CULTURE & LIFE

連載「週末アジア」は、アジアに精通している女性たちが、おしゃれなショップやカフェ、おすすめスポット、旬のニュースなどをピックアップして、まだまだ知られていないアジアの魅力をお伝えしていきます。いますぐに旅立つことはできないけれど、また旅ができる日々を楽しみに。

 

 

忠烈祠は、台湾日本統治時代の台灣護國神社跡地に1969年に建てられた、
国に忠義を尽くした烈士を追悼したり、政府が祭典を行うための場所です。

海外旅行の観光の名物に多い「衛兵交代」。
台北で見られるのは、中正紀念堂、國父紀念館と、ここ忠烈祠で、
忠烈祠では毎日1時間おきに衛兵交代が行われていて、
それがあまりに、見事なのです。

 

 

忠烈祠の入り口には大門があり、その奥に大殿があります。

衛兵は大門と大殿を往復し、ところどころでパフォーマンスをしつつ交代するのですが、
大門と大殿をつなぐ広場にはまっすぐな行進跡がくっきりと残っていて、力強さを感じます。

 

 

先頭の人は引率者。残りの4人のうち、2人が大殿、2人が大門へ配置されます。
5人で隊列を組み、大門から6キロもある銃を背負って
ゆっくりかつしっかりと行進していきます。

 

 

いい音を出しながら、一糸乱れぬ行進。
大門から大殿まで続く5本線(太いのは3本)は、この衛兵交代によってついた跡。

陸軍、海軍、空軍が半年ごとに交代しているそうで、見分け方は制服の色。
陸軍は深緑色、海軍は夏服が白で冬服が黒、空軍は青色ということで、
この日見たのは空軍ということになります。

 

 

大殿へ着くと、銃をくるくる回したりするパフォーマンス。
動作も音も2人ピタリと合っていて、迫力があって美しくてうっとり見入ってしまいました。
(ayacoのブログに動画がありますので宜しかったらご覧ください!)

 

 

1回の交代に要する時間は30分弱。
つまり、交代し終わった30分後にまた始まる、ということ!
見学した日は気温が40℃にもなろうかという猛暑日で、
しっかりと着込んで微動だにしない衛兵たちからは、強靭な体力と精神力を感じました。

 

見学の仕方を、管理している方(かつて衛兵をされていた方)に伺うと
忠烈祠内は食事(飴ガム含む)禁止。
(脱水にならないために水分は目立たないようにして摂りましょう)

「衛兵に触れたり邪魔をしなければ、進路に入って写真を撮っても大丈夫だよ」とのことだったので、
かなり先回りをして正面からささっと撮影して邪魔にならないよう心がけました。

 

 

衛兵にはみんな志願しているそうで、なるには厳しい条件をクリアしなくてはなりません。
高卒以上で犯罪歴がなくて、身長は178cm〜195cm、体重65kgプラマイ1kg。
さらに兵役中に軍から推薦を受けなくてはならない上に、
元衛兵さん曰く「容姿のチェックもある」とのこと。
本当にエリートしかなれないんですね。

 

観光地にはそれほど興味ないayacoでしたが、
忠烈祠は台湾に行くたびに行きたいスポットになりました。

 

ここ忠烈祠は政府が国家の祭典を行い、忠義の精神を表彰し、
国のために殉難した烈士を追悼するところ。
1945年第二次世界大戦終戦後、植民地時代の日本の神道信仰の痕跡をなくすため
名称を「護国神社」から「忠烈祠」と改めました。
辛亥革命や抗日戦争などで国のために亡くなった約33万人の英霊が祭られていて、抗日烈士も奉納されています。

ここを見なくては忠烈祠が存在する本当の目的がわからないままになってしまうので、衛兵交代だけではなく、ぜひ大殿周辺もしっかり見学していきましょう。
日本語での説明もあるので目を通してみてください!

