CULTURE & LIFE

『FUDGE』vol.196(2019年10月号)ロンドンガール特集(ちなみに発売中の最新号 vol.197・11月号は、アウター特集です!)と連動して、FUDGE.jpでは9月から10月にかけて、ロンドンをはじめとする英国のトピックスをたっぷりとお届けしていきます。

定番の観光地も良いけれど、せっかくならFUDGEガールらしいロンドン観光はいかが?ただ、ロンドンには気になるお店がたくさんあるからきっと迷ってしまうはず。なので今回は、ロンドンならではの個性的でディープなお店を選んでみました!

 

Word On The Water  ワード・オン・ザ・ウォーター

一隻のカナルボートがつくるエンターテインメント。穏やかな運河に浮かぶこの船はなんとブックショップ。8年前からこのカナルボートで始まった〈ワードオンザウォーター〉では、ノンフィクションや小説、古本が並ぶ。船内では、今日より明日がもっと良いお店になるようにと努力を怠らないオーナーの愛が感じられる。

ニット¥17000/Crystal Knitwear(エリオポール代官山)、パンツ¥49000/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越)、ストール¥62000/Johnstons(ヴァルカナイズ・ロンドン)、スニーカー¥7000/CONVERSE(コンバースインフォメー ションセンター)、メガネ¥37000/OLIVERPEOPLES(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ¥15800/BRADY(ビショップ)

 

船内の棚にもびっしりと本が並ぶ様子に胸が高鳴る。新書は週に1度、古本は毎日入荷されるので、飽きることなく何度も訪れたくなる。

 

ボートの上がステージになっており、毎月最後の金曜日にはジャズと詩をコラボレーションさせたパフォーマンスを行うなど、常にお客さんを楽しませてくれる。

 

address:Regent ‘s Cana l Towpath,King s Cross ,London N1C 4LW
open:12:00〜19:00
tel:+44-79-7688- 6982
web:www.facebook.com/wordonthewater/

 

 

Conservatory Archives  コンサバトリー・アーカイブス

元々数学の博士号だったというオーナーが誕生させたというから驚き。約100種類もある植物が所狭しと詰められた店内では、可愛い小さな鉢に植えられた観葉植物やサボテンも多く取り揃える。レストランやショップなどの飾り付け、撮影の貸し出しを行うなど様々な場所を緑で彩っている。

 

 

address:493- 495 Hackney Road London United Kingdom E2 9ED
open:12:00~19:00(TUE~FRI), 11:30~19:00(SAT&SUN)
tel:+44-77-8552-2762
web:www.conservatoryarchives.co.uk

 

 

Umit & Son  ウミット・アンド・サン

ガイドブックには載っていないマニアックな映画ショップ。1988年から続くここは、あらゆる名作映画や、古いカメラ、ビデオデッキなどを取り扱うちょっぴり変わったお店。映写師だった父の影響で8歳から技を教えてもらい、同じく映写師になったという名物店主のUmit。彼とディープな映画トークも楽しめそう。

 

タートル¥34000/JOHN SMEDLEY( リーミルズ エージェンシー)、ヴィンテージのスカーフ¥1740(ザブリスク)、スカート¥28000/Nigel Cabourn(アウターリミッツ)、バッグ¥36000/vere verto(カレンソロジー青山)、バ レエシューズ¥29000/A.P.C(アー・ペー・セー カスタマーサービス)

 

フィルム映画のリールが山のように積まれ、VHSやDVDが雑多に置かれた狭い店内は、映画好きにはたまらない空間

 

写真に映っている男性が店主のUmit。月に1度、チャッツワース・ロードでフィルムナイトを開催中。その時ピックアップした 名作を上映しているので、機会があればぜひ鑑賞してみて。

 

address:35 Lower Clapton Rd, Lower Clapton, E5
open:10:00~20:00(MON~SAT)
tel:+44-20-8985-1766

 

 

photograph_TANIGUCHI DAISUKE
styling_TAKAUE MINA
hair&make-up_YAMADA CHIHIRO
model_ISHTAR
coordination_YANAGIDA AIKO, SAKI

 

FUDGE vol.184  2018年10月号より

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    《ヘリーハンセン》のフリー...
  • サムネイル
    ローファー感覚できれいめに...
  • サムネイル
    存在感のあるツイードコート...
  • サムネイル
    パステルカラーのワンピース...
  • サムネイル
    【FUDGE ONLINE】2019人気ア...
MORE MORE
サムネイル
PR
《ヘリーハンセン》のフリースであったか冬コーデ
サムネイル
ローファー感覚できれいめに履きたい《オニツカタイガー》のオールブラックスニーカー【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
存在感のあるツイードコートに負けない無骨なブーツ
サムネイル
パステルカラーのワンピースとスカートをレイヤード【“パステル”ガールの着まわし31days】
サムネイル
【FUDGE ONLINE】2019人気アイテムベスト10
サムネイル
少ない荷物ですっきり暮らす収納ルールまとめ…シンプルに暮らす秘訣【プチDIY女子達のお部屋案内】
サムネイル
チークを今っぽく仕上げたい…大人なディープレッドチークでキュートに
サムネイル
《靴磨きのススメ。》新年スタートはお気に入りに感謝を込めて!【 FUDGENA:ピンコのジェントルガールへの道vol.5】
サムネイル
男女兼用で使える《i ro se(イロセ)》の財布。ミニマルデザインと実用性
サムネイル
ボーイズなコーディネートにはチェックマフラーで可愛さをオン
サムネイル
FUDGE.jpが選ぶ、お気に入りコスメ2019!メイクアップ編【メイクアップティップス】
サムネイル
タイの国民的フルーツ!パイナップル専門のレストランがオープン【週末アジア:バンコク編】
サムネイル
冬の白スタイルに春色グリーンが効く! 《A.P.C.》のアイコニックなショルダーバッグ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
まわりと差のつく、ワンランク上のダブルお団子アレンジ from ケイト オモテサンドウ【ヘアレシピ ストーリーズ】
サムネイル
レッドを1点投入してパッと目を引くアクセントを!
サムネイル
Vol.17 PART 1 好きなあの子と、銀ぶらナイトデート。
サムネイル
パッと目を引くキルトスカートを主役に【“パステル”ガールの着まわし31days】
サムネイル
シンプルなステンカラーコートに柄ソックスでワンポイント
サムネイル
明日への活力になる映画3作品 【土曜日のシネマサロン】
サムネイル
FUDGE流「黒ワンピース」の着こなし方10選

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。