CULTURE & LIFE

 

柔らかな世界観を纏った、misakiさんの作品の数々。もっともっと作品たちが持つストーリーを聞いてみたい、そんな気持ちにさせられる。彼女が生み出すパステルカラーのちいさなオブジェたちに、心を奪われっぱなしの日々になりそうだ。

 

 

ー 女性ならではの繊細な感性で、様々な美しいプロダクトを生み出す女性クリエイターたち。

連載【Creation by Ladies】では、そんな彼女たちの作品…そしてその作品に込められた想いや背景を紹介していきます。

今回は柔らかく繊細な世界観にぎゅっと心を掴まれる。

フェーヴ作家の misaki takeuchi さん。

 

 

” フェーヴ “をご存知だろうか。

フェーヴとは、フランスで1月に食べる伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」に入れる、陶器製の小さなオブジェのこと。オブジェと言ってもただのオブジェではない、小さな幸運のモチーフなのだ。日本でも近年、じわじわと認知度が高まりつつある。

 

 

ガレット・デ・ロワは元々、キリストの誕生を知った東方の三博士がお祝いを持って訪れた日 “エピファニー” の前後に食べるお祝いのお菓子。

フェーヴはフランス語で誕生の意味を持つ、「そら豆」の意。前述の通り、キリストの誕生を意味している。

フェーヴが登場する前は、本物の豆を入れていたそうだ。豆といえば冬至のシンボルで、春に成長する最初の野菜。

 

冬至と言えば1年で一番日が短くなる日だが、別の言い方をすればそれ以降は日照時間がどんどん長くなるということでもあり、光が世界に戻ってくる象徴でもあった。

きっといにしえの時代のフランス人たちは、長く厳しい冬を乗り越えてもうすぐ訪れる春への期待を、ちいさなフェーヴに託したことだろう。

 

 

ガレット・デ・ロワを家族や友人などと皆で切り分けて食べ、フェーヴが当たれば、その人が王様orお姫様!

紙の王冠を被って王様のように振る舞うことができ、その一年幸運が続くと言われている。

 

 

— 「お菓子を作ることが好きな母とカフェを営んでいました。

当時陶芸を学んでいた私は、ケーキの中にフェーヴという可愛らしい陶器のアイテムを入れるフランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」の存在を知り、自分で作ったオリジナルのフェーヴを入れたガレット・デ・ロワをお店の商品として企画してみたのがきっかけです。

その頃、日本でフェーヴの展示会などをやっていらっしゃるフェーヴ愛好家の磯谷佳江さんという方に出会い、展覧会にてフェーヴを販売し始めるようになりました。」

 

そう語るmisakiさん。

現在はブーランジュリー向けのオリジナルフェーヴの受注製作や、日本やフランスの展示会でフェーヴの販売を行っているほか、自身の店「Oeuf」で毎年テーマを持たせたガレット・デ・ロワを企画し、販売しているのだそう。

 

 

ー 「フェーヴを作る時は大抵、石膏の型を作り、そこに粘土を挟んで形を抜きます。とても小さいものなので細部が型でもうまく出ないことがあり、型から外した後、乾燥する前に細かい修正をします。壊してしまわないよう一番集中力が必要な作業です。」

 

 

ー 「マーガレットに金色のてんとう虫をあしらったモチーフのフェーヴで、私のお店Oeufの2018年度のガレットデロワに入れて販売しました。てんとう虫はヨーロッパでは幸運のモチーフのひとつで、一見マーガレットに見えながら、よく見るとてんとう虫という遊びを入れた作品です。日本の見立て(※ある物を、他のものになぞらえて表現する技法)のような感覚が好きで、過去にも薔薇と白鳥の姿を重ねたようなイメージのフェーヴも作っています。」

 

 

ー 「生の白い粘土の状態です。型から外してどんどん並べていくと、サイズ感からチョコレートやクッキーのように見えてきます。小さいものがたくさん並んでいく様子を見るのが好きでどんどん製作のテンションが上がってきます。型が綺麗に出来ていると嬉しいのもこの時!」

 

 

