Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

01.JUL.2017

フルーツとわたしと思い出と。

COLUMN
tomomi's CLIP

幼い頃、母が働いていたので、祖母の家で過ごすことが多かった私。

私が3歳になるまで、祖母は果物とうどんしか食べさせなかった。そんな話を聞かされたことがある。

 

祖母は大の果物好きで、いつも祖母の家には旬な果物が用意してあった。私もそれが楽しみで仕方なかった。

今でも果物を食べると、大好きな祖母を思い出す。

 

最近、そんな懐かしい気持ちにさせてくれる喫茶店に出会いました。

 

ーー思い出といっしょに、美味しい果物を食べよう。ーー

 

今日は、果物にまつわる私の大好きな場所を紹介します。

 

やってきたのは、渋谷と代官山のちょうどまんなか、Tokyo Kenkyoという喫茶店。

2

可愛い3階建ての一軒家。

一見カフェのようなお洒落な店構え。だけど喫茶店と名乗るのも、8時、モーニングからこのお店の朝がはじまるから。

渋谷の人混みを抜けた、とっても静かな場所。

 

早速、私がときめいたフルーツメニューを思い出にのせて。

◯選べるネクタルシロップ

3

ベース( 無糖炭酸水・ミルク・吉野葛湯 )を選んで、好きなネクタルを入れるオリジナルドリンク。

この日は、炭酸水に「繊細のキウイ」、ミルクに「宝石のイチゴ」を。

メニューのネーミングからも、果物への愛を感じます。

 

お店の壁面には、鮮やかな瓶がずらり。

4

なんか、見覚えがあるような...。

まるで、おばあちゃんちのぬか漬け?梅ぼしの瓶?

 

いえいえ、ジューシーなフルーツの水分とお砂糖で作られたネクタルたち。浸透圧だけで美味しいネクタルの出来上がりです。

 

私はこれが大好きなんだなぁ。

自分で選んで、自分だけのネクタルを。

私は長女だからか、子どもの頃からそんな特別感にめっぽう弱いのだ。

 

◯日替りジャムトースト

5

この日のジャムは、果肉たっぷり苺とキウイ。そして、可愛い食用のお花つき。

溢れ出る乙女感に、朝から気分が上がる。

 

実は私、パンの耳が苦手で。

6

よく耳だけきれいに残して、母に怒られていたのを思い出す。

でもね、あっという間に耳までぺろり。

私、大人になりました( えっへん!)。

 

いいえ、美味しい自家製ジャムのおかげです。

 

◯フルーツヨーグルトプレート( スープとドリンク付きのモーニングメニュー )

7

きらきら新鮮フルーツと、岩手県産の湯田ヨーグルト。

朝の身体のことを一番に考えたシンプルなプレート。カットフルーツは、スーパーのじゃなくてここで食べるって決めた。

 

湯田ヨーグルトは、まさにフルーツのためのヨーグルト。

8

酸味が少なく、空気を含んでいるかのようなふんわりとした舌触り。

優しいなぁ。

なんでも包み込んでくれる、まるであの人みたいだ。たまには甘酸っぱい思い出も、いっしょにね。

 

 

素朴で、シンプルで、優しくて。

そんなTokyo Kenkyoの果物たち。

 

もちろんランチやお料理も抜群に美味しくて。

9

ネクタルをお供に、これからもたくさん制覇したいなぁとたくらむ私なのでした。

 

ご馳走様をすると、いつもお世話になっているお店のみなみさんは、

「これからも謙虚にがんばりますっ!」

と、お店の名前にかけて笑わしてくれた。

 

お家かな?と錯覚してしまうほど居心地が良い。いつも長居してすみません。

祖母のこと、家族のこと、恋したあの人のこと、たくさんの懐かしい気持ちを思い出させてくれる場所。

そしてTokyo Kenkyoのおかげで、もっともっと果物が大好きになりました。

 

「お客さんみんなが常連になってほしい。」

そう話すみなみさんを見て、あたたかい思い出がまた増えたなぁと心がほくほくした。

10

 

吹越ともみ

 

【Tokyo Kenkyoー南平台の喫茶店ー】

・〒150-0036

東京都渋谷区南平台町7-9

( 渋谷駅より徒歩8分、代官山駅より徒歩9分 )

・03-6416-4751

・営業時間 8:00〜20:00( L.O 19:00 )

・定休日 月曜日

SNAP