CULTURE & LIFE

連載「週末アジア」は、アジアに精通している女性たちが、おしゃれなショップやカフェ、おすすめスポット、旬のニュースなどをピックアップして、まだまだ知られていないアジアの魅力をお伝えしていきます。週末にぷらっと行ける距離だから、今すぐ旅に出たくなっちゃうかも!?

 

 

今回は、バンコクのおしゃれエリアとして知られるBTSトンロー駅近くの「Spoonful Zakka Cafe(スプーンフル・ザッカ・カフェ)」を紹介します。

 

 

大通りを一本入った小道の中にあるこのカフェは、たくさんの木々に囲まれた一軒家。日中はたっぷりの自然光が降り注ぎ、さながら都会のオアシスといった雰囲気です。

 

 

大学で日本語を専攻し、日本のカルチャーにとても詳しいタイ人オーナーのジップさんが始めたお店です。以前はバンコクのランスアンというエリアで6年間同名のカフェを営業していましたが、2019年5月にこの広い一軒家に場所を移して再オープンしました。

 

 

カフェのコンセプトは”ニッポン×ノルディック”。約50年前に建てられた広い二階建ての一軒家をリノベーションし、3つのエリアをカフェ、ANNEX(イベントスペース)、ギャラリーに分けてさまざまな取り組みを行っています。

 

 

店名に”Zakka”(雑貨)とあるように、このカフェでは日本の雑貨を多く取り扱っています。マスキングテープが大好きというジップさんは、まだタイでは知られていなかった雑貨の存在をタイの人たちに伝えています。

 

 

毎日お店で手作りされる焼菓子も人気です。オープン当初からの看板メニューであるスコーンは、「できるだけ身体に良いものを味わってほしい」という想いから、素材やレシピに何度も改良を重ねたそう。

 

抹茶とアールグレイのスコーン 各90B

 

抹茶味には小豆クリーム、アールグレイ味にはキャラメルクリームと、フレーバーごとにクリームの組み合わせが異なります。甘さひかえめで、表面はサクッと、中はしっとりモイスチャーな美味しいスコーンです。

 

抹茶チョコシェイク 180B

 

ドリンクメニューには日本から取り寄せた抹茶を使ったシェイクも。この日は人気No.1の抹茶チョコシェイクをいただきました。すっきりした甘みと香りの抹茶に、刻んだチョコチップの食感がアクセントになっていて、とても美味しかったです!

 

 

カフェエリアの奥には、ANNEXと呼ばれるスペースがあります。全面窓に囲まれたサンルームのような心地よい空間です。ここでは雑貨や洋服の展示をしており、クリエイターマーケットが開かれることもあるそう。

 

 

「いいものを手入れしながら長く大切に使う」そんな日本の昔ながらのライフスタイルに影響を受けたというジップさん。セレクトの中にはタイ在住の日本人デザイナーが作るエシカルファッションのブランド「アトリエふわり」の洋服も。

「土に還る服」をテーマに、天然素材のオーガニックコットンやリネンで服作りを行っているブランドです。

 

 

「タイの洋服はボディラインにフィットするものが多いですが、ふわりのアイテムは体型や年齢を問わず似合う、体が泳ぐくらいのシルエット。いろいろな着方ができるのも魅力です。洗濯を繰り返すたびに、風合いが良くなる着心地のいい洋服ですよ」(ジップさん)

 

 

また、「Spoonful Zakka Cafe」はタイで唯一「yumiko iihoshi porcelain」のテーブルウェアを取り扱っているお店でもあります。

 


「Spoonful Zakka Cafe」特注”Ripple Blue”オーバルプレート 1,100B

 

ジップさん自身もイイホシユミコさんのオーバルプレートを愛用していたことからご縁がつながり、この度人気のオーバルプレートの「Spoonful Zakka Cafe」特注品”Ripple Blue”の販売が決定しました!

