CULTURE & LIFE

 

移民大国であるカナダ。世界中から集まってきた素敵なヴィンテージアイテムをうまく調和させた、1Kの一人暮らしのお部屋を拝見しました。

 

大きな窓からの眺めを楽しむ1K

カナダで暮らしていらっしゃる may さん。お住まいは、38㎡の1K+DENのお部屋です。

 

大きな窓からの眺めがとても良いお部屋。大きなベッド、ソファ、お仕事用のデスクとダイニングテーブルを置いていらっしゃいます。「窓辺に食事をしたり仕事をするスペースを設けて、いつでも外の美しい景色が楽しめるように配置してます。遠くに山々が見えるのがとても嬉しいです」

 

IKEAのデイベッドに自分で作ったカバーをかけてソファがわりに。部屋が狭く見えないように、ベースはホワイトやスモーキーピンクなどの明るく淡い色を使い、壁にも余白を残すようにされています。

 

キッチンは料理が効率よくできるように動線や収納を最優先。カトラリー入れなどはヴィンテージで、好きなものがいつでも目に入るように。収集されているヴィンテージのティーカップはケーキスタンドを利用してディスプレイ兼収納に。

 

エリアごとにテーマを変えているという may さん。バスルームは気分転換できるよう、思いきりカラフルな子供部屋のようなイメージに。ヴィンテージの刺繍画や雑貨がたくさん飾られています。

 

日本のようなクロス貼りの壁ではないため、ペンキの塗り替えや釘で棚をつけたりも比較的自由にできるカナダのお部屋。may さんのお部屋でも、自分の好きな場所に棚をつけて壁を自由に飾られていました。

 

作品を隠さずに飾れるクリアの棚板をつけたギャラリーウォール。ヴィンテージの絵やお皿、モダンアートを、下のラックにはヴィンテージのランプや花瓶を飾っていらっしゃいます。

 

仕事に集中できるように机の上はすっきりと。シェルフをつけて、アートや雑貨を飾れるようにしたワークスペース。ヴィンテージのクラッチバックやデスクライトが華を添えています。

 

一切収納のなかった玄関も、シューズボックスや鏡、コートラックなどを自分で設置されました。

 

世界中から集まったヴィンテージのアイテムを譲り受け、DIYで好みに作り替える

お話を伺っていてとても面白いな、と思ったのは、カナダでは、家具やインテリア雑貨は、ウェブサイトでやりとりをして近所の人から買ったり譲ってもらうことも多いということ。日本とは違ってネットショッピングがあまり発達していないため、ウェブサイトでやりとりをして、近所の人から譲ってもらった方が早いし、ユニークなものに巡り合えるんだそうです。

ヴィンテージのアイテムが大好きで日本にいた時からも集めていたという may さん。移民大国でもあるカナダでは、世界中からヴィンテージの家具やインテリア雑貨が集まってくるのだそうで、may さんのお部屋にも、そうやって譲り受けた素敵なアイテムがたくさんあります。

 

印象的なお花のウォールアートは、近所に住むデザイナーの方から安く譲ってもらったもの。

 

ダイニングテーブルに合わせたヴィンテージチェアは、ユーゴスラビア産でとても座り心地が良いのだそう。透明のゴーストチェアと合わせて圧迫感のない軽やかな感じに。ゴーストチェアの足はシルバーだったものをゴールドに自分で塗り替えています。

 

「ナチュラルやモダン、エスニックやアートなど、色々なテイストを混ぜて、自分らしい安らげる部屋作りを心がけています。一見合わなそうに見える雑貨や家具も、“自分の好みである”という共通点を信じ、調和させるようにトライしてます」

 

部屋には「好きなものしか絶対に置かない」のがルール。色が合わないと思ったら塗り替えて調和を取るなど、自分で好みに作り替えながら、素敵なお部屋をつくられています。

 