ー 「出来上がりはこちら!ガレット・デ・ロワをモチーフにしたフェーヴで、磯谷佳江さんが開催しているフェーヴ展のオリジナルフェーヴとして、その年のテーマだった”リボン”をデザインに取り入れて作った受注品です。ガレット・デ・ロワにリボンをかけたデザイン。」

 

 

ー 「名古屋のブーランジュリー・パティスリー、Le Plaisir du painさんの2017年のガレット・デ・ロワ用に受注製作したフェーヴです。4種のパンを組み合わせたデザイン。並べてみるとテキスタイル模様のように。

 

 

ー 「“小鳥の巣”。コトリ花店さんというお花屋さんの9周年の記念用に受注製作したフェーヴです。

お店から注文を受けるときはそのお店の雰囲気や店主さんの好みをできるだけ汲み取り、そこに溶け込めるような作品をイメージして作ります。このときは鳥の巣というご希望でしたので、小さな卵を優しく包み込む巣に、お花屋さんにちなんで小さなお花とコトリの羽を一枚あしらったデザインにしました。繊細で可憐、色を使っていても透明感のある花束のアレンジがとても印象に残ったのでフェーヴも透明感を大事にして色はつけませんでした。誕生を予感させる縁起の良いモチーフだと思います。

この作品は今まで製作した中で一番細かい細工を施しました。自分の製作のレベルを一つ上に上げてくれた大切な作品となりました。フランスでもフェーヴが好きな方が記念日にフェーヴを作ってもらうという話をよく聞きます。」

 

 

ー 「“精霊”。このフェーヴは立たせるとスカートの後ろの裾がふわっと浮いているデザインになっています。空気の中を踊るように漂う儚い姿をイメージして作りました。」

 

 

ー 「“胡桃リス”。2015年自身のお店Oeufのガレット・デ・ロワに入れたフェーヴです。

胡桃の殻の中に丸くうずくまっているリスの姿をイメージして作りました。裏にすると胡桃の殻になっています。

リスといえばどんぐりや胡桃など木の実を食べている姿が浮かびますが、そもそも本物の胡桃自体がすでにフェーヴのようなサイズ。この小さな殻の中にすっぽりとリスが収まっていたらとてつもなく可愛いのではないか、とある時ひらめいたのがきっかけです。

 

 

ー 「“花と遊ぶ”。アンティークのものからインスピレーションを受けて作った一点ものの作品シリーズの一つ。特定のものからインスピレーションを引き出して作ってみるという今までとは異なった発想方で取り組んでいます。

お花模様のレースから、そのモチーフと花に戯れる虫たちを連想して作りました。元となったアンティークの品と一緒に箱にセットして販売しています。」

 

 

ー 「風船、ネズミ、四葉のクローバーのフェーヴ。この三つは落とし込みを結構考えた作品。飛んでいる風船を描くのは簡単だけど立体で表現したらどうなるか、四葉のクローバーはフェーヴのモチーフでは定番中の定番なので、すでにいろんなデザインのものが出ている中でどうオリジナリティを出していくか悩みました。和菓子のようにシンプルだけど可愛い形が私の目指す理想です。また、お菓子の中に入れるものなので極端に細くて折れそうなデザインや高さがあってお菓子からはみ出してしまうようなデザインは避けます。」

 

 

ー 「こちらは“浅草ライヲン百貨店”というイベント向けに、『フェーヴの製作技術を活かしながら枠を超えて作品を作ろう』と思い製作した、陶器製ビーズのネックレスです。小さな花や葉のビーズを陶器で製作し、糸に編み込んで一連のネックレスに仕立てました。道端に咲いているような野草の小花が好きなので、そんなさりげない感じの雰囲気でリネンのワンピースなどに似合いそうなものをイメージして作りました。

 

 

 

ー 「こちらも番外編。花のビーズと帯留めの、焼成前の生の作品です。まだ釉薬を掛けていないので、形の輪郭がはっきりと浮かび上がるのでよく写真に撮って残しておくようにしています。

 

 

