CULTURE & LIFE

私は「事」を簡単に始める癖があります。
もちろん、こちらで⾔うところの「out of blue(=唐突に)」というわけでもないのです。⾃分の中ではいろんな理由がきちんと繋がっているのです。

帰国の時に友達を訪ねて、駅を降りた瞬間に恋に落ちてしまった尾道の⼩さなオンボロ古⺠家のリノベが、去年の11⽉に終わりました。

photo: Rika Ishii

ロンドンからは直⾏便で約12時間、時差8時間(冬は9時間!)も離れている尾道の家に想いを馳せながら、現場で頑張ってくださっていた建築⼠さんやビルダーさんと毎⽇のようにメッセージのやり取りをして出来上がった家は、
綺麗なラインで⼩さな空間を切り取った、とてもシンプルで居⼼地のいい家に仕上がっていました。

ライトやコンセントカバー、スイッチボード、家電に始まり、⼤⼩の家具はロンドンの家で夜な夜なラップトップに向かいオンラインショッピングをして揃えました。

photo: Shuya Aoyama

こだわれるところにはこだわるけれど、こだわれないところにはこだわらないという⼩さな予算でのリノベでした。

私が最初に建築⼠の⻘⼭さんにお願いしたのは、防⾍、防ヘビでした。
尾道の坂の麓、しかも家の後ろは⽯垣という環境ですので、きっととても難しい注⽂だったと思います。

そして次に、ウォシュレットにしてほしいということでした。
ロンドンに暮らしていて帰国の時に楽しみにしているのは、綺麗なトイレにウォシュレット、それと夜中のコンビニのはしごなんです。

最後に、家をなるべくオープンにしてほしいということ、特に⼀階にあるダイニングルームは⼤きなテーブルを置いていろんな⼈が集まれる空間にしたいということでした。

「あとは、⻘⼭さん(建築⼠)、藤本さん(ビルダーさん)の⾊をどこかに確実に残してください」とリクエストをしました。

photo: Shuya Aoyama

いろんな⼈の縁で出来上がったこのアルコーブのハウスウォーミングでは、いろんな⼈にお祝いしてもらいました。みんなの笑顔が最⾼のご褒美でした。

 

「⽒神様を⾒つけて、そこの宮司さんとお話をし、古井戸のための⽔神様に来ていただけるようアレンジをしたよ」と、⽇本の⽂化、⾵習に詳しい友⼈のおかげで、無事に⽔神様をお迎えすることもできました。

photo: Shuya Aoyama

もともとローカルの神社の⽒⼦になるなんてこと考えもしなかったので、かなりエキサイティングでもありました。

アルコーブの⽒神様は、⾉神社さんです。⾉と書いて「うしとら」と読みます。
ここは1300年の歴史を持つ神社で、境内には、樹齢900年と⾔われる⼤きな⽊があります。
そして現在の宮司さんはとても優しい⼥性の⽅です。

いろんな⻆度から⾒ても、とても魅⼒的な⽒神様です。

リノベ中に⼤変ご迷惑をおかけしたと思われる壁つながりのお隣さんとも、⽞関前の⻑話の末、
「お昼⻝べた?まだだったらタコ飯作ったから⻝べる?」と声をかけてもらえるようになったり、
「明⽇の朝⼀緒にゴミ出しに⾏って⾊々と説明してあげるから」と朝7時にパジャマの上にコートを⽻織っただけの私をつれだしてくれたりも。

ご近所にはとても魅⼒的なコーヒーショップがあります。
カウンターに座って美味しいコーヒーを飲みながら、尾道のことを話してくださるオーナーさんとの時間はとても落ち着けて、来年はもっとお邪魔しよう!と思いました。

路地の⼊り⼝にある素敵なデザインスタジオさんも皆さんすごく気さくで、ご近所になれたことがとても嬉しかったり。

尾道には、優しいお店がたくさんあります。かまぼこの⽼舗、パンの美味しいお店、コーヒーの美味しいお店、⾃然派素材の物が揃うお店。

おしゃれな⾃転⾞がレンタルできるお店や、セレクトのこだわりを強く感じるクローズショップ、昔ながらの陶器屋さんや、デッドストックいっぱい!の器屋さん、⽂房具屋さんや、⼋百屋さん、酒屋さんも…とても親切です。

