FUDGENA

ある日どこかで、運命の人と出会えたなら、きっと私の人生は変わってしまう

シンデレラも灰をかぶって掃除をしていたのに、ある日舞踏会で王子様に出会いハッピーエンドを迎える

子供の頃から夢見たのは、「愛は人生を制する」ということ

でも、現実は……

 

ならば映画の中だけでも、夢を見させておくれよっ

 

ある日どこかで

 

こんにちは!

ファッジーナのSAKURAです。

どうしても皆様に紹介したい映画がどの動画サービスにもなく、なかなか見つからずに少し時間を空けてしまいました。

 

今回ご紹介する映画は『ある日どこかで/Somewhere in Time』(1980)

 

大好きな映画なので結局DVDを買いました。

ツタヤには絶対あります!

私の中でもトップ3に入る大好きな映画です。

 

ロマンチックな時間旅行

私は大のタイムトラベル好き。

SFとか、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とか超大好き!

 

『ある日どこかで』について、教授が「この映画さ、そんな方法でタイムトラベルできるわけないやろって思わない?」と言っていたのを覚えています。

 

確かに、この映画はかなり無理のあるタイムトラベル法を使うのです。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』なら、デロリアン

『タイムマシン』なら、まさにそれらしいタイムマシン

大抵どの映画でも、近未来的な装置がタイムトラベルを可能にしてくれるのですが、

この映画はなんと自己暗示でタイムトラベルします。

 

えぇ、自己暗示!?

愛はタイムトラベルをも可能にするのです。

 

『ある日どこかで』あらすじ

初舞台を終えた脚本家の卵リチャードの元へ、見知らぬ上品な老婆が現れ、彼に「帰ってきてね」と懐中時計を渡す。

老婆はその後、グランドホテルに戻りラフマニノフの『パガニーニの主題による狂詩曲』を聴きながら目を閉じるのだった。

 

8年後(1979年)、脚本家になったリチャードは気分転換に旅へ出て執筆することに。

行き着いたのはあのグランドホテル。

 

リチャードは、ホテルに飾られていた写真の女性に恋をする。

女性は女優のエリーズ・マッケナ

1912年にこのグランドホテルでの公演時に撮った写真だった。

 

写真を見てから寝られぬほどの恋心を抱いたリチャードは、マッケナについて調べ、あの老婆がマッケナ本人であることを知る。

 

彼女への思いが増していくリチャードは、彼女に会うためにタイムトラベルを試みる。

リチャードは「1912年6月27日午後6時グランドホテル」を強く念じながら眠りに入る。

目がさめるとそこは1912年のグランドホテル、彼はタイムトラベルに成功したのだが……

 

『パガニーニの主題による狂詩曲』

1934年にラフマニノフによって作曲されたこの作品を1912年のマッケナは知らない。

リチャードがハミングしているのを「素敵な曲ね」と褒めるだけである。

その旋律を忘れずに1934年以降、彼女が死の淵までその曲を愛していたことから、彼女はリチャードに会って以来彼を愛し続け亡くなったことが伺える。

 

 

『パガニーニの主題による狂詩曲』は映画音楽の中で最も美しいと私は思っています。

この曲が二人をつなぎとめ、愛を実らせるのです。

 

あぁ、こんな恋愛一体どこに落ちているのっ!

 

伏線と美術に圧巻 タイムトラベル映画の魅力

ミステリーとタイムトラベル映画は伏線が多いっ

何度か観て、「あぁ、これはこうでああだったのね!」と見つける喜び

『ある日どこかで』も伏線にあふれています。

 

まず、1979年ホテルマンの初老の男性アーサー

1910年、5歳の頃からこのホテルにいるんですと主人公に話します。

そう、主人公が1912年にタイムスリップした際に幼き頃のアーサーに出会うのです。

 

こんな些細なやりとりが映画中に散りばめられていて、それを探すのがタイムトラベル映画の魅力の一つです。

 

もう一つは”美術さんの再現力

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でマーティが1955年にタイムスリップした際、マーティ以外は全て1955年を再現しなければなりません。

