CULTURE & LIFE

連載「週末アジア」は、アジアに精通している女性たちが、おしゃれなショップやカフェ、おすすめスポット、旬のニュースなどをピックアップして、まだまだ知られていないアジアの魅力をお伝えしていきます。週末にぷらっと行ける距離だから、今すぐ旅に出たくなっちゃうかも!?

 

 

はじめまして。

今回から週末アジアのバンコク編を担当することになりましたdii bangkokです。

 

タイと言えば、スパイシーなタイ料理や大量のバイクなど、

「ザ・東南アジア」のにぎやかな街並みを想像される方が多いかもしれません。

 

もちろん、そんな古き良きタイの風景も残る一方、

バンコクではフォトジェニックなカフェやショップが毎週あちこちでオープンし、話題に事欠きません。

 

あまり日本では伝えられていないデザインシティ・バンコクの素敵なスポットを、

現地在住者の視点でご紹介していきたいと思います!

 

 

今回ご紹介するのは、

バンコクのアーリーという地区にあるユニークなコンセプトホテル「JOSH HOTEL」について。

2017年末のオープン以来、SNSでクチコミが広まり世界中からゲストが集まる人気のデザインホテルです。

 

 

映画好きの方なら、このサインや外観の雰囲気から

「まるでウェス・アンダーソンの映画の世界!」とワクワクしてしまうはず。

 

元々古いホステルだった18世紀の建物をリノベーションし、

Mr. JOSHという架空の人物のライフスタイルをイメージしたインテリアが特徴。

オーナーの一人がインテリアデザイナーということもあり、隅々まで現代的なセンスが光っています。

 

 

オーナーの一人でコンセプトデザイナーのYiwaさんにお話を伺いました。

タイ国際航空でのキャリアを経て不動産業界へ。

カフェやコンドミニアムのコンセプトデザインを多数手がけられています。

 

 

「この建物が18世紀に作られたものだとわかり、その時代を生きた男性のライフスタイルというコンセプトが湧いてきました。Mr.JOSHは50代のプレイボーイ。若い頃は冒険好きだった彼の、旅への憧憬をイメージしています。
Mr.JOSHの名前は3人のオーナーのイニシャルから「J」「O」「S」の一文字を取り、「H」はホテル。私は”Journey Of Someone”とも捉えられると思っています」(Yiwaさん)

 

 

ホテルのデザインを象徴するレトロモダンなプールエリア。

現地のアパレルブランドのロケ場所としてもよく使われている、とてもフォトジェニックなプールです。

 

 

アイスクリームスタンドやビーチウェアを扱うセレクトショップ

「Sunbath and Pool Only」も併設しています。

どこを切り取っても絵になるセンスはさすが。

 

 

ホテルの宿泊客が利用できるシアタールームまで完備しているのはびっくり。

全てカップルシートになっています。

 

 

客室の中はかなりコンパクトなので、ひとり旅か仲のいい友人、カップルでの利用がおすすめ。

シックな色調とセンスの良い家具でコーディネートされています。

一泊一室1,500バーツ前後(約5,250円)からと、デザインホテルなのに利用しやすいお値段も魅力です。

 

 

こんなドレッシングスペースにときめかないはずがありませんよね。

ミニマルだけど女性の心をぎゅっと掴むツボを心得ています。

さすが、Mr.JOSHは伊達にプレイボーイではありません(笑)。

 

 

メインダイニングの「Marigold」では、

タイの人気リゾート地サムイ島をイメージした南タイ料理を提供しています。

 

 

シーフードを贅沢に使った料理にはスパイスとハーブがたっぷりと添えられています。

2〜3人でシェアして食べるのに十分なボリュームで満足感があります。

 

Yiwaさんのおすすめは、野菜とハーブがたっぷりのシーフードカノムチン。

素麺のようなタイの発酵米麺にクリーミーなカレーソースをかけていただきます。

ヘルシーでとっても上品な味わいの、ランチにぴったりな一皿!

