CULTURE & LIFE

楽曲の中毒性、演奏の力、そしてヴォーカルの魅力。グリムスパンキーに惹かれる理由はいくつもあるけれど、FUDGEは眩しいほど若い彼らに「スタイルがある」ことに、激しく惹かれているんです。11月21日に4thアルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』をリリースしたばかりの彼らを、そのスタイルの源流を求めてスペシャル解剖してみます。

 

01_アートワークの素のモト

彼らの地元、長野県でこだわりのセレクトショップを営んでいるという、松尾さんのお父さん。こちらはその父上が「フレンチ・コレクション」と名付けたスクラップブック。「カルチャーの先生はもう完全に父なんですよ」という松尾さん。セルジュ・ゲンズブールやジャック・タチがメガフォンをとった、往時の映画のパンフレットなどがぎっしりファイルされています。ライブの演出やCD制作にあたってのイメージを掻き立てるティップスとして、繰り返し捲っている大切なファイル。

 

こちらも松尾さんが「父から勝手に(笑)」譲り受けたもの。映画評論をはじめ多ジャンルで活躍し時代をリードした植草甚一。「音楽も文学もアートもファッションも、全部入っている植草甚一のコラージュ作品のパワーに、震えるほど影響を受けています。サイケな書体にも影響を受けています」という松尾さん。他にも、澁澤龍彦(写真は、やっと譲り受けた父の宝物『血と薔薇』)や金子光晴のアンダーグラウンドな表現に、時代を超えて憧れを抱いているのだそう。映画のパンフレットは、旧ソ連の映画監督セルゲイ・パラジャーノフの『ざくろの色』のパンフレット。偶然に「実家で発掘して(笑)。強烈な色彩美とグロを極めた表現に心酔した」のだそう。

 

ボロボロになるほど読み込んでいる一冊、稲垣足穂 著『一千一秒物語』。失くさないように、いつでも読めるように、自宅に数冊ストックがあるというほどの松尾さんの愛読書。「幼稚園児の頃、稲垣足穂に影響を受けた作品というテーマの読み聞かせの会があったんです。ずっと忘れていたけれど、高校生になったある日、この本が机に置かれていて、『いま改めて読むといいんじゃない?』と父に薦められて読んでみたら…! 幼い頃の記憶がフラッシュバックして、一気に幻想文学の世界に魅せられていったんです」。

 

松尾「めっちゃいいのできた、聴いて聴いて!って亀が最初に言ってきて」
亀本「ただギター弾きながら、レミさんが好きなように歌って、そのまま曲になったね」
松尾「いま一番、自分が言いたかったことなんだろうね」

『LOOKING FOR THE MAGIC』収録「TV Show」にふれて

 

 

02_ワタシ的、名品アンド逸品

松尾レミの場合_服:
「破れては縫い、破れては繕いを繰り返して、愛用し続けています」というお気に入りのコートたち。ボタンを全部とめて、ワンピースのように着こなす日もあるのだそう。とくに中央の赤いチェックのコートは、学生時代から大事にしている思い出の品で、60年代のPENDLETON。

 

名古屋の古着屋〈THE OTHER〉で購入したワンピースは、サイケな総柄ももちろん、キッチュなボタンがツボ。上京する際に父親からプレゼントされたベレー帽は「ほどよく浅さが、モッサリせずにスッキリ被れてお気に入り。同じようなフォルムのベレー帽をずーっと探しているけど、今だに見つからないベストofベストのシルエット」とのこと。

 

亀本寛貴の場合_服:
左:亀本さんも古着好き。「全身が新品だけだと、決まりすぎるような気がして…。古着と混ぜて着た方が、ヤサグレ感も出て好きなんです」という。通りすがりの古着屋で見つけたという、ピンク・フロイドと刺繍されたスカジャン。「これを着ていると必ずといっていいほど、ピンク・フロイドじゃん!って話しかけられて、音楽の話になるんです。僕にとってのコミュニケーション・ツールかも」
右:「なんでもないような古着屋というよりガラクタ屋のような店で見つけました」という、ヴィンテージのSchottの革ジャン。懐かしさを感じさせるフリンジも大のお気に入りなのだそう。

 

松尾レミの場合_靴:
左:川越にある工房「Atelier KUBUKA」で、木型からオリジナルでつくったストラップシューズ。初の武道館ライブの前につくってもらったという、一生モノの大切な靴。
右:学生の頃から愛し続けて、これが4代目というDr.Martensのメリージェーン。この靴に白タイツ、タートルネック、ベレー帽の取り合わせが、学生時代から変わらないユニフォーム!

