2013 スペシャルプレゼント 30 for FUDGE reader

Page Detail

10.JAN.2010

2013 スペシャルプレゼント 30 for FUDGE reader

The New Year Special 今すぐ使いたい! 大好きブランドが当たるかも!? スペシャルプレゼント 30 for FUDGE reader

FUDGEを読んでくださっている皆さまに、日頃の感謝を込めてスペシャルプレゼントをご用意。 編集部も大好きなブランドから選りすぐりのアイテムが届きました!

photograph:Kai Hiroyo [STUH]
  • 01<PAUL & JOE SISTER> ワンピース

    • 1名様
    • 「大人っぽいルックスとファニーなモチーフとのギャップを楽しんで」 Press・田子真紀子さん(WAG INC.)
    • パッと見は大人っぽい幾何学柄に仕上がっていますが、近くで見るとクマともくもくの木という、とってもファニーなモチーフが並んでいて、そのギャップを楽しんで頂けます。トップス部分はゆったりとし、ウエストは横にとられたプリーツがデザインアクセントになっています
  • 02<MARC BY MARC JACOBS WATCHES> Marci

    • 1名様
    • 「ドレススタイルからカジュアルまでシーンを選ばず使えます」 MD・加藤英美さん(フォッシルジャパン)
    • ゴールドのステンレススティールの華やかさとマニッシュなルックスが、どなたでもアクセサリー感覚でコーディネートしていただけます。ミラーレンズの高級感も楽しめるウォッチです
  • 03<Dr.Martens> エナメルシューズ

    • 各1名様
    • 「伝統的な素材感とインナーのかわいいドット柄にもご注目」 Press・永本つかささん
    • スリムなルックスのフラットシューズは、女性らしく履きこなしていただけるデザインです。伝統的なエナメルレザーの質感と、インナーのかわいらしいドット柄に遊び心のある一足です
  • 04<ZADIG & VOLTAIRE> 箔プリントのパーカ

    • 1名様
    • 「ピンヒールにドレス、といった装いに羽織って大人カジュアルに」 Press・ハリイさん(POULSOFFICE)
    • 一見カジュアルになりがちなパーカも、ザディグ エ ヴォルテールからの提案は「ラメ」を箔プリントのようにのせたリュクス感ある1枚。ドレススタイルにもパーカのコンパクト感も相まって、大人カジュアルに着こなせます!
  • 05<minä perhonen> ショルダーバッグ

    • 1名様
    • 「通勤に、通学に、旅のお供に。どんなときでも頼れる帆布のショルダーバッグです」 Press・新田華子さん
    • 森の鳥や植物たちの刺繍モチーフが楽しげに散りばめられたショルダーバッグです。しっかりとしたコットン素材で、たくさんの荷物を入れても軽やかにお持ちいただけます。ギャザーの寄ったフォルムは、中から物を取り出しやすく機能性も備えています
  • 06<CA4LA> ハット

    • 1名様
    • 「メンズライクにもレディにも装える便利なデザインです」 Press・篠未菜子さん
    • ラビットファー100%を使用した高級ハットです。触り心地もいい毛足の長い素材が特徴的。目を惹く巻きのデザインは「足袋」をイメージしたもの。メンズライクにも女性らしくも使える、とっても便利なデザインです!
  • 07<IOSSELLIANI> ネックレス

    • 1名様
    • 「大きなジルコニアのインパクトがコーディネートのアクセントに」 Press・吉田祐子さん(H.P.FRANCE)
    • 高級感とモダンなデザイン性が魅力のイタリアン・ジュエリー。手仕事の繊細さと大胆で洗練されたデザインは、パーティシーンはもちろん、カジュアルなコーディネートにも負けないインパクトがあります
  • 08<ASEEDONCLOUD> シルクスカーフ

    • 1名様
    • 「羊の群れに1頭だけシープドックが…!遊び心ある世界観を楽しんで」 Press・佐藤春奈さん(スタジオ サンパティック)
    • シルク100%の滑らかな肌触りで首元のお洒落を楽しんだり、無造作にポケットに詰め込んでさり気なく柄をのぞかせたりと、1枚あるとお洒落の幅が広がります。世界中のさまざまな羊がプリントされていて、見ているだけでワクワクするスカーフです
  • 09<tsumori chisato WATCH> こまねきねこ

    • 1名様
    • 「ふと時計を見たときに癒してくれる、キュートなネコがそこかしこに!」 Planner&Marketing・川上綾乃さん
    • ねこ耳の付いたケースや、ねこの手をデザインしたバックル、ねこと小判のチャームなど、<tsumori chisato> らしい遊び心がつまった新定番シリーズ。本物感へのこだわりとユニークさを併せもつ、ブランドらしさ溢れるハッピーテイストをお楽しみください
  • 10<chausser> エナメルシューズ

