FASHION

クラシックなデニムを主役にスマートなボーイスタイル

《リーバイス》の永遠の定番「501®」。すとんと落ちる綺麗なストレートラインを活かし、メンズライクなカーキシャツはインして装いをすっきりと。重くなりすぎないよう白ソックスを覗かせたり、ジュート素材のシューズで足元は軽やかに。キャップでボーイに気取る。

デニムパンツ¥12100 /Levi ’s ®︎(リーバイ・ストラウス ジャパン)、シャツ¥25300 / LIKE WEAR(ヤエカアパートメント ストア)、バッグ¥53900/A.P.C.( アー・ペー・セー カスタマーサービス)、キャップ¥5060 /KANGOL(カンゴール ヘッドウェア)、ベルト¥13200/ Martin Faizey(グラストンベリーショールーム)、ソックス¥3300/PANTHERELLA( 真下商事)、シューズ¥57200 / Paraboot(パラブーツ青山店)

 

サイジングに少し遊びをスウェットシャツとの鉄板コンビ

ベーシックなロゴスウェットを合わせて、ワンツーコーディネート。少し大きめなサイズを選んでも、足元がすっきりしているのでだらしなく見えない。ロールアップでこなれ感を出すのもいい。

デニムパンツ¥25300 / KURO(クロ ギンザ)、スウェットシャツ¥17600 / SOUTHERN MANUFACTURING CO. BLUE BLUE(ハリウッド ランチ マーケット)、中に着たT シャツ¥9680 / SL OANE(スローン)、ネックレス¥89100/JOHN SMEDLEY × GIG(I リーミルズ エージェンシー)、バッグ¥55000 / MIMI BERRY(ビショップ)、シューズ¥41800/REGAL Shoe&Co.(リーガル シュー&カンパニー)、ソックス¥3300/PANTHERELLA( 真下商事)

 

同色でものっぺりしない上手なカラーの使い方

相性バッチリなTシャツとデニムの関係を、カラーバランスで遊んでみる。やさしいペールブルーと濃紺デニムの同系色コンビには、ブラウンのベルトを挟んで抑揚を。ちょっぴり品も生まれていい感じ。

デニムパンツ¥19800 / YAECA (ヤエカ アパートメント ストア)、T シャツ¥11000 / SLOANE (スローン)、手に持ったシャツ¥20900 /James Mortimer、ベルト¥13200 / Martin Faizey(ともにグラストンベリーショールーム)、メガネ¥24750 Ray-Ban(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)、シューズ¥13200 /CONVERSE(コンバースインフォメーションセンター)

 

上はきっちり、下はゆったり異なる印象のグッドバランス

現代らしい着こなしができるワイドシルエットは、トップスを品よくまとめて攻略。知的さが薫るブルーシャツとカーディガンの合わせには、色落ちのない濃紺デニムが好相性。色合いにも統一感が生まれ、ルーズなシルエットのパンツでもバランスよくまとまる。

デニムパンツ¥20460 / MIDIUMI SOLID(マザーズ インダストリー)、シャツ¥23100/YAECA( ヤエカ アパートメント ストア)、カーディガン¥39600 /JOHN SMEDLEY(リーミルズ エージェンシー)、ハット¥26400 / STETSON(ステットソン ジャパン)、シューズ¥69300 /JOSEPH CHEANEY(ブリティッシュメイド 銀座店)

 

ルーズな装いを品よく見せる小粋なアイテム選びが鍵

ルーズな丈感に、色落ちもラフな印象のワイドデニムは、小粋なストライプシャツをINして女性らしく。首元にスカーフを巻き、レディなエッセンスをもう一挿し。淡い色合わせもどこかレトロで愛らしい。

デニムパンツ¥40700 / Polo Ralph Lauren(ラルフローレン)、シャツ(店舗限定)¥27500/MHL.(エムエイチエル.)、スカーフ¥19800 / A Piece of Chic(グラストンベリーショールーム)、バッグ¥38500、ベルト¥17600 /ともにScye(マスターピースショールーム)、シューズ¥13200 / CONVERSE(コンバースインフォメーションセンター)