 

 

「ホテルのあるアーリーは、カフェや小さな雑貨屋が多く街歩きが楽しいチャーミングなエリア。街のあちこちにあるストリートアートも見どころです。バンコクの人々のリアルなライフスタイルを垣間見られるこのエリアから、様々な流行が生まれています」(Yiwaさん)

 

ACE HOTELやThe Hoxtonのような、ローカルコミュニティとも融合した

「ライフスタイル型ホテル」は世界的なトレンドになっています。

 

タイでもそんなライフスタイル型ホテルを根付かせたい、というオーナーの情熱から生まれた「JOSH HOTEL」。

観光スポットを巡るのではなく、現地に暮らすような旅のスタイルがお好みの方にはとても居心地がいいはずです。

ぜひ、次のバンコク旅行の候補に加えてみてはいかがですか?

 

JOSH HOTEL

19/2 Phaholyothin Road, Soi Ari 4 (Nua),
Phayathai, Phayathai, Bangkok, Thailand 10400
http://www.joshhotel.com/

 

 

 

text & photographs:dii bangkok

東京で20年間女性誌やWEBメディアの編集者としてファッション、フード、トラベル記事を多数執筆。2019年よりバンコク在住。写真と動画でバンコクの最新トレンドを伝えるビジュアルシティガイド「dii bangkok」をスタート。

Instagram:@dotsloop
WEB:https://dii-bangkok.com/

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    《スカーゲン》のペアウォッ...
  • サムネイル
    PR
    冬の本命アウターは《ナンガ...
  • サムネイル
    PR
    マフラーとクラムチャウダー...
  • サムネイル
    PR
    わたしの偏愛サムマイルウエ...
  • サムネイル
    PR
    《アネモネ》テーパードフー...
MORE MORE
サムネイル
PR
《スカーゲン》のペアウォッチと一緒に。いましかない大切な時間を刻む
サムネイル
PR
冬の本命アウターは《ナンガ》のダウンに決まり!タイプ別お洒落な着こなし3選
サムネイル
PR
マフラーとクラムチャウダー【スープと彼女のストーリー vol.1】
サムネイル
PR
わたしの偏愛サムマイルウエアは仏生まれの《ルコックスポルティフ》
サムネイル
PR
《アネモネ》テーパードフープピアスのスタイルレッスン
サムネイル
PR
菊池亜希子さん 冬の着こなしと《ルート》のバッグ3選
サムネイル
PR
今日は何着る?冬の始まりを感じる《無印良品》の“きほん服”【気温別コーデ】
サムネイル
PR
《タイオン》のダウンアイテムが主役! 冬のおすすめ防寒コーディネート3選
サムネイル
PR
《ビューティフルピープル》を纏う贅沢な日常。
サムネイル
PR
頼りになるのは《エーグル》のアウター
サムネイル
PR
ふわもこの《VANS(ヴァンズ)》スニーカーと、6つの違い
サムネイル
PR
栄養満点スープと普段の仕事のおはなし。【FUDGENA SPECIALIST:kinoko × 野菜をMOTTO】
サムネイル
PR
冬のアウターはこれで決まり!《ケープハイツ》のアウターと出掛ける、TOKYO巡り
サムネイル
PR
はじめてのベレーは、時代を超えて愛され続ける《ロレール》の「カンパン」を指名して!
サムネイル
オリジナルブレンドをお届けする新企画「FUDGEコーヒー便」vol.3 FINETIME COFFEE ROASTERS受注販売スタート
サムネイル
《ADAM ET ROPE’》の着心地抜群なベーシックなベスト&カーディガンをFUDGEが特別にオーダー
サムネイル
【FUDGE FRIEND】1000人以上の中から選ばれた7人のオフィシャルガール、遂に決定!!
サムネイル
FUDGE オフィシャルキャラクターが誕生!! 愛嬌たっぷりなシロクマの“ファージー”
サムネイル
リノベーション団地で植物のある暮らしを楽しむ私が買ってよかった、3つのアイテム #myfavorites
サムネイル
【2022】黒髪ボブをもう幼いなんて言わせない!美容師が教える最新垢抜けポイント5つ

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。