 

亀本寛貴の場合_靴:
初の武道館公演の際に、松尾さんと一緒につくってもらった一足。「Atelier KUBUKA」の手になる、美しいフォルムのサイドゴアブーツ。革靴作りの90%以上の工程をハンドクラフトで行う「九分仕立て製法」で、一足ずつ丁寧な靴作りをしているAtelier KUBUKAの靴は、「本当に一生大事にする特別な靴です」。

 

 

◎新アルバムの特別インタビューは、絶賛発売中「FUDGE 12月号」をチェックしてくださいね!

GLIM SPANKY 4th ALBUM
『LOOKING FOR THE MAGIC』

<収録曲>
1. 4 Dimensional Desert
2. Love Is There
3. TV Show
4. ハートが冷める前に
5. The Flowers
6. In the air
7. 愚か者たち
8. Hello Sunshine
9. All Of Us
10. To The Music
11. Looking For The Magic

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    《新宿ミロード × FUDGE》大...
  • サムネイル
    PR
    agnès b. SPECIAL SNAP NO.07
  • サムネイル
    「ホリデーサーカス 2019」出...
  • サムネイル
    FUDGEがおすすめ!おしゃれス...
  • サムネイル
    ”オトナの部活動”はじめます...
MORE MORE
サムネイル
《新宿ミロード × FUDGE》大好評のコラボイベントが今年も開催!世界中から集められた“遊園地のおみやげ”のプレゼントも
サムネイル
PR
agnès b. SPECIAL SNAP NO.07
サムネイル
「ホリデーサーカス 2019」出演アーティストが決定! Helsinki Lambda Club / 羊文学 塩塚モエカ / 蓮沼執太・U-zhaan / ANTENA
サムネイル
FUDGEがおすすめ!おしゃれスニーカー8選
サムネイル
”オトナの部活動”はじめます。ポーラ美術館にて読者限定イベントを開催!
サムネイル
シャツ+プリーツスカートをゆるく着こなす【“ルーズ”な彼女の着まわし31days】
サムネイル
秋の夜長に聴きたい!プレイリストを《The Wisely Brothers》がセレクト【火曜日のプレイリスト】
サムネイル
FUDGE×apres la pluieのコラボアクセで上級な秋冬お洒落スタイルにアップデート♪
サムネイル
郵便受けのように開く、《アニヤ・ハインドマーチ》のポストボックスバッグ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
〜秋色コレクションで作るレトロメイク〜 秋色コンビ!ブルー×ブラウン【メイクアップティップス】
サムネイル
甘めのブラウスにチョーカーが気分。ピンストライプのボトムで引きしめて
サムネイル
パイ?それともサンドウィッチ?好きなメニューが選べるアフタヌーンティーを、ロンドンのこだわりの空間で
サムネイル
Vol.13 PART 2 ずっと大切に着たい世界のチープシックアイテム
サムネイル
《 GU(ジーユー) 》のプチプラアイテムでできるマニッシュコーディネート。【FUDGENA SPECIALIST:kinokoのボーイズスタイルvol.5】
サムネイル
夏の終わりが恋しい!映画3作品 【土曜日のシネマサロン】
サムネイル
風景を吸う《無印良品 銀座 MUJI BOOKS》 【前田エマの東京ぐるり】
サムネイル
台湾と言えば夜市!おすすめ絶品ごはんをご紹介。【週末アジア:台湾編】
サムネイル
うぶバングがポイントのモードなカチューシャアレンジ from ガーデン オモテサンドウ【ヘアレシピ ストーリーズ】
サムネイル
ヴィンテージのシャツで個性を出して。制服のエプロンもコーデの一部
サムネイル
好きな歌 カナコさんの話 新連載【誰かの話 ~ラジオと火星人とコーヒーフロート篇~】

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。