 

白Tee ×デニムの名コンビを格上げさせるテクニック

センタープレスの効果でスラリと穿ける、《ディーゼル》のワイドデニム。白Tee との鉄板なカジュアルタッグも、ベストを重ねるだけで簡単に格上げが叶う。レザー小物で上品さに磨きをかけて。

デニムパンツ¥46200 / DIESEL(ディーゼル ジャパン)、ベスト¥18700 / Polo Ralph Lauren(ラルフローレン)、T シャツ¥9860 / SLOANE(スローン)、バッグ¥60500/A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス)、シューズ¥24970 / MARGARET HOWELL idea(モーダ・クレア)

 

 

photograph_Serizawa Shinji(model),Suganuma Shoataro(item)
styling_Kitagawa Saori
hair & make-up_Onishi Akemi
model_Elise Prozheiko
edit_Yamazaki Takamichi<KIP Inc.>
design_Yamamoto Katsura

 

FUDGE vol.226 2022年5月号より

 

 

FUDGE CHOICE

  • サムネイル
    PR
    《スカーゲン》のペアウォッ...
  • サムネイル
    PR
    冬の本命アウターは《ナンガ...
  • サムネイル
    PR
    マフラーとクラムチャウダー...
  • サムネイル
    PR
    わたしの偏愛サムマイルウエ...
  • サムネイル
    PR
    《アネモネ》テーパードフー...
MORE MORE
サムネイル
PR
《スカーゲン》のペアウォッチと一緒に。いましかない大切な時間を刻む
サムネイル
PR
冬の本命アウターは《ナンガ》のダウンに決まり!タイプ別お洒落な着こなし3選
サムネイル
PR
マフラーとクラムチャウダー【スープと彼女のストーリー vol.1】
サムネイル
PR
わたしの偏愛サムマイルウエアは仏生まれの《ルコックスポルティフ》
サムネイル
PR
《アネモネ》テーパードフープピアスのスタイルレッスン
サムネイル
PR
菊池亜希子さん 冬の着こなしと《ルート》のバッグ3選
サムネイル
PR
今日は何着る?冬の始まりを感じる《無印良品》の“きほん服”【気温別コーデ】
サムネイル
PR
《タイオン》のダウンアイテムが主役! 冬のおすすめ防寒コーディネート3選
サムネイル
PR
《ビューティフルピープル》を纏う贅沢な日常。
サムネイル
PR
頼りになるのは《エーグル》のアウター
サムネイル
PR
ふわもこの《VANS(ヴァンズ)》スニーカーと、6つの違い
サムネイル
PR
栄養満点スープと普段の仕事のおはなし。【FUDGENA SPECIALIST:kinoko × 野菜をMOTTO】
サムネイル
PR
冬のアウターはこれで決まり!《ケープハイツ》のアウターと出掛ける、TOKYO巡り
サムネイル
PR
はじめてのベレーは、時代を超えて愛され続ける《ロレール》の「カンパン」を指名して!
サムネイル
オリジナルブレンドをお届けする新企画「FUDGEコーヒー便」vol.3 FINETIME COFFEE ROASTERS受注販売スタート
サムネイル
《ADAM ET ROPE’》の着心地抜群なベーシックなベスト&カーディガンをFUDGEが特別にオーダー
サムネイル
【FUDGE FRIEND】1000人以上の中から選ばれた7人のオフィシャルガール、遂に決定!!
サムネイル
FUDGE オフィシャルキャラクターが誕生!! 愛嬌たっぷりなシロクマの“ファージー”
サムネイル
リノベーション団地で植物のある暮らしを楽しむ私が買ってよかった、3つのアイテム #myfavorites
サムネイル
【2022】黒髪ボブをもう幼いなんて言わせない!美容師が教える最新垢抜けポイント5つ

PRESENT & EVENT

サムネイル

編集部から配信されるメールマガジンやプレミアム会員限定プレゼント、スペシャルイベントへの応募など特典が満載です。
無料でご登録いただけます。