CULTURE & LIFE

 

昨年のハロウィーンのこと。

いつものように、ふらっと近所のコーヒーショップに立ち寄ると、顔なじみの店員たちがみんな仮装姿で働いていました。

 

その中に、完璧なドラァグ・クイーン(Drag Queen)姿のバリスタがひとり。

それがジョーダン・ギリーズ(Jordan Gillies) こと、エセル・ルヴァイン(Ethel LaVain)でした。

 

「とってもきれいね」

思わず彼にそう伝えると、

「ありがとう。これは僕の夜の姿。昼間はバリスタで、夜はプロのパフォーマーなんだよ」

とジョーダンは言いました。

 

なんと、そうだったのか。

以来、私たちはお店で声を掛け合うようになり、私は次第に彼のことをもう少し聞いてみたいなと思いました。

 

 

ジョーダン・ギリーズ(Jordan Gillies)は週5日、朝5時に出社して午後1時まで、

ブルックリンのパークスロープにあるブルーボトルコーヒーでバリスタとして働いています。

 

彼が淹れるコーヒーは「人によってこんなに差があっていいの?」

ファンが本社に手紙を書いたほど、特に美味しいと評判。

 

仕事が終わると、続けて週4〜5回はドラァグ・クイーンとしてパフォーマンスするという多忙の日々。

 

―ジョーダン、歳を聞いてもいい?

「いいよ。僕は今19歳。スコットランド出身で、16歳からブルックリンで暮らしている。

叔父と父、義母と一緒に6年前にスコットランドから移住したけど、

みんな僕が16歳の時にカリフォルニアに引っ越した。僕は独りでニューヨークに残ったんだ。

家族は僕を気持ちでサポートしてくれているけど、ずっと仕送りなしで暮らしているよ。

家賃も滞ったことがないし、誰かにお金を借りたことも、一度もないよ。」

 

物価の高いニューヨークで、しかも家賃の高いブルックリンで、16歳から一人暮らし。

それがどんなに大変なことか。私は彼をギュッとハグしたくなりました。

 

 

―ドラァグ・クイーンになったきっかけは?

「僕がドラァグ・クイーンに興味を持つようになったのは、

スコットランドの育った環境のせいだと思う。

女性が周りにたくさんいたんだ。彼女たちは毎朝欠かさずきれいにお化粧をして仕事に出かけた。

They looked so Fabulous!彼女たちはとっても素敵だった。

その様子を眺めるのがとても好きだったんだ。

僕は、ドラァグ・クイーンの歴史にも引き込まれた。

今はエンターテイメント色が強いけれど、先人たちの屈強な時代があって今がある。

性別では女性でないからこそ、極端なカツラやメイクアップで自身をパロディ化しながら、

フェミニンで美しい女性像=夢を、そこに投影する。

ドラァグ・クイーンの世界は自己表現の場でもあるんだよ。

自分らしく生きる。僕はその道を選んだんだ」。

 

 

―It’s all on you. すべてがあなた次第―

「僕に『まだ若いんだから、学校に行くべきだよ』という人がいるけど、

僕にはやりたいことが別にある。僕にとっては、働く時間のほうが大事なんだ。

だから(学校の)勉強は独学してる。It’s all on you. すべては自分次第。

夢を追うばかりで生活をないがしろにするのは、(生きる)努力が足りないと僕は思っている。

だから生活のためにバリスタをしている。衣装やフェイクネイルにもお金がかかるしね!」

 

―10年後の自分は、どうなっていると思う?

「変わらずに自分らしく生きている。

有名になって、フルタイムでステージの仕事をしている。きっとね!」

 

 

ジョーダンへのインタビューは3月の終わりだというのに冬のコートが必要なほど寒い日でしたが、

彼のニューヨークライフは、私の想像をはるかに超えた胸が熱くなるストーリーでした。

 

16歳で自立なんて。しかも、すでに夢を見つけて働いていたとは。

 

 

マンハッタンまでジョーダンのパフォーマンスを見に行きました。

堂々と(19歳とは思えない!)観客を大いに笑わせ、魅了するジョーダンを見ながら、

私は、この仕事は彼の天分なのだと思いました。

 

10年後、彼は本当に大スターになっているかもしれません。

 

 

ニューヨーカーは、皆がそれぞれに個性的で面白いストーリーを持っています。

これからも、ニューヨークの暮らしを通して出会う人々や、出来事を

ここに書き留めておきたいと思っています。

 

 

Photo : Moeka Nakamura

 

 

text:上野 朝子

 

 

◆こだわり女子のモノコトWebマガジン「PeLuLu」より

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    FUDGEガールのヘアの悩みを一...
  • サムネイル
    PR
    表情豊かで優美なフォルム、...
  • サムネイル
    PR
    冬のアウターを選ぶなら万能...
  • サムネイル
    PR
    大人気クリエイターkinokoち...
  • サムネイル
    PR
    秋冬コーデに欠かせない《プ...
MORE MORE
サムネイル
PR
FUDGEガールのヘアの悩みを一挙解決! Q:乾燥や静電気によるダメージを防ぎたい!【ヘアレシピストーリーズ × Moii】
サムネイル
PR
表情豊かで優美なフォルム、《TOD’S(トッズ)》の新作バッグがかわいい!
サムネイル
PR
冬のアウターを選ぶなら万能ブラウンカラーで決まり!《ケープハイツ》が提案する”マッシュルームカラーウェア”に注目
サムネイル
PR
大人気クリエイターkinokoちゃんもイチオシ!《プチバトー》の名品タートルで着こなすボーイズ・レイヤード
サムネイル
PR
秋冬コーデに欠かせない《プチバトー》のタートルネック!今すぐ真似したい、カラー別お洒落な着こなし9選
サムネイル
PR
フェムテックの新しいカタチ 《SVR ONE》でセクシャルライフを豊かにする
サムネイル
おうち時間で楽しむ、お取り寄せで楽しむ和なお菓子5選【ささやかですてきなもの まとめ 大谷有紀】
サムネイル
この冬のデニムルックには《マリメッコ》の新色のウニッコ柄バッグをトッピング。【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
2022年最旬マッシュショートボブスタイルでおしゃれヘアを一歩リード!
サムネイル
セーターの下にたっぷり重ね着をして、今日もぬくぬく
サムネイル
上質なツイードジャケットにチノパン合わせてカジュアルに【本日のFUDGE GIRL-1月2日】
サムネイル
二つ折り財布も人気なレディースブランド4選!買い替え時期も解説
サムネイル
料理の時間を楽しく演出!おしゃれなキッチンリノベーション5選
サムネイル
やっぱり冬もジャケットが着たい! 正解はどんなコーデ?
サムネイル
ロングコートとマフラーで暖かく。靴下は赤にして遊び心を出して。
サムネイル
サロンシャンプーおすすめ12選|2021年美容師のお墨付きをご紹介!
サムネイル
ダウンベストで変わる!冬のシャツワンピースは賢く着こなす。【“アウトドア”ガールの着まわし7days-THURSDAY】
サムネイル
真冬のベーシック。北欧のフィッシャーマンの防寒具だった「ダッフルコート」【お洒落さんのためのファッション用語辞典 vol.20】
サムネイル
[ 誌面掲載有 ] FUDGEガールに人気のブランド特集!
サムネイル
冬の微糖デートコーデ 4選【 FUDGENA SPECIALIST:kinokoのボーイズスタイル vol.59】

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。