Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

13.APR.2017

Taro’s dairy 01. 街中にさりげなく佇む絶妙に素敵なお花屋さん

COLUMN
IMG_2217-e1490255839929
ブランディングやカタログなどトータルでディレクションをするクリエイティブディレクター兼、雑貨ショップ「マルクト」オーナー、 塚本太朗さんが執筆する気になるお店や物を紹介するエッセイです。

 

第一回目の今回は目黒のお花屋さん。街にしっかりと馴染むそのお店は。。。

先日、目黒通りにある『花すけ』さんに行ってきました。

ザ「町の花屋」な感じなのですが、一歩お店に入って見ると、

少しセレクトされた花もたくさんありました。

昔、ご両親が同じエリアで花屋を営んでいたこともあり、

1年半くらい前に、ご自身1人で始めたそうです。

場所がら、近所のおじいちゃん、おばあちゃんはもちろん、

目黒クラスカ周辺に住まうオシャレな人達も利用するそうです。

ヨーロッパなどでは、日常に「花」ってありますよね。

ドイツの友人宅に泊まりに行った時、よく「花を買って帰る」と言って、

花屋経由で帰ったことがよくありました。

でも、日本の場合は、「贈り物」や「記念日」的なニュアンスが若干強くて、少しハードルが上がるように思います。

ふらっと立ち寄りたいはなすけの店頭は昔ながらの雰囲気で素敵。

花すけのオーナー、高橋さんは日常使いで使って欲しい。

「フラッと来て気に入った一輪の花を買ってもらえるといいな~」と言ってました。

これだけたくさんあったら、どれにするのか迷うけど、

その日の直感でも雰囲気でも気持ちでも、自宅にお花があるだけで、

少し日常に変化ができそうですね。

販売を予定中かも知れない?!ドライフラワー

最近は、ドライも用意しているとも話してました。

ただ、値段はついてなかったです(笑)

オシャレな家にはよくあるからとのこと。

今後、売るのかもしれませんね。

思わず笑顔になってしまうほど色鮮やかなお花たち

花屋で写真を撮ると、どこのアングルでも、綺麗に見えます。

カメラマンでなくても、こんなにきれいに…

何気ない毎日の中に取り入れた可愛いお花

枕花もあるし、白い花もあります。日常使いから、特別なものまで色々。

お店の雰囲気がとても心地よかったです。

高橋さんとの会話も弾み、とても長居してしまいました。

お花のこと、すごく知っています。

今のシーズンはラナンキュラス。

一輪買って帰りましたが、

2、3日するとパッと花が開きます。

かなり斬新な形で……

花すけ(ハナスケ)

https://www.instagram.com/explore/locations/1027326207/?hl=ja

東京都目黒区中町1-25-20鮨八ビル101

tel:03-6412-8741

open:10:00~19:00

holiday:毎週火曜日

text:Taro TSUKAMOTO

Profile

リドルデザインバンク・クリエイティブディレクター/塚本太朗

www.riddledesign.cc

SNAP