CULTURE & LIFE

毎週テーマに合わせて、「アーティスト」が選曲したプレイリスト、いつの時代も色褪せない「名盤」、そして注目の「新曲」をお届けする、連載《火曜日のプレイリスト》。

今回は4週間に渡り登場してくれた、《cero高城晶平》のプレイリストをおさらい。テーマに合わせて語ってくれた、学生時代のエピソードなどチェック。

また発売中の初ソロ・アルバム『Triptych』インタビュー内で紹介した、《cero高城晶平》が教える、ファッションの【Myルール】も必見です。

 

《cero高城晶平》

 

テーマ:
たのしかった青春ソング

select:WHY?『Rubber Traits』

大学生の頃にレンタルCD屋で出逢った青春ソング

「WHY?はUSインディーのバンドで、大学生の頃によく聴いてたんです。高円寺に”small music”っていう小さなレンタルCD屋があって。品揃いが良くて大学の頃によく通ってたんですけど、〈青春〉というので思い出したのが、その店だったんですよね。お金ない頃だからレンタル屋はありがたくて、ずっとそこで試聴してました。窓辺に試聴機があったんですけど、隣が神社で眺めがすごく良いんですよ。その風景を今でもよく覚えてます。その時”これこそが自分たちの時代の音楽だ!”と思えたのがスフィアン・スティーヴンスとか、いわゆるUSインディーと呼ばれる音楽で、WHY?もそのなかの一つです。ceroのファースト・アルバム(『WORLD RECORD』)は、WHY?とかスフィアンの影響がすごく大きいですね。」

関連記事:《cero高城晶平》が選ぶ、たのしかった青春ソング【火曜日のプレイリスト】

 

テーマ:
花見ソング

select:ソボブキ『にごうりの花咲く浅草で』

ジャズと宴会っぽい曲調が花見にぴったり

「ギロっていうバンドでキーボードを弾いている西尾賢さんのソロ・ユニットで、バンド名は”素朴でぶきっちょな東京人の音楽”の略なんです。その名の通りの音楽で、ジャズ的なフィーリングを持ちながら出口は歌もの。そういうバランスの取り方が格好いいんですよね。昔、ソボブキがサケロックのライヴでオープニングアクトをやったことがあって、その時、初めて聴いてファンになったんです。きっと、サケロックも影響受けてると思うし、星野源さんの音楽を良いなと思ってる人だったら、良さをシェアできるんじゃないかな。この曲は宴会っぽい曲で、花見にぴったりじゃないかと思って選びました。でも俺、花見は全然やらないですよ。寒いし、全然食べた気がしないから(笑)。」

関連記事:《cero高城晶平》が選ぶ、花見ソング【火曜日のプレイリスト】

 

テーマ:
新生活ソング

select:New York Dolls『Fool For You Baby』

新生活は若者だけじゃなくて、オッサン達にもあるかなって(笑)

「自分が新生活応援のCMを作るとしたら、この曲をかけたいな、と思って、CMプランナーみたいな感覚で選びました。歌詞はわからないんですけど、桜舞う感じのフレッシュな曲で、それをオッサンの小汚い声で歌っているのが泣けるんですよね。新生活って若者だけじゃなくて、オッサン達にもあるじゃないですか。例えば離婚して、マンションで一人暮らしを始めるとか(笑)。マンションに越してきたオッサンが一人暮らしを始めて、部屋で猫とか抱いてる。そこにこの曲が流れたら最高だと思うんですよ。「まだまだイケるぞ!」っていう、オッサンの魂の叫びが聞こえてくるみたいで。」

関連記事:《cero高城晶平》が選ぶ、新生活ソング【火曜日のプレイリスト】

 

髙城晶平が教える、ファッションの【Myルール】とは?

アーティストにお洒落の極意を教えてもらう【MYルール】。髙城晶平さんにファッションにおける3つのルールについて聴きました!子煩悩な一面も垣間見れます。

 

Rule1:VANSのスリッポン

「子供と出かける時って手を使わずに履ける靴がよくて。子供はさっさと靴を履いて行っちゃうから、靴を履くのに手間取るわけにはいかないんですよ。それでスリッポンを履くようになったんですけど、あると履いちゃうから、結果スリッポンばっかになっちゃうんですよね。(笑)持ってるのは一足か二足くらいで、ボロボロになったら新しいの買って、みたいな感じですね。」

 

