FASHION

エターナルなアイテムばかりだからついつい全部欲しくなっちゃう!Burnishと人気ブランドによるコラボアイテムをチェック

東京・代々木上原にショップを構える「Burnish(バーニッシュ)」は、リラックスしたムードが漂いながらも上質なアイテムが揃い、フレンチとアメリカンの要素をミックスした独自のスタイルを提案しています。FUDGEでもファンの多いこのお店が、この10月に、オープン10周年を迎えました。これを記念して、バーニッシュと関わりの深い8ブランドと一緒にアニバーサリーアイテムを発売中です!細部までこだわりつつも、長く愛用しても飽きのこないエターナルなアイテムばかりだから、すべて欲しくなっちゃいそう!

 

 

《AURALEE(オーラリー)》のスウェットトップス

画像

画像

人気のスウェットシリーズのカラー別注で、意外にも今までなかったというホワイトをチョイス。従来の染色方法だと薬品にアクリルが反応を起こして黄色っぽくなってしまうところを、今回は特殊な薬品でトライし、キレイなホワイトに仕上げたのだそう!メンズはリブスウェット(¥22,000)とパーカー(¥26,000)。レディースはスウェットのリブをカットオフしたタイプ(¥22,000)とパーカー(¥26,000)。

 

 

《FilMelange(フィルメランジェ)》のカシミアボアコート&マフラー

画像

画像

原料・生地作りからこだわるこのブランドには、念願のカシミアボアをオーダー!一から制作したという素材には、中国の内モンゴル自治区のカシミア山羊の内側のうぶ毛のみを使用。独特なぬめり、絹のような光沢と格段な肌触り、そして優れた保温性が特徴。トグルなどのパーツにも選りすぐった、軽量で優秀なコート(¥280,000)に仕立てています。合わせて、コートと同じ生地を贅沢に使ったマフラー(¥18,000)も登場です。

 

 

《IMAGINAIRE(イマジネール)》のチェック柄ワンピース&ベルト

画像

画像

2017年にコレクションラインをローンチした同ブランドは、洗練されたシンプルで上質なデザインをベースに、遊び心をプラスしたスタイルを提案しています。別注のワンピース(¥38,000)は、インラインのキレイなシルエットで、生地の載せ替えやポケット位置など、細かいディテールを変更したのだそう。デイリーに活躍しそうで、着るとすっと背筋が伸びるところもすてき!ワンピースによく似合う別売りのベルト(¥28,000)も一緒に揃えたい。

 

 

《JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)》のローファー

画像

Jalan Sriwijayaは、インドネシア発のシューズブランド。2008年の発売以来、現在では希少な製法となっているハンドソーンウェルテッド製法を採用しながら、優れたコストパフォーマンスで人気なのです。レディースでの支持も徐々に増えて、代表モデルのビットローファー(¥34,000)と、発売以来人気のメンズローファー(¥34,000)を、ともに型押しレザーで。程よく存在感があり、意外といろいろなテイストにマッチします。

 

 

《SCYE(サイ)》のダブルブレザー&デニムスラックス

画像

画像

ブランド定番のダブルブレザーをベースに、上質で光沢感のあるウールを素材に選び、ボタンはすべてゴールドをチョイス。裏地は、バーニッシュのイメージカラーであるバーガンディーで、アイビーになりすぎない上品なブレザー(¥70,000)はユニセックス仕様。デニムを用いたスラックス(¥24,000)は、センターのタックを外してグレーディングにも手を加えた逸品です。程よく抜け感もある、キレイなスラックスはぜひ試してみたい!