ー 「完成した帯留めです。上から鶉鳥。棗袋。帆立貝。古典モチーフですが、陶器独特の柔らかい雰囲気とパステルカラーで少し軽いイメージになるように仕上げています。

 

 

 

 

ー 「こちらはわずか高さ3センチほど(!)のガラスドームとセットになった陶器製ミニチュアのガレット・デ・ロワです。白いそら豆のフェーヴ、レーザーカットで加工したオリジナルの紙の王冠もこだわったポイント。」

柔らかな世界観を纏った、misakiさんの作品の数々。

 

その作品ひとつひとつに、あるいはそのひとつの中にも更に細かい部分まで、意味を持って考え抜かれてデザインされている。聞けば聞くほど、もっともっと作品たちが持つストーリーを聞いてみたい、そんな気持ちにさせられる。

 

彼女が生み出すパステルカラーのちいさなオブジェたちに、心を奪われっぱなしの日々になりそうだ。

 

Fèves en céramique (フェーヴ作家): misaki takeuchi

多摩美術大学でデザインを学んだのち、化粧品のパッケージデザイナーとしてデザイン事務所に所属。
陶芸は大学卒業後に勉強し、その後フリーランスになったのをきっかけに独自でフェーヴの製作と販売を開始。

2012〜2017年 My Charm 「フェーヴの世界展」
2019 Collectionneurs de feves des rois (パリ)

HP:https://misaki-feve-atelier.jimdo.com/

Instagram:https://www.instagram.com/misaki_takeuchi/

 

 

text:Shima Hirakawa

 

 

◆こだわり女子のモノコトWebマガジン「PeLuLu」より

 

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    《アヴィレックス》でモノト...
  • サムネイル
    PR
    人気セレクトショップ《クオ...
  • サムネイル
    PR
    AM9:00のデニムなあの子
  • サムネイル
    PR
    《グラミチ》のボトムスでつ...
  • サムネイル
    素敵な週末を、お気に入りの服と
MORE MORE
サムネイル
PR
《アヴィレックス》でモノトーンなミリタリーMIX
サムネイル
PR
人気セレクトショップ《クオリネスト》が提案する「快適」をまとったファッションとライフスタイル
サムネイル
PR
AM9:00のデニムなあの子
サムネイル
PR
《グラミチ》のボトムスでつくる 春のリラクシングスタイル
サムネイル
素敵な週末を、お気に入りの服と
サムネイル
本日発売!『FUDGE』2019年5月号は絶対! 上品ボーイッシュ宣言。お洒落な男の子を手本に、スタイルを楽しむヒントがぎゅっと詰め込まれた一冊です!
サムネイル
PR
w closet SPECIAL SNAP NO.10
サムネイル
PR
《イル ビゾンテ》と《ミズノ》の夢のコラボレーションが実現!モノづくりへのこだわりが詰まった伝説モデルのスニーカー
サムネイル
PR
もうチェックした?春コーデをアップデートする《ビーバー》と人気ブランドのスペシャルコラボ
サムネイル
Vol.08 シティガールのための、アウトドアMIXスタイル。
サムネイル
《FUDGE ×Riie》のiPhoneケースでスマートフォンも春仕様にチェンジ!
サムネイル
“ワーク”ガールの着まわし30days「清涼感のあるブルーを味方に」
サムネイル
カジュアルにもモードにも決まるラフミディで垢抜け顔に。from ローブ アオヤマ【ヘアレシピ ストーリーズ】
サムネイル
チラリと見える赤がポイント。素材が異なる白で彩るフレンチシックスタイル
サムネイル
雨ニモマケズ、風ニモマケナイ《ダナー》のブーツ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
サムネイル
ソウルで可愛い古着探し!【週末アジア:ソウル編】
サムネイル
永久不滅!ボーイな“ V ”シルエット” って?
サムネイル
コーディネートするという新発想のシャンプー&トリートメント《and and》が誕生
サムネイル
3月のFUDGE ONLINEインスタグラム人気投稿TOP5
サムネイル
京都発《バレーボウイズ》が、青春と個性をギュッと詰め込んだミニアルバム「青い」をリリース!

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。