FASHION

日に日に涼しくなり、秋も深まるこの頃。夏から秋へと服装をシフトチェンジする今の時期、やっぱり新しい洋服を迎え入れたくなりませんか?そんな季節の変わり目におすすめしたいホットなニュースが到着しました!

今回は、《BEAMS BOY(ビームス ボーイ)》から登場した《DICKIES(ディッキーズ)》と《orSlow(オアスロウ)》の新作別注アイテムをお届けします。

 

シンプルでありながらディテールにこだわった《DICKIES》の別注ワークウェア

1922年にアメリカ合衆国テキサス州で生まれたワークカジュアルブランド《DICKIES》。丈夫で汚れにくく、ワークシーンには欠かせない存在として性別関係なく世界中から愛されてきました。

毎シーズン《BEAMS BOY》が大切にしているカテゴリーの一つである「ワーク」をテーマに、《DICKIES》の別注アイテムが今シーズンも登場!今回は、オールインワンとワークジャケットの2アイテムがラインナップしています。

 

オーバーサイズが今っぽい。長いシーズン活躍する万能オールインワン

80年代のオールインワンをベースに、当時にはないルーズなサイジングへとアップデートし今っぽさを加えた一着。ヴィンテージ感のあるジップやポケットのディテールは、忠実に再現した本格仕様となっています。袖を腰に巻いて着用しやすいように、腰紐を通したのもポイント。その際に、ネック部分のタグが上を向いて見えるよう、通常とは上下逆向きにタグをつけるユニークなアレンジを施すなど、両ブランドのこだわりが感じられるオールインワンになっています。

また、通年着用しやすいライトな生地を採用。長いシーズンで、さまざまなスタイリングが楽しめる万能アイテムは重宝すること間違いなし。

 

All-in-one/DICKIES×BEAMS BOY ¥28600
Blouse/BEAMS BOY ¥17380
Baseball Cap/NEW ERA®×BEAMS BOY ¥4950
Down Jacket/SIERRA DESIGNS×BEAMS BOY ¥39600
Socks/BEAMS BOY ¥1100
Shoes/stylist’s own

日常のスタイルにもマッチするライトグレーのカラーが使い勝手も抜群。写真のコーディネートのように、ワークテイストとは対照的な小花柄のブラウスや付け襟を合わせて、甘さをミックスしたスタイルを楽しむのもグッド。着回し自在なオールインワンは、自己流のアレンジを加えておしゃれ上級者な着こなしにも挑戦してみて。

 

DICKIES×BEAMS BOY ¥28600

 

重ね着力も抜群な、ビッグシルエットをAラインで綺麗に仕上げたジップアップパーカー

ワークジャケットは、過去のアーカイブをベースにしたジップアップパーカー仕様を提案。かなり大きなビッグシルエットが特徴ですが、身幅に対して袖口はバランスよく見えるよう《BEAMS BOY》流にアレンジしているのがポイント。ほどよく肉感のあるダック生地にデザインを変更しつつ、裏地をなくすことで、軽く羽織ることのできる一枚仕立てになっています。

また、アーカイブにはないダブルジップ仕様にしたことや、ハリのある生地も相まって、広い身幅がより引き立つAラインのシルエットになっています。

 

Work Jacket/DICKIES×BEAMS BOY ¥24200
Mohair Cardigan/BEAMS BOY ¥15180
T-shirt/WAREHOUSE×BEAMS BOY ¥6930
Plaid Skirt/BEAMS BOY ¥15180
Ear Cap/BEAMS BOY ¥4510
Knit Scarf/HIGHLAND TWEED ¥4950
Knit Scarf/HIGHLAND TWEED ¥4950
Knit Gloves/INFIELDER DESIGN×BEAMS BOY ¥4620
Pins,Sneakers/stylist’s own

ビッグシルエットだから、ニットやパーカーなど重ね着も楽しめて、冬先まで着こなせるワークジャケット。写真のように秋らしいチェックのスカートと合わせれば、遊び心のあるカジュアルなトラッドスタイルの完成。

 

DICKIES×BEAMS BOY ¥24200
カラー:ブラウン、ネイビー

 

 

ファッションの歴史が垣間見えるヴィンテージを再現した《orSlow》の3種類のオーバーオール

「(or)originality」のある服を「Slow」吟味しもの創りをするブランド《orSlow》。19~20世紀に誕生したワーク・ミリタリーをベースに、《orSlow》のフィルターを通してヴィンテージ感のある独特な風合いを加えオリジナルでデザインしているブランドです。