Rule2:ライヴの時は赤いものを身につける

「坂本龍一さんが”赤いものを身につけたら人前に出る気になる”って言ってて。でも、教授ってパッとみはシックじゃないですか? 赤のイメージがないというか。でも、見た目に赤のものがない時は、赤いパンツを履いてるそうなんです(笑)。それを聞いて、俺もライヴの時は赤いパンツを履いてるんですよ。まあ、験担ぎですね。でも、真っ赤なヤツってなかなかないですよね。横尾(忠則)さんもそういうのがあるみたいで、風邪をひいたりすると全身赤にするそうですよ、キャップから靴まで全部赤。”元気がないから色のパワーを借りてる”って。明るい服を着たら明るい気持ちになれたりしますもんね。」

 

Rule3:折り畳み傘は蛍光色

「折り畳み傘って、昔はいつも無くしてたんですよ。ヘタすると買った日に無くしてた。存在感なさすぎるんですよね。それである時、「蛍光色にしたら無くさないかも」と思ってそうしたら、それ以来、無くさなくなったんです。初めてボロボロになるまで使いきることができた。それから蛍光色のものを選んでます。いつもウォーターフロントっていうブランドのものなんですけど、ワンタッチで開いてワンタッチで閉じるっていうのも重要ですね。今は完全に折り畳み派です。物販でオリジナルの畳み傘を作ってみたいですね。俺も欲しいし(笑)。」

関連記事:《cero高城晶平》にインタビュー!今後もずっと聴いていける音楽とは?【火曜日のプレイリスト】

 

Shohei Takagi Parallela Botanica『Triptych』
2020.4.8 Release ¥2500 KAKUBARHYTHM / Sony Music Labels Inc.

 

photograh_Osada Kasumi

《高城晶平》cero のボーカル/ギター/フルート担当。 2019 年よりソロプロジェクト “Shohei Takagi Parallela Botanica”を始動。 その他ソロ活動では DJ、文筆など多岐に渡って活動している。2020年4月8日に1st Album「Triptych」をリリース。

 

 

photograh_Kobayashi Mariko

text_Murao Yasuo

design_Koinuma Kenichi

edit_Takehara Shizuka

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    心躍る軽快な《MPストア》の...
  • サムネイル
    PR
    品よく日常着と暮らしに寄り...
  • サムネイル
    PR
    毎日をアクティブに、体に優...
  • サムネイル
    PR
    雨の日も素敵なわたしでいら...
  • サムネイル
    PR
    みちくさガールと《ハーベス...
MORE MORE
サムネイル
PR
心躍る軽快な《MPストア》のウエアで、初夏のスタイルを先取りして
サムネイル
PR
品よく日常着と暮らしに寄り添う《les bon bon(ル ボンボン)》のアクセサリー
サムネイル
PR
毎日をアクティブに、体に優しくフィットする 《ミレスト》のメッセンジャー
サムネイル
PR
雨の日も素敵なわたしでいられる、《ビコーズ》のレイングッズ
サムネイル
PR
みちくさガールと《ハーベスティ》
サムネイル
PR
気分に合わせて毎日のように楽しめる!《サキュウ》のデニムが、初夏の相棒
サムネイル
PR
どんなシーンにも寄り添ってくれる。《マベン ウォッチズ》の洗練された腕時計
サムネイル
PR
コーヒーラバーな彼女と《マスターピース》のバッグ
サムネイル
PR
《フレッドペリー》の初夏を感じる爽やかな装い。 WANNA BE A SHARP GIRL FRED PERRY
サムネイル
PR
都会派ガールの偏愛サンダル。《シャカ》で日常の装いに特別感を!
サムネイル
PR
雨の日を彩る色、《エーグル》の色。 WEAR THE FAVORITE COLOR WITH AIGLE!
サムネイル
PR
《ニトリ》で演出する ベーシックだけど夏らしいお部屋
サムネイル
PR
《アヴィレックス》でシックなストリートガールに変身
サムネイル
PR
《ミディウミ》が描く、心地よい季節。
サムネイル
PR
春風に舞う《POU DOU DOU(プードゥドゥ)》の服
サムネイル
PR
《ロレール》のベレー帽が主役!春のフレンチスタイル。
サムネイル
PR
春の風に優しく揺れる、リネンの素材感を堪能して《MPストア》
サムネイル
PR
フレッドペリーのグッドガールな春カジュアル。 《FRED PERRY》 WANNA BE A SHARP GIRL
サムネイル
PR
《センスオブプレイス》で見つけた、可憐で爽やかな春の服
サムネイル
#FUDGE足もと倶楽部 出かけたくなったらしたい足もとコーデ、投稿してみて!

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。