FASHION

出典:こなれたモノトーンコーデにするなら、キルティングベストとスカートを選ぶ【“モノトーン”ガールの着まわし7days-THURSDAY】

 

連載『お洒落さんのためのファッション用語辞典』では、トラッドファッションから最新のファッションまで、FUDGEでおなじみのファッション用語についてわかりやすく解説します。第21回目は「キルティング」について。どこで生まれ、どのようにして世界じゅうに広まっていったか、その歴史をひも解きます。この連載を読んでファッション用語の背景や起源を知れば、毎日のお洒落がより楽しくなること間違いなし!

 

【用語解説】

まずは「キルティング」を知ろう。

出典:《Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)》のベストセラー!ノーカラーキルティングジャケット

 

「キルティング」とは保温、防護、装飾などを目的として、2枚の布の間に綿や毛の芯をはさんで、それを表布の上からステッチでおさえたもののこと、あるいはその技法のことをさします。2枚の布にステッチをかけてから、間に綿や毛の芯などを入れて、ステッチ模様を浮き上がらせることもあります。防寒用の中綿衣料や布団、羽毛布団などに用いられます。

 

【歴史】

十字軍のアンダーウエアだった「キルティング」

歴史は古く、エジプト、ロシア、中国などで、防寒用、敷物などに使われていたものなのだとか。7世紀ごろにはサラセンの騎士がよろいの中のアンダーウエアとして身に着けたようで、その後、十字軍の遠征によって、ヨーロッパに伝わりました。16世紀にはプールポアン(英語でダブレット)とう男性のジャケットに、17~18世紀には花柄を織りこんだり刺繍したりした衣服や室内装飾に発展し、とても流行したといわれています。

 

【雑学】

定番、キルティングジャケットの生みの親って?

出典:頼れる定番もモダンな新作も-キルティングジャケット-【FUDGENA:Tsubakiの私的英国名品 vol.7】

 

いまや、秋冬のベーシックとして浸透しているキルティングジャケットですが、いわゆるファッションとしてのキルティングジャケットのルーツは、FUDGE GIRLにとっても定番のブランド《ラベンハム》だということはご存知でしたか?

《ラベンハム》は、1969年にロンドン北東部、サフォーク州の小さな村、ラベンハムで創業したファッションブランドです。その創業のきっかけとなったのが、「キルティング」でした。

創業者であるミセス・エリオットは当時、エリザベス女王の女官でしたが、あるときに女王が乗る馬用のブランケットを作ることを思いついたのだそうです。それまでの馬用ブランケットと言えば、保温性の低いジュートで作られたものがほとんど。雨に塗れればなかなか乾かず、乗り心地がいっそう悪くなりました。もちろん馬にとっても決して着心地のいいものではなかったでしょう。つまり機能的改善の余地があったのです。そうして出来上がったのが、保温性の高い生地として知られた「キルティング」を採用した、ブランケットだったというわけです。

その後、多くの乗馬愛好家から、「馬用のキルティング・ブランケットとお揃いのジャケットが欲しい」というリクエストが寄せられたことから、1972年に現代の「キルティング・ジャケット」を彷彿とさせる、乗馬用のジャケットが誕生しました。

1980年代に入ると、この「キルティング・ジャケット」を日常的に着る人があらわれ、ファッションアイテムとして浸透。1990年にはイタリアのおしゃれさんたちの間で、スーツの上にラベンハムのジャケットをはおるスタイルが流行したことで、一気に世界中にその存在を知られることとなりました。

 

出典:ビタミンカラーのポップなコーデで、寒い冬も明るくヘルシーさを!

