CULTURE & LIFE

毎週テーマに合わせて、「アーティスト」が選曲したプレイリスト、いつの時代も色褪せない「名盤」、そして注目の「新曲」をお届けする、連載《火曜日のプレイリスト》。

12月末から紹介してきた、ガールズバンドTAWINGS(トーイングス)。今回は1stアルバム「TAWINGS」についてインタビューをお届け!そして「真冬になると聴きたい曲」をテーマにベースのeliyさんがセレクトしてくれました!前回はこちら

 

《TAWINGS》Cony Plankton(中:vo,g)、eliy(右:ba)、Yurika(左:dr)

 

2016年にバンドを結成して以降、レモン・ツウィッグスやハインズなど様々な海外のバンドと共演。ガレージ・ロックやポスト・パンク、ニュー・ウェイヴを吸収したスタイリッシュなサウンドで注目を集めてきたTAWINGS(トーングス)が、遂にファースト・アルバム『TAWINGS』を完成させた。一音一音にこだわり、時には虫の大群と闘って(!?)作り上げたアルバムについて、メンバーの3人、Cony Plankton(ヴォーカル、ギター)、 eliy (ベース) 、Yurika(ドラム)に話を訊いた。

 

例えばダムダム・ガールズみたいな、ガールズバンドを作りたかった。

ーーレコード・ショップで働いていたConyさんとeliyさんが出会ったことが、バンド結成のきっかけだそうですね。

 

Cony「二人ともバイトで、同い年で、音楽の趣味があったんですよ。新譜が出たりすると〈これ良いな〉って思うものが同じで

 

Yurika「私はConyと共通の友達がいて、結婚式の三次会でConyと同じテーブルだったんです。その時に〈女性ドラマーを探しているんだけど〉っていう話を聞いて〈ここにいるよ〉って(笑)。それまで私は〈おいしいはなし〉っていうバンドをやってたんですけど、やめたところだったんです」

 

Cony「私とeliyは高校の軽音で楽器を弾いてたくらいで、ちゃんとバンドを組んだのはTAWINGSが初めてでした」

 

ーー女性ドラマーを探していた、ということは、ガールズ・バンドがやりたかった?

 

Cony「そうですね。ガールズ・バンドって可愛いし、すごく気になる存在だったんですよ。私はピューロ・インスティクトとかダムダム・ガールズみたいなバンドが好きだったんですけど、そういうバンドが日本にいなくて。」

 

eliy「アクティヴに活動しているガールズ・バンドっていなかったよね」

 

Cony「だから、3人が〈こんなバンドがいたら良いな〉って思うようなバンドをやろうと思ったんです。最初はガレージ・ロックっぽかったんですけど、そこにポスト・パンクの要素を入れたりして、スタイリッシュなサウンドにできないかって試行錯誤していました」

 

 

みんなでアイデアを出しながら、理想の形に

ーー1stシングル「Listerine/Dad Cry」が7インチ。2ndシングル「Invisible/UTM」がカセットと、作品の見せ方やデザインにもこだわっていますよね。

 

Cony「自分たちと感覚が近い人にスムースに届くように、見せ方はかなり研究しましたね。デザインは信頼している友達のデザイナーに頼んでいるし、『TAWINGS』のアートワークはほとんどeliyが考えました」

 

eliy「みんなでアイデアを出し合いながら理想の形にしていったんです。先行シングルの〈水仙〉のミュージック・ビデオも私が監督しました。どんなビデオにしたいのか、アイデアがあってみんなに提案したら〈良いんじゃない〉って言ってくれて。頭の中でイメージしたものができて良かったです」

 

 

ーーDIY精神を大切にしているんですね。『TAWINGS』はバンドにとって初めてのアルバムですが、とくにこだわったことはありますか?