寝室には友人から譲り受けたチーク材の棚。流木のランプはフランス人アーティストのトーマスさんのもの。壁にかけられた Inhale Exhale(吸う / 吐く)のウォールアートはカナダのカリグラファーによる手書きのハンドメイド。

 

世界中から集まった、ストーリーがある素敵なアイテムに囲まれて。ときにはDIYもしながら「好き」をうまく調和させた、魅力の詰まったお部屋でした。

 

mayさんのInstagramアカウントはこちら(@sukinamonotachi_to_kurashi

 

text : Miha Tamura / photo : @sukinamonotachi_to_kurashi

 

*

出典: goodroom journal 

記事提供元:リノベーション・デザイナーズ賃貸 goodroom(グッドルーム)

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。

インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

おしゃれ賃貸サイト・アプリ goodroom

https://www.goodrooms.jp/

goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom journal 暮らしの実例

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=101

*

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    FUDGE オフィシャルキャラク...
  • サムネイル
    PR
    《ビクター》のイヤホンと彼...
  • サムネイル
    PR
    『私がG-SHOCKを愛する理由』...
  • サムネイル
    PR
    在原みゆ紀と編集部が試して...
  • サムネイル
    PR
    Tシャツと合う!《Zoff(ゾフ)...
MORE MORE
サムネイル
FUDGE オフィシャルキャラクターが誕生!! 愛嬌たっぷりなシロクマの“ファージー”
サムネイル
PR
《ビクター》のイヤホンと彼女の心地いい毎日。
サムネイル
PR
『私がG-SHOCKを愛する理由』-自分らしいスタイルを持った女性の《G-SHOCK》のあるライフスタイル-
サムネイル
PR
在原みゆ紀と編集部が試してみた!《レノボ Yoga》の白いカーボンはどこにでも持ち歩きたくなる
サムネイル
PR
Tシャツと合う!《Zoff(ゾフ)》のサングラスで夏を楽しもう
サムネイル
PR
カラーやタイプ別でクローゼットに加えたい!《キーン》人気モデルの新色がお目見え
サムネイル
PR
FUDGENAが選ぶ“父の日ギフト”-シンプルライクなお父さんに、ちょっと差がつく《CK(カルバン・クライン)》を贈ろう!
サムネイル
PR
レンジで1分、《野菜をMOTTO》のスープは忙しいkinokoちゃんも毎日・朝昼夜いつでも飲みたい!!
サムネイル
PR
簡単おしゃれなスカーフタイを!レトロシックな柄が魅力的な《ロバートフレイザー》が提案する、新しい時代のネックウエアを添えてスタイルアップ
サムネイル
PR
FUDGEガールに大人気!《マッキントッシュ フィロソフィー グレーラベル》初夏のはじまりに買うべき3アイテムをチェック!
サムネイル
PR
スター美容師4人がリコメンド!トレンドメイク×ファッションにも似合う最旬ヘアカラー見本帳
サムネイル
PR
《コンバース》別注ロゴTでつくる、ボトムス別おすすめコーデ3選
サムネイル
PR
初夏は《チャコ》のコンフォータブルなサンダルで軽快にアウトドアミックスを楽しもう!
サムネイル
PR
ACTIVE CITY GIRL with GREGORY アクティブガールと《グレゴリー》の3ルール
サムネイル
PR
LOVELY SUMMER OF Libra Cue 夏の主役アイテム、1・2・3
サムネイル
PR
今欲しいのはハーフジップTとワイドデニム!《ミュエータ》の春夏新作
サムネイル
PR
シーン別/《 UNIQLO(ユニクロ)》で楽しむ、おしゃれなファミリーコーデ
サムネイル
PR
“おしゃれ顔”に仕上げてくれるメガネ、《モスコット》の新作に注目!! 定番アイウェアモデル「ZEV」から初の日本限定カラーが発売
サムネイル
PR
ノスタルジックに彩る《ナル》のカラーパレット
サムネイル
次にくるショートヘアスタイル、次に選びたいデニムパンツを一挙公開! 人気記事ランキング TOP5【5/30〜6/5】

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。