監督をはじめ美術さん総員で、1955年当時の流行の服やメイク、髪型や文化を調べ上げ、再現に努めました。

1955年のアメリカ、ハイスクールガールがロングのプリーツスカートにブラウスを合わせて階段を降りてくるシーン。

ただの通りすがりのあの子さえも全て1955年を再現している、その細やかさ、忠実度、美しさにタイムトラベルものの魅力を見つけてしまったのです。

 

『ある日どこかで』でも、主人公が1979年から1912年にタイムスリップすると、ホテル内は一変。

内装は派手になり、人々も多く往来、ホテル最盛期の賑やかさが再現されています。

また、1912年の服装(まだドレスに身を包んだ女性ばかり)・メイクや文化までもが全て忠実に再現され、それが画面に美しさを与えています。

 

この二つの魅力に魅せられたなら、もうタイムトラベルものから目が離せませんっ

 

ある日どこかで、王子様に出会えたなら

そんなことはきっと起きないだろうけれども

映画の中では信じていたい乙女心

シンデレラがその後本当にハッピーだったかは知らぬが仏

ファンタジーはファンタジーのままで

夢がうつつか、うつつが夢か

ときにはそれに溺れても、置いてかないでネエトセトラ

 

ブログやエッセイをこちらのサイトで投稿しています。

気が向いた時に是非読んでみてくださいっ

(画像クリック↓)

SAKURA
1997年生まれ
大学では芸術学を専攻。
好きなものは映画と海外ドラマとジャズ。
現在は学生兼フリーライター
イラストも描いてます♩
インスタグラム@_________sakura_________

 

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    《スカーゲン》のペアウォッ...
  • サムネイル
    PR
    冬の本命アウターは《ナンガ...
  • サムネイル
    PR
    マフラーとクラムチャウダー...
  • サムネイル
    PR
    わたしの偏愛サムマイルウエ...
  • サムネイル
    PR
    《アネモネ》テーパードフー...
MORE MORE
サムネイル
PR
《スカーゲン》のペアウォッチと一緒に。いましかない大切な時間を刻む
サムネイル
PR
冬の本命アウターは《ナンガ》のダウンに決まり!タイプ別お洒落な着こなし3選
サムネイル
PR
マフラーとクラムチャウダー【スープと彼女のストーリー vol.1】
サムネイル
PR
わたしの偏愛サムマイルウエアは仏生まれの《ルコックスポルティフ》
サムネイル
PR
《アネモネ》テーパードフープピアスのスタイルレッスン
サムネイル
PR
菊池亜希子さん 冬の着こなしと《ルート》のバッグ3選
サムネイル
PR
今日は何着る?冬の始まりを感じる《無印良品》の“きほん服”【気温別コーデ】
サムネイル
PR
《タイオン》のダウンアイテムが主役! 冬のおすすめ防寒コーディネート3選
サムネイル
PR
《ビューティフルピープル》を纏う贅沢な日常。
サムネイル
PR
頼りになるのは《エーグル》のアウター
サムネイル
PR
ふわもこの《VANS(ヴァンズ)》スニーカーと、6つの違い
サムネイル
PR
栄養満点スープと普段の仕事のおはなし。【FUDGENA SPECIALIST:kinoko × 野菜をMOTTO】
サムネイル
PR
冬のアウターはこれで決まり!《ケープハイツ》のアウターと出掛ける、TOKYO巡り
サムネイル
PR
はじめてのベレーは、時代を超えて愛され続ける《ロレール》の「カンパン」を指名して!
サムネイル
オリジナルブレンドをお届けする新企画「FUDGEコーヒー便」vol.3 FINETIME COFFEE ROASTERS受注販売スタート
サムネイル
《ADAM ET ROPE’》の着心地抜群なベーシックなベスト&カーディガンをFUDGEが特別にオーダー
サムネイル
【FUDGE FRIEND】1000人以上の中から選ばれた7人のオフィシャルガール、遂に決定!!
サムネイル
FUDGE オフィシャルキャラクターが誕生!! 愛嬌たっぷりなシロクマの“ファージー”
サムネイル
リノベーション団地で植物のある暮らしを楽しむ私が買ってよかった、3つのアイテム #myfavorites
サムネイル
【2022】黒髪ボブをもう幼いなんて言わせない!美容師が教える最新垢抜けポイント5つ

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。