CULTURE & LIFE

毎週テーマに合わせて、「アーティスト」が選曲したプレイリスト、いつの時代も色褪せない「名盤」、そして注目の「新曲」をお届けする、連載《火曜日のプレイリスト》。

先週に続き、塩塚モエカ率いる、いま注目のバンド《羊文学(ひつじぶんがく)》がセレクト中!最後となる今週はベースのゆりかさんが「想い出の卒業ソング」をテーマにセレクトしてくれました。発売中のEP『ざわめき』のインタビューはこちら

 

想い出の卒業ソング

 

《羊文学》ベースのゆりかさんが「想い出の卒業ソング」をテーマにプレイリストを教えてくれました!

《羊文学》塩塚モエカ(Vo.Gt:中)、ゆりか(Ba:右)、フクダヒロア(Dr:左)

select:ラッキーオールドサン『ミッドナイト・バス』

地元は好き。だけどひとつの所には留まりたくない【choose:ゆりか】

「ラッキーオールドサンは男女二人組のバンドなんですけど、曲を聴いていると、歌詞に知っている地名が出てくるので共感しちゃって。ライヴにもよく行ってました。この曲は大人になって街から出て行く歌なんですけど、それが卒業っぽいと思って選びました。新しいステップに行く時に聴きたくなる曲ですね。私は中学を卒業する時も、高校を卒業する時も、知っている人がいないところ、同級生が行かないような学校を選んでました。とにかく、早く学校を卒業したかったですね。どんどん違うことをやっていきたい性格なんです。でも、地元は離れたくない(笑)。田舎で何もないところなんですけど、自分が生まれ育った町が大好きなんですよね。」

 

《羊文学》塩塚モエカ(Vo.Gt:中)、ゆりか(Ba:右)、フクダヒロア(Dr:左)

photograh_Kobayashi Mariko

《羊文学》塩塚モエカ(Vo.Gt)、ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)によるスリーピー スロックバンド。2012年に結成。2018年7月に1stフルアルバムとなる『若者たちへ』をリリース。 2019年EP『きらめき』をリリース。8月からの東名阪(8/2 名古屋 CLUB UPSET、8/3 大阪・梅田シャングリラ、8/7東京・渋谷クラブ クアトロ)にてワンマンツアーは全3公演共に SOLDOUT公演に。昨年配信限定にてリリースされ、サブスクやラジオOA にてスマッシュヒットを記録したクリスマスソングの新定番曲「1999」を含む3曲入りのクリスマスシングルが満を待してCD化。2020年2月5日に前回の『きらめき』と対になるEP『ざわめき』を発売。リリースに先行して行われた東阪(1/18大阪・梅田シャングリラ、1/31東京・恵比寿リキッドルーム)のワンマンツアーも即完に!

NEW EP『ざわめき』のインタビューはこちら

「想い出の卒業ソング」をテーマに、いつの時代も色褪せない「名盤」をお届け!

select:VERVE『Bitter Sweet Symphony』

”人生は辛さと優しさの交響曲”社会に旅たつ若者へ捧げる卒業ソング

ブリットポップ・ブームも下火になりつつあった97年。イギリスのロック・バンド、ヴァーヴがリリースしたアルバム『アーバン・ヒムズ』は、全英チャート1位に初登場。12週間首位を守り続けて、ブリット・ポップ最後の輝きを放つ大ヒットになった。ヴォーカルのリチャード・アシュクロフトの親友、リアム・ギャラガー(オアシス)がゲストで参加。サイケデリックなサウンドとエモーショナルで美しいメロディーが融け合っている。なかでも、壮大なオーケストラ・サウンドから始まるオープニング・ナンバー「ビター・スウィート・シンフォニー」は人気曲。「人生は辛さと優しさの交響曲」と歌い上げていて、社会に旅立つ若者に向けた卒業ソングみたいに聞こえたりも。

 

FUDGE.jpが「Pick up」する、注目のアーティストの新譜を紹介!

select:GRIMES『Delete Forever』

ポップ・アイコン、グライムスの新作はSFチックな世界観!