 

 

「デザートやフルーツ用のお皿として使うほか、季節の花やアクセサリーを飾っても素敵です。家の中や食卓をパッと明るくしてくれる水色のうつわです。

この色は、私がいろいろな場所を旅した時に感じた自然の川の色の美しさからインスパイアされています。タイでも、この色はラッキーカラーとして人気のある色なんですよ」(ジップさん)

 

 

2月1日からスタートする「バンコク・デザイン・ウィーク」の期間中である2月4日(火)には、敷地の外で近隣店舗と一緒に野外イベントを行うそう。この時期にバンコクを訪れる機会のある方は、ぜひ立ち寄ってみては。

手作りの焼菓子と、お土産にぴったりの雑貨ハンティングを楽しんでくださいね。

 

Spoonful Zakka Cafe

10 Soi Sukhumvit 32, Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok 10110
営業時間:11:00-18:00
定休日:火曜、水曜
TEL:02-120-6152
問合せ:spoonful.bkk@gmail.com

 

 

text & photographs:dii bangkok

東京で20年間女性誌やWEBメディアの編集者としてファッション、フード、トラベル記事を多数執筆。2019年よりバンコク在住。写真と動画でバンコクの最新トレンドを伝えるビジュアルシティガイド「dii bangkok」をスタート。

Instagram:@dotsloop
WEB:https://dii-bangkok.com/

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    スタイリングを格上げする《...
  • サムネイル
    PR
    《マリメッコ》70周年アニバ...
  • サムネイル
    PR
    オーバーサイズが丁度良い!...
  • サムネイル
    PR
    私の毎日に“丁度いい服”。等...
  • サムネイル
    PR
    ダウンジャケットをはじめ、...
MORE MORE
サムネイル
PR
スタイリングを格上げする《リーガル》のトラッドシューズ
サムネイル
PR
《マリメッコ》70周年アニバーサリーイヤーを締めくくる、2021年秋冬コレクション「未来の風景」
サムネイル
PR
オーバーサイズが丁度良い!メンズライクな秋服を探すなら《ミュエータ》で決まり
サムネイル
PR
私の毎日に“丁度いい服”。等身大のワードローブがそろう《Last SAMPLE(ラストサンプル)》がこの秋デビュー!
サムネイル
PR
ダウンジャケットをはじめ、遊び心と実用性を兼ね備える《2 モンクレール 1952 ウーマン》の2021年秋冬コレクション。デザイナー、ヴェロニカ・レオーニのこだわり、サスティナブルやジェンダー平等への取り組みとは?
サムネイル
PR
FUDGEガールのヘアの悩みを一挙解決! Q:前髪のクセをおさえるアレンジを教えて【ヘアレシピストーリーズ × Moii】
サムネイル
PR
懐かしさが薫る《コンバース》のシューズで、秋のお洒落をアップデート
サムネイル
FUDGEの世界観をリアル体験できる!〈あべのハルカス近鉄本店〉に史上初のFUDGEショールームがオープン
サムネイル
「ホリデーサーカス 2021」第5回は初の名古屋開催! FUDGE、men’sFUDGE、ONKUL、kiitos.によるファッションイベント
サムネイル
『FUDGE』からチョコレートが初めまして! 数量限定で《CRAFT CHOCOLATE WORKS》とのコラボによる「コーヒーに合うチョコレート」「紅茶に合うチョコレート」が発売
サムネイル
FUDGE.jpを一緒に作る編集者を募集します!!
サムネイル
[ 黒髪ボブ ] を幼いなんて言わせない!美容師流アカ抜けポイント5つ
サムネイル
身につけるだけでオシャレ上級者なアクセサリー
サムネイル
サロペットスカートに抜け感を加えるヒールサンダル
サムネイル
《マーガレット・ハウエル》のゴールディなアクセサリーを3つ、これからの私のために。腕時計・ネックレス・ピアス【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
きらめくアーリーオータムスタイル [ 2021年秋 ] バッグ8選
サムネイル
ゴールドカラーを取り入れた、おしゃれなインテリア実例まとめ【教えて!グッドルーム】
サムネイル
マストバイ!ユニクロ新作ジーンズコーデ【FUDGENA SPECIALIST:宮崎葉のシンプルカジュアルの作り方 vol.3】
サムネイル
《マリメッコ》のお気に入りのワンピをきてこれからデート【本日のFUDGE GIRL-9月1日】
サムネイル
このTシャツ&ワンピースさえあれば、脱マンネリ!夏の終わりのおすすめコーデ7選

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。