 

 

《Tricker’s(トリッカーズ)》の刺しゅう入りスリッポン

画像

ブランドのコレクションではレザーのカントリーシューズが多い中、ちょっと違った存在感を持ったスリッポン「Churchill」。アルバートスリッパとも呼ばれるこのシューズは、19世紀中盤~後半のイギリスの絶頂期に君臨した、ヴィクトリア女王の夫君のアルバート公が室内履き用のシューズとして愛用していました。アッパーの刺しゅうは、イギリスを彷彿とさせるモチーフから変更して、今回はウエスタン調なデザインに。¥65,000

 

《WESTOVERALLS(ウエストオーバーオールズ)》のデニムジャケット&パンツ

画像

2017年とデビューから間もないブランドながらも、すぐにファンを増やし、今ではデニムブランドとしての人気を不動のものに!今回はデニムパンツの801Sのストレートタイプ(¥22,000)と、877Zのデニムジャッケット(¥32,000)のそれぞれのポケット部分にハラコを用いたモデルが登場。ハラコがいいアクセントになりつつ、長く愛用できるデザインなので、デニムとともにエイジングも楽しめます。

 

 

《YOUNG & OLSEN(ヤング&オルセン)》×

《OUTDOOR Products(アウトドアプロダクツ)》のウエストポーチ

画像

小さいながらもできる範囲で、できるかぎり良いと思えるものを、ゆっくり、確かに作っていきたいというデザイナーの気持ちが込められたYOUNG & OLSEN。このブランドが別注するOUTDOOR productsのウエストポーチに、U.S.NAVYのオリジナルデジタルカモフラージュ柄を配しています。引き続き人気のウエストポーチは他にないデザインで差をつけたい!使い勝手の良いサイズも相まっていつでもどんなスタイリングにも◎。¥9,500

 

 

「Burnish」

住所:東京都渋谷区西原3-5-4

時間:11:00-20:00

定休日:毎週月曜日(月祭日の場合 火曜日定休)

TEL:03-3468-0152

WEB:www.gmt-tokyo.com/shopsite/

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    FUDGEなどの4誌によるお洒落...
  • サムネイル
    PR
    kinokoちゃんと行く!インテ...
  • サムネイル
    Vol.04 冬の新定番アウター、...
  • サムネイル
    今月からFUDGE ONLINEに参加...
  • サムネイル
    “セットアップ”ガールの着ま...
MORE MORE
サムネイル
FUDGEなどの4誌によるお洒落を五感で楽しめるイベント「Holiday Circus 2018」、当日のレポートを動画でも公開!!
サムネイル
PR
kinokoちゃんと行く!インテリアとしても重宝する今話題のフレグランスブランド《ジョンズブレンド》の期間限定ストアへ
サムネイル
Vol.04 冬の新定番アウター、進化系ダウンのすすめ。
サムネイル
今月からFUDGE ONLINEに参加の新ブランドをご紹介!
サムネイル
“セットアップ”ガールの着まわし31days「フレッシュなオレンジスカートで春を先取り」
サムネイル
お仕事にもプライベートにも持ち歩きたくなる、《i ro se(イロセ)》のドキュメントバッグ
サムネイル
manipuri(マニプリ)のスカーフがiPhoneケースに
サムネイル
RMKから早くも春夏コレクションが到着!キーワードは“カラフルなドット”
サムネイル
アウターのレイヤードとゆるいイラストのバッグが技あり!
サムネイル
【it! BRAND LIST】頼もしいMY定番になりえる、老舗ブランド《ムーンスター》のスニーカー
サムネイル
パリジェンヌが手がけた植物由来のネイルポリッシュ、《manucurist》のナチュラルネイルカラー《green》が豊富に揃うポップアップストアへ
サムネイル
差し色は“赤”がパリジェンヌのお気に入り
サムネイル
Vol.04 PART 3 ダウンの正解○、不正解×。
サムネイル
おしゃれ感を格上げするなら、ボブ派もミディ派も”波打ちウェーブ”に注目!
サムネイル
心地の良い時間を過ごせる目黒川のリバーサイドカフェ「HUIT」
サムネイル
冬にもピリリと引き立つバイカラーがすてき!《DELFONICS(デルフォニックス)》の新作「ビコロール」シリーズ
サムネイル
品のあるスタイルに昇華してくれる、《A.P.C.(アー・ペー・セー)》のバレエシューズ
サムネイル
“セットアップ”ガールの着まわし31days「ハッピーニューイヤー! 新年はセットアップでキリッと。」
サムネイル
逆にキュートに見えるメンズライクなモノトーン主義
サムネイル
PASS THE BATON GALLERY で「有田焼」「波佐見焼」の和食器のデッドストック品を蔵出した「陶器市」を開催

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。