今回は、《BEAMS BOY》には欠かせないアイテムのひとつ、「オーバーオール」に焦点を当てたコレクションを《orSlow》で別注制作しました。

 

ヴィンテージのオーバーオールをベースに40, 50, 90年代と年代別に3型作成し、それぞれの年代に合わせたディテールや生地感に落とし込んでデザイン。また年代別でシルエットを変化させることで、よりそれぞれの特徴が活き、遊び心が溢れるアイテムに仕上がっています。

 

Overalls/orSlow×BEAMS BOY ¥35200
Striped T-shirt /BEAMS BOY ¥8580
Hair Accessories *each item/BEAMS BOY ¥3960
Tote Bag(Mini)/L.L.Bean × BEAMS BOY ¥9900
Sneakers/stylist’s own

また、オーバーオールは、背面のデザインによって年代やブランドが表現されていることが多いのが特徴。40年代のオーバーオールは背面の無いタイプが多いのに対し、今回制作した50年代と90年代の背面デザインが似ているのは、50年代から90年代にかけてデザインが大きく変わっていないことが理由です。縫製の難しいオーバーオールは、素材や付属、縫い糸、ディテールなどの細かい部分に変化をつけ、年代によって移り変わるデザインが楽しめるのが魅力です。

 

ペンキのついた風合いや色褪せが魅力的

40年代のヴィンテージのオーバーオールを忠実に再現した一着。ユーズド感や履きこんで柔らかくなった生地感、自然に飛び散ったペンキの雰囲気もヴィンテージのものと見間違えるような再現度の高いアイテムです。また、30~40年代に多く見られるドーナッツ釦や黒のラッカーのスナップ釦を使用したのも年代を感じさせるデザインの一つ。また、胸元ポケットをなくし、すっきりとしたバックスタイルもヴィンテージのディテールを踏襲しています。

ベースとなる元ネタが女性向けに作られたからなのか、ジャストなサイズ感ながら腰位置が高く、着た時にスッキリとスタイルアップして見えるので、シャツやブーツなどと合わせたクールなコーディネートとも相性抜群。

 

orSlow×BEAMS BOY / ¥37400

 

胸元にあしらわれた2つの異なるポケットが可愛いアクセントに

50年代のヴィンテージのオーバーオールを元に作製し、50年代のデニムの生地感に近い生地をセレクト。今回のコレクションで2番目に古いので、洗いはワンウォッシュの加工感にしているのが特徴。ポケットワークは、50年代のディテールによくみられる2ポケット仕様を採用し、左右違う形状なのもワンポイントアクセントになっています。

また、強度を上げる為、生地裏に補強のパイピングを施した珍しいディテールにもご注目。程良いルーズ感のあるオーバーサイズで、オーバーオールらしく取り入れやすい一着となっています。他の2つより濃いめのインディゴブルーなので、着た時にすっきりとした印象に仕上げてくれます。

 

orSlow×BEAMS BOY / ¥34100

 

90年代のダボっとしたビッグシルエットを再現

90年代の大きなサイズのデッドストックをベースに製作。生地はノンウォッシュのリジット生地を使用してデッドストック感を再現しています。胸元の大きいワンポケットも90年代のオーバーオールに多く見られるディテールです。

シルエットはあえてメンズの大きなサイズを元にしてビッグに作り、それに合わせて一部釦を大きくモディファイしてバランス良く仕上げています。また、身幅が広く開きが大きいのでサイドを深くして安心して履けるようなデザインにするなど、細部にまで気を遣ったデザインが嬉しいポイント。

ダボっとしたビッグサイズなので、中のトップスにはピタッとしたタートルネックやニットを合わせて、シルエットにメリハリをつけて着こなして!

 

orSlow×BEAMS BOY / ¥35200

 

オーバーオールに合わせたバッグもお揃いでいかが?