 

夏場に訪れる際には日差し・熱中症対策をお忘れなく。

 

 

「国民革命忠烈祠」

住所:台北市中山區北安路139號
TEL:02-2885-4162

OPEN:9:00〜17:00(無料)
衛兵交代は1回目が9:00から。以降1時間おきに行われます(大変!)
最後の衛兵交代は16:40開始。
3月29日の青年節と9月3日の軍人節は半日のみの解放となるのでご注意を。

CLOSE:3月28日、9月2日は上記の式典準備のため、非解放です。
※コロナ禍以前の情報ですので、最新の情報をご確認の上ご訪問ください。

行き方:
MRT圓山から(1番出口を出る)→タクシーだと5分、バスだと12分
MRT大直から(1番出口を出る)→タクシーだと4分、バスだと10分

 

 

text:ayaco

台湾を第二の故郷として愛しているハンコ作家。行く時は旅のテーマを決めてちょっとロングステイをし、台湾の新しい魅力探しを楽しんでいる。
著書にはクラフト本として「ayacoのはんこノート」「ayacoの手帖のつくりかた」(共にワニブックス)があり、台湾旅行記として「台湾のたびしおり」「もっと!台湾のたびしおり」(共にワニブックス)「ayacoの台湾みやげ話」(幻冬舎)、「ayacoの台湾あいうえお」(朝日新聞出版)がある。

Blog 「台湾のたびしおり」https://heppy.exblog.jp
Blog「ハンコ作家ayacoのブログ」https://inayaco.exblog.jp
Instagram @ayaco_hanco

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    《スカーゲン》のペアウォッ...
  • サムネイル
    PR
    冬の本命アウターは《ナンガ...
  • サムネイル
    PR
    マフラーとクラムチャウダー...
  • サムネイル
    PR
    わたしの偏愛サムマイルウエ...
  • サムネイル
    PR
    《アネモネ》テーパードフー...
MORE MORE
サムネイル
PR
《スカーゲン》のペアウォッチと一緒に。いましかない大切な時間を刻む
サムネイル
PR
冬の本命アウターは《ナンガ》のダウンに決まり!タイプ別お洒落な着こなし3選
サムネイル
PR
マフラーとクラムチャウダー【スープと彼女のストーリー vol.1】
サムネイル
PR
わたしの偏愛サムマイルウエアは仏生まれの《ルコックスポルティフ》
サムネイル
PR
《アネモネ》テーパードフープピアスのスタイルレッスン
サムネイル
PR
菊池亜希子さん 冬の着こなしと《ルート》のバッグ3選
サムネイル
PR
今日は何着る?冬の始まりを感じる《無印良品》の“きほん服”【気温別コーデ】
サムネイル
PR
《タイオン》のダウンアイテムが主役! 冬のおすすめ防寒コーディネート3選
サムネイル
PR
《ビューティフルピープル》を纏う贅沢な日常。
サムネイル
PR
頼りになるのは《エーグル》のアウター
サムネイル
PR
ふわもこの《VANS(ヴァンズ)》スニーカーと、6つの違い
サムネイル
PR
栄養満点スープと普段の仕事のおはなし。【FUDGENA SPECIALIST:kinoko × 野菜をMOTTO】
サムネイル
PR
冬のアウターはこれで決まり!《ケープハイツ》のアウターと出掛ける、TOKYO巡り
サムネイル
PR
はじめてのベレーは、時代を超えて愛され続ける《ロレール》の「カンパン」を指名して!
サムネイル
オリジナルブレンドをお届けする新企画「FUDGEコーヒー便」vol.3 FINETIME COFFEE ROASTERS受注販売スタート
サムネイル
《ADAM ET ROPE’》の着心地抜群なベーシックなベスト&カーディガンをFUDGEが特別にオーダー
サムネイル
【FUDGE FRIEND】1000人以上の中から選ばれた7人のオフィシャルガール、遂に決定!!
サムネイル
FUDGE オフィシャルキャラクターが誕生!! 愛嬌たっぷりなシロクマの“ファージー”
サムネイル
リノベーション団地で植物のある暮らしを楽しむ私が買ってよかった、3つのアイテム #myfavorites
サムネイル
【2022】黒髪ボブをもう幼いなんて言わせない!美容師が教える最新垢抜けポイント5つ

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。