /A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス)

 

Levi’s ’40s Denim Pants 501 XX

1890 年の誕生より愛され続ける、言わずと知れたジーンズの原点「リーバイス 501」。中でもヴィンテージとして人気が高いのが、40年代後半から60 年代後半に生産された“Extra Exceed=最高品質”を表す「XX」モデル。味わい深く育つこの色落ちが、私のデニム愛をまた掻き立てるのだ。イエローステッチに、背面の革パッチ……この年代ならではのディテールもたまらない!私なら、アメリカの不良少年みたいにちょっぴりやんちゃに着こなしたい。

デニムパンツ¥217800/Levis’[Vintage] (ベルベルジン)、ジャケット¥83600 / SCYEBASICS(マスターピースショールーム)、タンクトップ¥9900 / SLOANE(スローン)、シューズ¥7700 / CONVERSE(コンバースインフォメーションセンター)

 

Lee ’60s Denim Coverall 91-J

ワークウエアブランドとしての地位を確立していた《リー》。カバーオール「91-J」も、タフに働くワーカー達のために生み出された傑作のひとつ。フロントには4つの丸いポケット、袖口に並ぶ3つのボタン……この特徴的なデザインは、発売当時からほとんど変わっていないんだって。これってつまり、働く人にとっての理想の形が誕生時にすでに完成されていたってこと。さすがは《リー》先生。ガバッと着られるサイジングも、ワークウエアらしくていい!

カバーオール¥39380 / Lee[Vintage](ベルベルジン)、シャツ¥5500 / Arnold Palmer(水甚)、ネクタイ¥27500 / Drake’s、ベルト¥15400 / GLENROYAL(ともにブリティッシュメイド 銀座店)、パンツ¥40700 /A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス)、キャップ¥7700 /TI CCA(アッシュプラスエリオトロープ)

 

 

photograph_Furuya Akihiro
styling_Kitagawa Saori
hair&make-up_Nagasawa Aoi
model_Ksenia
edit_Shibata Moe <KIP Inc.〉
design_Yamamoto Katsura

 

FUDGE vol.225 2022年4月号より

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    100年以上愛されるメガネブラ...
  • サムネイル
    PR
    秋のコーデは《アニエスベー...
  • サムネイル
    PR
    《BEAMS BOY》からヴィンテー...
  • サムネイル
    PR
    《PARCO×ガンダム》あの子と...
  • サムネイル
    PR
    秋の彼女の足元を彩る、《リ...
MORE MORE
サムネイル
PR
100年以上愛されるメガネブランド《モスコット》の初となる路面店「MOSCOT POP-UP SHOP NAGOYA」が名古屋栄にオープン!限定ノベルティも
サムネイル
PR
秋のコーデは《アニエスベー》の気分が上がるプレイフルなバックが主役!
サムネイル
PR
《BEAMS BOY》からヴィンテージを元ネタにした《DICKIES》、《orSlow》の別注アイテムが到着!コーディネートのヒントになるノベルティ冊子のプレゼントも見逃せない
サムネイル
PR
《PARCO×ガンダム》あの子と過ごす、ガンダム日和
サムネイル
PR
秋の彼女の足元を彩る、《リーガル》のスペシャルなレザーシューズ
サムネイル
PR
彼女の相棒は《アウトドアプロダクツ》
サムネイル
PR
コラボスープついに発売!! 《野菜をMOTTO × FUDGE × kinoko》インスタLIVE配信〔9/16 (金) 20:00〜〕のお知らせ / スープ紹介&簡単レシピ&視聴者プレゼントも!!
サムネイル
PR
《VANS》のスニーカーと一緒ならエブリデイ・ハッピー
サムネイル
オリジナルブレンドをお届けする新企画「FUDGEコーヒー便」Vol.2 SOL’S COFFEE受注販売スタート
サムネイル
《ADAM ET ROPE’》の着心地抜群なベーシックなベスト&カーディガンをFUDGEが特別にオーダー
サムネイル
【FUDGE FRIEND】1000人以上の中から選ばれた7人のオフィシャルガール、遂に決定!!
サムネイル
FUDGE オフィシャルキャラクターが誕生!! 愛嬌たっぷりなシロクマの“ファージー”
サムネイル
リノベーション団地で植物のある暮らしを楽しむ私が買ってよかった、3つのアイテム #myfavorites
サムネイル
センスのいいものを選びたいあなたに、デニムにサロペット、スカーフ、インテリアまで。 人気記事ランキング TOP5【8/22〜8/28】
サムネイル
ワンピースにソックスを合わせて初秋のスタイルに【本日のFUDGE GIRL-9月15日】
サムネイル
シンプルなのに超オシャレ!パリジェンヌのデニムスタイル
サムネイル
[ 2022年最旬 ] ファッジガールが“秋に着たい服”
サムネイル
大人女子向けのデニムコーデ【16選】デニスカ・オーバーオール・ジャケットなどアイテムごとにご紹介
サムネイル
【2022】黒髪ボブをもう幼いなんて言わせない!美容師が教える最新垢抜けポイント5つ
サムネイル
夏から秋へスイッチ!柄物とくすみカラーのアイテムを使ったお手本コーデをまとめてチェック! WORLD SNAP 7DAYS【8/21~8/27】

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。