 

Cony「初めてアルバムなので、いろんな人に聴いてもらえるように良い意味で音を洗練させたっていうのはありますね。これまで自分たちがやってきたニッチでこだわりが強い音楽と、ポピュラー・ミュージックの中間をいくようなバランスの良い音楽になったと思います」

 

ーー「水仙」「Statice」あたりはポップでメロディーが際立つ曲になっていますね。

 

Cony「その2曲のメロディーを考えた時って、癒されたい気持ちだったので体にしみ込むようなきれいなメロディーを意識したんです。特に〈水仙〉は亡くなったおばあちゃんを追悼する曲で、天国に届けるつもりで作ったメロディーなんです」

 

ーーその一方で、エレクトロ・パンクな「POODLES」はガーリーなポップさが爆発しています。

 

Cony「〈プードルは可愛い!と思う気持ちだけで衝動的に作った曲なんです。最強のポップ・ソングにしようと思って、いろんなサンプリングを入れたり、シタールみたいな面白い音をいっぱい詰め込みました。」

 

Yurika「山のてっぺんで歌を録ったよね」

 

Cony「そうそう。みんなで大声で叫んで録音したけど、蝉の声とか入ってて結局使わなかった。〈Statice〉も自然のなかで録ったら面白いかもしれないと思って、一人で軽井沢の森の中で歌って録音してたら、ありえないくらい口の中に虫が入ってきてダメだった(笑)」

 

Yurika「電話で〈虫が!虫が!〉って叫んでた(笑)」

 

ーーいろんなことに挑戦しているですね。

 

Cony「3人っていうミニマルな編成なんで、〈いかにひとつひとつの音を面白い音にするか?〉というところには、すごくこだわってますね

 

Yurika「1曲ごとにドラムのチューニングを変えたりしているし、妥協は一切しなかったです。〈微妙かも〉って思った時は思い切ってやり方を変えたし」

 

ーー2月14日にリリース・パーティが予定されていますが、どんなものになりそうですか?

Cony「かなりカッコつけると思います(笑)。これからはライヴをパワーアップして、世界に通用するものにしていきたいと思っていて。そのためには、これまで以上に多くのお客さんに楽しんでもらえるようなライヴにしたいと思っているので、ぜひ遊びに来てほしいですね」

 

 

TAWINGS 1st Album Release Party ”Chocotto Love”

日時:2月14日(金)

場所:www

チケット発売中!こちらをチェック

 

TAWINGSTAWINGS

 

真冬になると聴きたい曲

 

《TAWINGS(トーイングス)》ベースの eliy さんが「真冬になると聴きたい曲」をテーマにプレイリストを教えてくれました!

《TAWINGS》Cony Plankton(右:vo,g)、eliy(左:ba)、Yurika(中:dr)

select: Prefab Sprout 『The Mystery of Love』

ジャケットが星空っていうこともあって、寒い夜空の下で聴きたくなる【choose:TAWINGS eliy】

「この曲は『アンドロメダ・ハイツ』という中期の作品の1曲で、プリファブの中でも最もロマンチックなアルバムなんですよね。落ち着きがあるのに胸がときめく大好きなアルバムです。綺麗なメロディーとハーモニーが印象的で、まさにジャケットのようなキラキラした寒空の下で聴きたくなる。冬に部屋で聴いているといろんな情景が浮かんで、外に飛び出したくなります。」

 

photograh_Kobayashi Mariko

《TAWINGS》Cony Plankton(vo,g)、eliy(ba)、Yurika(dr)。2016年結成の3人組バンド。ガレージ、ポストパンク、ニューウェーブなど様々な要素を飲み込んだサウンドで、東京を拠点に活動。17年に1stシングル「Listerine/Dad Cry」を7インチでリリース、その後18年に2ndシングル「Invisible/UTM」をカセットでリリース。The Lemon Twigs、Hinds、Japanese Breakfastなど多くの海外アーティストのサポートを務め、18年のSXSWに出演、初の海外公演を行った。19年10月15日にLuby Sparksとの共同企画「Dreamtopia」をWWWで開催。19年12月に1stアルバム「TAWINGS」をリリース。

「真冬になると聴きたい曲」をテーマに、いつの時代も色褪せない「名盤」をお届け!