ふと、ロンドンのスタジオのご近所のようだなと思いました。
チーズ屋さん、お⾁屋さん、お⿂屋さん、⼋百屋さん、花屋さん、⼩さなカフェ、それぞれ個性があって、親切で、付かず離れずでお互いのことを思いやる関係です。

⼩さな路地の⼩さな家 アルコーブは、私たちがいない間はポップアップショップやギャラリー、ワークショップやミーティングの場として使ってもらうことになりそうです。
⺠泊も視野の中に⼊っているのですが、実は、すぐそばを⼀晩中、勢いよく貨物列⾞が⾛るのが判明したり、
路地の住⺠はお年寄りが多いので、ご近所の⽣活に邪魔をしないような⼼遣いも必要かと思ったりしているので、
しばらくは「不都合や条件を飲んでくださる、ご縁のある⽅」⽤だけの宿になりそうです。

もう30年以上の付き合いのある友達が、尾道に来てくれてアルコーブを訪ねてくれた後
「尾道に家を持つって、家が欲しいわけじゃないと感じたよ、⾃分の⼼の豊かさを叶える時代に⼀歩先に⾏ってるってことだね」とメッセージをくれました。

彼もまた尾道に恋に落ちた⼀⼈のようです。

 

yukari sweeney

 

 

 

◆こだわり女子のモノコトWebマガジン「PeLuLu」より

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    スタイリングを格上げする《...
  • サムネイル
    PR
    《マリメッコ》70周年アニバ...
  • サムネイル
    PR
    オーバーサイズが丁度良い!...
  • サムネイル
    PR
    私の毎日に“丁度いい服”。等...
  • サムネイル
    PR
    ダウンジャケットをはじめ、...
MORE MORE
サムネイル
PR
スタイリングを格上げする《リーガル》のトラッドシューズ
サムネイル
PR
《マリメッコ》70周年アニバーサリーイヤーを締めくくる、2021年秋冬コレクション「未来の風景」
サムネイル
PR
オーバーサイズが丁度良い!メンズライクな秋服を探すなら《ミュエータ》で決まり
サムネイル
PR
私の毎日に“丁度いい服”。等身大のワードローブがそろう《Last SAMPLE(ラストサンプル)》がこの秋デビュー!
サムネイル
PR
ダウンジャケットをはじめ、遊び心と実用性を兼ね備える《2 モンクレール 1952 ウーマン》の2021年秋冬コレクション。デザイナー、ヴェロニカ・レオーニのこだわり、サスティナブルやジェンダー平等への取り組みとは?
サムネイル
PR
FUDGEガールのヘアの悩みを一挙解決! Q:前髪のクセをおさえるアレンジを教えて【ヘアレシピストーリーズ × Moii】
サムネイル
PR
懐かしさが薫る《コンバース》のシューズで、秋のお洒落をアップデート
サムネイル
FUDGEの世界観をリアル体験できる!〈あべのハルカス近鉄本店〉に史上初のFUDGEショールームがオープン
サムネイル
「ホリデーサーカス 2021」第5回は初の名古屋開催! FUDGE、men’sFUDGE、ONKUL、kiitos.によるファッションイベント
サムネイル
『FUDGE』からチョコレートが初めまして! 数量限定で《CRAFT CHOCOLATE WORKS》とのコラボによる「コーヒーに合うチョコレート」「紅茶に合うチョコレート」が発売
サムネイル
FUDGE.jpを一緒に作る編集者を募集します!!
サムネイル
[ 黒髪ボブ ] を幼いなんて言わせない!美容師流アカ抜けポイント5つ
サムネイル
身につけるだけでオシャレ上級者なアクセサリー
サムネイル
サロペットスカートに抜け感を加えるヒールサンダル
サムネイル
《マーガレット・ハウエル》のゴールディなアクセサリーを3つ、これからの私のために。腕時計・ネックレス・ピアス【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
きらめくアーリーオータムスタイル [ 2021年秋 ] バッグ8選
サムネイル
ゴールドカラーを取り入れた、おしゃれなインテリア実例まとめ【教えて!グッドルーム】
サムネイル
マストバイ!ユニクロ新作ジーンズコーデ【FUDGENA SPECIALIST:宮崎葉のシンプルカジュアルの作り方 vol.3】
サムネイル
《マリメッコ》のお気に入りのワンピをきてこれからデート【本日のFUDGE GIRL-9月1日】
サムネイル
このTシャツ&ワンピースさえあれば、脱マンネリ!夏の終わりのおすすめコーデ7選

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。