    • 1名様
    • 「新年にぴったりな真っ赤なエナメル。10年間展開している人気の定番モデルです」 Press・市原真帆さん
    • 真っ赤なエナメルのストレートッチップ。こちらのモデルは10年間展開している人気の定番モデルです。マニッシュスタイルはもちろん、ガーリーな装いにも幅広く合わせていただける一足。鮮やかなのにシックな赤で華やかな足元を楽しんでください
  • 11<FOSSIL> HEATHER

    • 1名様
    • 「上品で華奢なデザインを生かして、シャツスタイルなどマニッシュに合わせてみて」 MD・本間清佳さん(フォッシルジャパン)
    • 華奢なブレス&ケースが洗練された上品なイメージを醸し出してくれるデザイン。とっても女性らしいルックスなので、シャツスタイルなどシンプルでマニッシュな装いにも気品のあるクールさを演出してくれます
  • 12<giraffe> タータンチェックフラワータイ

    • 1名様
    • 「コサージュとタイを自由に組み合わせて、スタイルに合ったお洒落を楽しんで」 Press・ハリイさん(POULSOFFICE)
    • タータンチェックのコサージュと、花びらでできた小さなネクタイを組み合わせたショートタイ。コサージュをタイの結び目につけて愛らしく、ブローチとして別々に使ってもキュート。少年っぽいコーディネートにも乙女心を添えるアイテムです
  • 13<agnès b.> ボーダーTシャツ

    • 1名様
    • 「今年、日本上陸30周年を迎える、アニエスベー不朽の定番アイテムです」 Press・久保麻未さん
    • ホワイト×ブラックのボーダーは、シンプルながらも凛としたモード感を演出してくれる絶妙なデザイン。ロングスリーブTシャツは、長年リピーターの多い人気の定番アイテムです。コットン素材の肌触りの良さも楽しんでいただきたい1枚です
  • 14<sunaokuwahara> カーディガン&水玉インナー

    • 1名様
    • 「春が待ち遠しくなる優しいカラーのトップスをセレクトしました」 Press・平田直美さん
    • 暖かなイエローが優しげなニットカーデには、差し色が効く水色のドット柄インナーを合わせて。フロントのドレープがアクセントです! 襟ぐりの大きなボーダーニットは、ラグラン袖と長めの丈がとっても女性らしいシルエットを作ってくれるデザインです
  • 15<sunaokuwahara> ボーダーニット

    • 1名様
    • 「春が待ち遠しくなる優しいカラーのトップスをセレクトしました」 Press・平田直美さん
    • 暖かなイエローが優しげなニットカーデには、差し色が効く水色のドット柄インナーを合わせて。フロントのドレープがアクセントです! 襟ぐりの大きなボーダーニットは、ラグラン袖と長めの丈がとっても女性らしいシルエットを作ってくれるデザインです
  • 16_17<Jane Marple> パフスリーブTシャツ&オーバーニーソックス

    • 各1名様
    • 「ガーリーな袖がポイントのトップスで“the Royal Sweetness”なスタイリングに」 Press・小嶋沙織さん
    • ブランドのアイコンでもあるエンジェルと、さまざまな表情のクラウンがプリントされた、愛らしいパフスリーブのTシャツ。ボーダーとクラウン柄のコンビネーションがポイントのオーバーニーと合わせて、今季のテーマ“the Royal Sweetness”な装いをぜひ! グリーンTee&ホワイトソックスのセット、ホワイトTee&ブラック・グリーンソックスのセットを各1名様に
  • 18<mercibeaucoup,> バッグ

    • 1名様
    • 「柔らか素材のバッグは、大きなトラ顔プリントがポイントです」 Press・萩原智子さん
    • カットソー素材が柔らかな触り心地も使い勝手もいいバッグです。ポイントは、なんといってもファーストシーズンでも大人気だった、吠えるトラの大きなフェイス! スタイリングの主役になるアイテムです
  • 19<MÄR> オールインワン

    • 1名様
    • 「異素材MIXでクールに大人っぽく着こなせるデザインです」 Press・山田まり子さん
    • 楽に着られて便利なオールインワンは、時に幼く見えてしまいがちなアイテム。こちらの新作オールインワンは、トップスにはデニム、ボトムスはトリアセリネンのグログランと異素材を組み合わせており、クールに大人っぽく着こなせるデザインとなっています
  • 20<ZUCCa> ワンピース

    • 1名様
    • 「たっぷりギャザーのワンピース。あえてハードなアイテムと合わせても素敵です」 Press・大山高広さん
    • 大きな袖のニットトップス部分と、コットンレースのたっぷりギャザーのスカート部分の異素材ミックスが目を惹くワンピース。一見フェミニンな印象も、デニムパンツをレイヤードしたりワークブーツを合わせたり、ハードなアイテムと合わせると大人っぽい着こなしができます
  • 21<Beaumont ORGANIC> ワンピース