それぞれの年代のオーバーオールに合わせた、ポケットディテール、生地を採用したバッグも制作。単品使いはもちろん、オーバーオールとセットでコーディネート出来るスペシャルなコレクションが完成しました。

orSlow×BEAMS BOY(写真下から順に40年代、50年代、90年代モデル)
40年代 ¥8910
50年代 ¥7920
90年代 ¥10450

 

 

映画の中のスタイリングからヒントを得たスタイルブックをプレゼント

今回紹介した《BEAMS BOY》のルックは、「E.T.」や「フラッシュダンス」といった映画からヒントを得てコーディネートされています。

今までにも映画のファッションからコーディネートのヒントを得てきた《BEAMS BOY》が、1980年代の青春映画やキッズ映画を中心としたオールタイムフェイバリットフィルムの中から、ベーシックアイテムをどう着こなすか?というアイデアを教えてくれる作品を選び、スタイリング例を並べた冊子を制作しました。

アイテムの合わせ方や、色の使い方を教えてくれる、このスペシャルな冊子『BOY’S FILM BOOK』が9月17日(土)から《BEAMS BOY》でノベルティとして配布がスタート!今回発売する《DICKIES》と《orSlow》の別注アイテムと合わせて、ノベルティのスタイルブックも逃さずにゲットしよう!

 

配布条件

BEAMS各店舗※1 および BEAMS公式オンラインショップ※2 にて、《BEAMS BOY》の商品を下記金額以上ご購入いただいたお客さまに、本コンテンツを1冊の本に収めた『BOY’S FILM BOOK』を先着でプレゼントします。数には限りがございますので、予めご了承ください。

※1 BEAMS各店舗:《BEAMS BOY》の商品を税込10000円以上ご購入のお客さま。

※2 BEAMS公式オンラインショップ:《BEAMS BOY》の商品を1点口で税込15000円以上ご購入のお客さま。尚、セール商品、アウトレット商品、予約商品は対象外です。

 

 

お問い合わせ:ビームス ボーイ原宿

TEL:03-5770-5550

 

特設ページはこちら☞ https://www.beams.co.jp/special/beamsboy/22aw/

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    【がま口バッグと6つのお手本...
  • サムネイル
    PR
    パリジェンヌが教えてくれた...
  • サムネイル
    PR
    雨の日もハッピー!おしゃれ...
  • サムネイル
    PR
    20周年を迎えた傘ブランド《W...
  • サムネイル
    PR
    父の日ギフトの準備はOK?《...
MORE MORE
サムネイル
PR
【がま口バッグと6つのお手本コーデ】今買いたいのは《ウィークエンド マックスマーラ》の“パスティチーノ”
サムネイル
PR
パリジェンヌが教えてくれた、新ブランド《イー バイ アイヴァン》の魅力
サムネイル
PR
雨の日もハッピー!おしゃれなあの子の愛車はやっぱり《DAMD》だね。
サムネイル
PR
20周年を迎えた傘ブランド《Wpc.》がイメージキャラクターに女優・南沙良を起用!服に似合うおしゃれな傘 4選もチェック
サムネイル
PR
父の日ギフトの準備はOK?《ポール & ジョー》とお父さんを訪ねるパリの旅
サムネイル
PR
ヴィンテージライクでお洒落なバッグ13選。韓国発・レザーブランド《トゥティエ》はもうチェックした?
サムネイル
PR
ハンサムレディなあの子と《グレゴリー》のバッグ
サムネイル
初夏に着たい大人カジュアルなデニムコーデ5選【マイスタンダードブック まとめ】
サムネイル
美容師が認める市販シャンプー15選!ドラッグストアで買える本当に良いシャンプーはどれ?
サムネイル
デニムワイドパンツ×ゆるっとサイズがちょうど良い!こなれコーデ10選
サムネイル
築50年以上の団地とは思えないお部屋も!おしゃれすぎる築古物件インテリア3選
サムネイル
ニューバランスのスニーカー選びで迷うなら「327」で決まり!コーデ3選
サムネイル
何だかんだ単色ネイルが1番可愛い!この夏トライしたいワンカラーネイル【ささやかですてきなもの 大谷有紀 vol.190】
サムネイル
5月の“ストライプシャツワンピース”お手本コーデ10選。1枚で着てもレイヤードしてもよし!
サムネイル
子育てママの愛車はSUV!アクティブさと可愛さを兼ね備えた《LAND ROVER》のディフェンダーって?【マイカーと一緒にどこまでも。vol.2】
サムネイル
賃貸に見えない、無理せず気分の上がる暮らし。2LDK・51㎡の四人暮らしインテリア 【私らしく暮らす】
サムネイル
春夏デニムは王道のブルーが一番良い!マネしたい着こなし15選
サムネイル
「あんこ好き」の紳士が手土産に推す、東京のおすすめ和菓子4選。Part2
サムネイル
【簡単】スニーカーの紐の結び目をおしゃれに隠す上手な結び方・通し方3選

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。