 

出典:《ラベンハム》の定番のダイヤモンドキルトが便利で使いやすいマフラーになって新登場【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】

 

いまでは、こんなふうにリラックス感のあるオーバーサイズタイプのジャケットもたくさん。ぽかぽかでふわふわ、着心地も手ざわりもいい「キルティング」が使われたアイテムは、ジャケットだけでなく、バッグやマフラーなどまでさまざまなそろいます。どれも毎日着たくなるベーシックなものばかり。新しい年を迎えて、どんどん活躍させたいですね。

 

 

監修:朝日 真(あさひ しん)

文化服装学院専任教授、専門は西洋服飾史、ファッション文化論。早稲田大学文学部卒業後、文化服装学院服飾研究科にて学ぶ。『もっとも影響力を持つ50人ファッションデザイナー』共同監修。NHK『テレビでフランス語』テキスト「あなたの知らないファッション史」連載。文化出版局『SOEN』他ファッション誌へ寄稿多数。NHK「美の壺」他テレビ出演。

 

illustration_Sakai Maori
edit & text_Koba.A

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    《MHL.》×『FUDGE』 20周年特...
  • サムネイル
    FUDGE オフィシャルキャラク...
  • サムネイル
    PR
    ACTIVE CITY GIRL with GREGO...
  • サムネイル
    PR
    FUDGEが選んだ全身コーデも当...
  • サムネイル
    PR
    くすみグリーンのペイントシ...
MORE MORE
サムネイル
《MHL.》×『FUDGE』 20周年特別企画第一弾!! 数量限定の別注シャツがリリース
サムネイル
FUDGE オフィシャルキャラクターが誕生!! 愛嬌たっぷりなシロクマの“ファージー”
サムネイル
PR
ACTIVE CITY GIRL with GREGORY アクティブガールと《グレゴリー》の3ルール
サムネイル
PR
FUDGEが選んだ全身コーデも当たるかも?!パルコ大感謝祭がスタート
サムネイル
PR
くすみグリーンのペイントシャツはオーバーサイズでさらっと着こなす【MACKINTOSH PHILOSOPHY “GREY LABEL” SPECIAL SNAP NO.2】
サムネイル
PR
グッドシルエットなロゴTを主役にモノトーンで潔く!大人のストリートコーデ【MONO-MART SPECIAL SNAP NO.3】
サムネイル
PR
《グラミチ》のショーツと一緒に思いっきりアウトドアを!!!
サムネイル
PR
LOVELY SUMMER OF Libra Cue 夏の主役アイテム、1・2・3
サムネイル
PR
今欲しいのはハーフジップTとワイドデニム!《ミュエータ》の春夏新作
サムネイル
PR
シーン別/《 UNIQLO(ユニクロ)》で楽しむ、おしゃれなファミリーコーデ
サムネイル
PR
“おしゃれ顔”に仕上げてくれるメガネ、《モスコット》の新作に注目!! 定番アイウェアモデル「ZEV」から初の日本限定カラーが発売
サムネイル
PR
ノスタルジックに彩る《ナル》のカラーパレット
サムネイル
PR
Tシャツコーデのお悩み解決!スペシャルクーポンもチェック。《FUDGE.jp ×プチバトー》インスタLIVE配信のお知らせ
サムネイル
PR
夏まで待てない!タウンユースな《Teva®》の厚底サンダル
サムネイル
PR
FUDGE PETIT BATEAU T-Shirt Style プチバトーでかなえる!Tシャツ パーフェクトスタイル
サムネイル
PR
アースカラーの爽やかな腕時計のラインナップに注目。海に捨てられたプラスチックをアップサイクルした《スカーゲン》のサステナブルな新コレクション
サムネイル
PR
コラボスープ第2弾発売が決定!! 《野菜をMOTTO × FUDGE × kinoko》インスタLIVE配信のお知らせ
サムネイル
PR
《ミディウミソリッド》のシャツワンピとブラウスがあれば!こなれた春コーデが完成する
サムネイル
PR
菊池亜希子さんと大人のための《ルート》のバッグ3選
サムネイル
PR
ボトムスはパンツ派?それともスカート主義?? 初夏の陽気に誘われて《EDIT Gris》で外遊びスタイルのススメ

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。