音楽ソフトを使って独学で曲作りをはじめ、いまやカナダを代表するポップ・アイコンになったグライムス。日本のアニメやコミックが大好きで、ゴス・テイストも感じさせる独自の美意識。そして、ユニークなファッション・センスでも人気を集めてきたエレクトロ・ポップの歌姫が、5年振りの新作『Miss Anthropocene』をリリースした。そこからシングルカットされた「Delete Forever」は、アコースティックなテイストを取り入れた穏やかなメロディーに、澄んだ歌声がのった心地良いナンバー。ミュージック・ビデオでは、グライムスが滅びゆく国の女帝に扮して歌を披露。彼女らしいSFチックな世界観やファッションが楽しめる。

 

■MVもチェック

 

text_Murao Yasuo

design_Koinuma Kenichi

edit_Takehara Shizuka

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    HC News #05 ホリデーサーカ...
  • サムネイル
    PR
    音楽やカルチャーがクロスオ...
  • サムネイル
    PR
    《ディーゼル》のふたつ...
  • サムネイル
    PR
    シックなふたりの手元は《ダ...
  • サムネイル
    PR
    パリジェンヌの秋は《ロレー...
MORE MORE
サムネイル
HC News #05 ホリデーサーカス2020|サテライト第2弾!二子玉ライズ3FへGo
サムネイル
PR
音楽やカルチャーがクロスオーバー。 気分が高揚するリズミカルな《アニエスべー》の洋服。
サムネイル
PR
《ディーゼル》のふたつのアウター、6WAYパディングジャケットと、2WAYデニム&キルティングジャケットを着まわしましょう。
サムネイル
PR
シックなふたりの手元は《ダニッシュデザイン》のウォッチ
サムネイル
PR
パリジェンヌの秋は《ロレール》のベレーとともに。
サムネイル
PR
プレイフルな足元に視線集中!《コンバース》で見つける私たちのバディ。
サムネイル
PR
《ビーバー》おすすめのキルティングとボアジャケット、どっちのアウターでお洒落する?
サムネイル
PR
名店の希少な別注ウエアを纏う、《ジーンズファクトリー》秋冬のモダンなワークスタイル
サムネイル
PR
私の永遠のベーシックは、《アニエスベー》の腕時計 〜My basic, agnès b. watch〜
サムネイル
PR
《フレディ&グロスター》で秋冬の身支度を。ベーシック&トレンドがポイントの最旬コーデ
サムネイル
PR
《Dr.Martens》で手に入れたい、2つのスタンダードアイテム。8ホールブーツに次ぐ永遠の名品
サムネイル
PR
《オリエンタルトラフィック》のクラシックな足もとで、秋を見つける。
サムネイル
PR
kinokoとABERIが毎日心地よくお気に入りの洋服で過ごせる理由は?いい香りで人気の《ラボン》ファブリックミストと柔軟剤に秘訣あり
サムネイル
FUDGE コラボのヘア&ボディオイル付き!ヘアのお悩みに、人気サロン「LIM」の美容師がお答えします【FUDGE.jp オトナの部活動 オンラインイベント vol.1】
サムネイル
こんなにかっこいいブーツなかなかない。秋、ハンサム感を《ドクターマーチン》で足元に。【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
#FUDGE足もと倶楽部 2020夏、すてきな足もと10選! たくさんの応募の中から編集部が可愛い足もとをセレクト。
サムネイル
今シーズンも待っていました! 《UNIQLO(ユニクロ)》×《JW ANDERSON(ジェイ ダブリュー アンダーソン)》の秋冬コレクションが発売
サムネイル
団地ライクな3DKで、和と北欧をミックスさせたレトロモダンな一人暮らしインテリア
サムネイル
ロンドンガール御用達の老舗ブランド4選
サムネイル
マスク着用時!パッとお洒落に魅せるアクセサリー10選

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。