    • 1名様
    • 「レディライクなシルエットが魅力。オーガニックコットンがとにかく着心地いい!」 Press・下道絵梨香さん(渡辺産業)
    • オーガニックコットンで仕立てた薄手のジャージ素材が、とっても肌触りのいいワンピース。ウエスト部分や胸まわりなど、細すぎずストンとしない絶妙なボディラインをつくってくれるシルエットです。スリーシーズン着られるワンピを、トレンチと合わせたり、春になったら素足にレースアップシューズで着こなしても!
  • 22<A.P.C.> ワンピース

    • 1名様
    • 「大胆なペイズリー柄がレディなレトロ感を演出してくれるワンピースです」 Press・古山佳奈さん
    • 上質なコットンジャージ素材が軽やかなプリントワンピース。シックな赤のペイズリー柄がポイントです。バックルの丸みや上品な丈、スカートのドレープ加減など細かなところに優雅なレトロ感が漂うデザインで、レディな雰囲気を演出してくれるはずです
  • 23_24<gomme> フードTee、フリルTee

    • 各1名様
    • 「立体的なパターンが<gomme> らしいデザインのトップスです」 Press・武田尚子さん
    • 立体的に首元を包み込むボアのフードがポイントのスウェットTee(写真左)。おしりの隠れる丈はどんなボトムスにも合わせやすいです。フロントの大胆なフリルが目を惹くカットソー(写真右)は、立体的なパターンもポイント。カーディガンを着ても、1枚でも主役になれるトップスです
  • 25<comptoir des cotonniers> トップス

    • 1名様
    • 「深めのVネックにエフォートレスなゆったり感がパリっぽいスタイル」 Press・延足絵理さん
    • トロンプルイユ(だまし絵の意)のブラウスで、まるでニットを合わせたようなのに実は、1枚のトップス! 繊細で上質なウールとシルクの異素材ミックスなアイテムです。深めのVネックとゆったりしたエフォートレススタイルのトップスで、パリらしいスタイルを楽しんでください
  • 26<G-STAR RAW> デニムシャツ

    • 1名様
    • 「絶妙なヴィンテージ加工と女性らしいシルエットのミスマッチがいいサジ加減」 Press・植田晃子さん(4K)
    • シーズン通してマストアイテムといえるデニムシャツは、春が近づけばさらに恋しくなるはず。今季クローゼットに投入したいのは、品のいいヴィンテージ加工と女性らしいシルエットが絶妙にミックスされた1枚。大人っぽいカラーリングで、今季ヘビロテになりそう
  • 27<DIESEL TIMEFRAMES> ウォッチ

    • 1名様
    • 「女の子らしいカジュアルスタイルにぴったりのピンクゴールドカラーが◎!」 MD・大坪美智子さん(フォッシルジャパン)
    • 肌なじみのいいピンクゴールドのカラーが、カジュアルスタイルにも女の子らしさを添えてくれるウォッチです。もちろんドレススタイルとの相性も抜群で、スタイルを選ばない万能選手! 文字盤のストライプがピリッと効いたデザインもポイントです
  • 28<FRED PERRY> チルデンニット

    • 1名様
    • 「ヴィヴィッドカラーを差し色にしてリラックススタイルで着こなしてみては?」 Press・表谷有子さん
    • 英国トラッド感たっぷりのチルデンニット。広めのVネックとドルマンスリーブで、ちょっぴり大人フェミニンなシルエットです。カラーアイテムが充実している2013春夏は、ワンサイズ大きめのヴィヴィッドなカラーパンツと合わせるリラックススタイルをおすすめします!
  • 29<AHCAHCUM> スカーフプリントのスカート

    • 1名様
    • 「おとぎ話に迷い込んだような不思議な世界が広がる、今季イチオシのテキスタイル」 Press・おおたきよさん
    • アメリカのグラフィックデザイナー、polly beckerさんのコラージュ作品でスカーフ柄を制作。おとぎ話の中に迷い込んだような不思議な世界が広がる、今季イチオシのテキスタイルです。この生地でつくったフリル切り替えのスカートは、前後の丈の長さの違いを楽しめるデザインです
  • 30<Lee> Gジャン

    • 1名様
    • 「レイヤードスタイルでも着こなせるタイトなサイジングが使いやすい」 Press・植田晃子さん(4K)
    • パッと見は大人っぽい幾何学柄に仕上がっていますが、近くで見るとクマともくもくの木という、とってもファニーなモチーフが並んでいて、そのギャップを楽しんで頂けます。トップス部分はゆったりとし、ウエストは横にとられたプリーツがデザインアクセントになっています