select:PIZZICATO ONE『バンバン』

ジャジーな歌が、静かな冬の日にそっと寄り添ってくれる

元ピチカート・ファイヴの小西康陽のソロ・プロジェクト、ピチカート・ワン。ファースト・アルバム『11のとても悲しい歌』は、マリーナ・ショウ、マイア・ヒラサワ、マルコス・ヴァーリなど、曲ごとにシンガーをフィーチャーして洋楽の名曲をカヴァー。DJとしても活躍する小西の選曲センスと洗練されたアレンジが光るアルバムだ。まるで1曲1曲が短編映画のような本作が冬に聴きたくなるのは、ジャケットが雪景色だから、だけじゃない。タイトルどおり、アルバムには親密でセンチメンタルなムードが漂っていて、静かな冬の日に部屋でひとりで聴くにはぴったり。なんだか切ない気持ちになっても、アコースティックなサウンドで奏でられるジャジーな歌が静かに寄り添ってくれる。


FUDGE.jpが「Pick up」する、注目のアーティストの新譜を紹介!

select:Lauv『Tattoos Together』

次世代ポップスターの甘い歌声をチェック

NY大学在学中に発表したシングル「The Other」で注目を集め、デビューしてからヒットシングルを連発。チャーリーXCXをはじめ様々なアーティストに曲を提供したり、フィーチャーリング・シンガーとして招かれるなど、次世代ポップスターとして人気のラウヴ。3月に待望のファースト・アルバムが予定されているなかで、先行シングル曲「Tattoos Together」がリリースされた。弾むようなビート、キャッチーなメロディー、そして、甘い歌声が組み合わさったシンプルなポップ・ソングに仕上がっていて、その軽やかさが魅力。ミュージカル映画仕立てのビデオも楽しくて、ラウヴいわく「これまでのビデオのなかでもとくにお気に入り」だとか。

 

▼MVもチェック

2020年3月6日にデビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』が発売!お見逃しなく。


 

text_Murao Yasuo

Design_Koinuma Kenichi

edit_Takehara Shizuka

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    品よく日常着と暮らしに寄り...
  • サムネイル
    PR
    毎日をアクティブに、体に優...
  • サムネイル
    PR
    雨の日も素敵なわたしでいら...
  • サムネイル
    PR
    みちくさガールと《ハーベス...
  • サムネイル
    PR
    気分に合わせて毎日のように...
MORE MORE
サムネイル
PR
品よく日常着と暮らしに寄り添う《les bon bon(ル ボンボン)》のアクセサリー
サムネイル
PR
毎日をアクティブに、体に優しくフィットする 《ミレスト》のメッセンジャー
サムネイル
PR
雨の日も素敵なわたしでいられる、《ビコーズ》のレイングッズ
サムネイル
PR
みちくさガールと《ハーベスティ》
サムネイル
PR
気分に合わせて毎日のように楽しめる!《サキュウ》のデニムが、初夏の相棒
サムネイル
PR
どんなシーンにも寄り添ってくれる。《マベン ウォッチズ》の洗練された腕時計
サムネイル
PR
コーヒーラバーな彼女と《マスターピース》のバッグ
サムネイル
PR
《フレッドペリー》の初夏を感じる爽やかな装い。 WANNA BE A SHARP GIRL FRED PERRY
サムネイル
PR
都会派ガールの偏愛サンダル。《シャカ》で日常の装いに特別感を!
サムネイル
PR
雨の日を彩る色、《エーグル》の色。 WEAR THE FAVORITE COLOR WITH AIGLE!
サムネイル
PR
《ニトリ》で演出する ベーシックだけど夏らしいお部屋
サムネイル
PR
《アヴィレックス》でシックなストリートガールに変身
サムネイル
PR
《ミディウミ》が描く、心地よい季節。
サムネイル
PR
春風に舞う《POU DOU DOU(プードゥドゥ)》の服
サムネイル
PR
《ロレール》のベレー帽が主役!春のフレンチスタイル。
サムネイル
PR
春の風に優しく揺れる、リネンの素材感を堪能して《MPストア》
サムネイル
PR
フレッドペリーのグッドガールな春カジュアル。 《FRED PERRY》 WANNA BE A SHARP GIRL
サムネイル
PR
《センスオブプレイス》で見つけた、可憐で爽やかな春の服
サムネイル
#FUDGE足もと倶楽部 出かけたくなったらしたい足もとコーデ、投稿してみて!
サムネイル
薄力粉でもスコーン作り【自炊派ふつうちゃんのホームメイド日和|vol.2】

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。