Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

28.AUG.2018

NYのアイウエアブランドの最新コレクションが到着。

FASHION
《SMOKE × MIRRORS》デザイナーインタビュー

NY発祥のアイウエアブランド《SMOKE × MIRRORS/スモーク アンド ミラーズ》から最新コレクション「THE LINE」が登場。

 

「THE LINE」はレンズを囲む縁がなく、軽やかで無駄がないシンプルデザイン。生産はメガネの聖地福井県のファクトリーで行われ、繊細なデザインでありながら耐久性がある世界トップレベルのアイウエアが誕生。特徴的なジェムカラーのレンズは、フランスの老舗レンズメーカーのものを使用して、遊び心をプラスしている。

 

デザイナーは「デイヴィット・ シャブタイ」と従兄弟の「ロイ・アイロニー」。今回は特に日本好きのロイに、ブランドや最新コレクションについてインタビュー!

Q. ブランドはどのような経緯で始めたのですか?

ロイさん(以下、R):2014年に従兄弟のデイヴィットとNYのSOHO地区で立ち上げました。もともと私たちはデイヴィットの父親が経営している時計会社でデザイナーとしてキャリアとスタートさせ、時計業界で培ったことをアイウエアでクリエイティブに表現できると思いつきブランドを立ち上げました。

 

Q. ブランドはどのように成長していきましたか?

R:デイヴィットは生粋のNY育ちなので、幅広い交友関係があり、彼らの手助けもあってクリエーターやアーティスト、モデルが着用してくれるようになり、徐々にNYで話題になっていきました。現在では、NYのバーグドルフ・ グッドマンやバーニーズ・ニューヨークなどのデパートと取引があり、国外では10カ国以上の都市に取扱いがあります。

Q. 最新コレクションの製造には、なぜ日本の工場を選んだのですか?

R:すべてのコレクションは、アトリエのメンバーたちとデザインを忠実に再現できる素材構成をまずは考えていきます。「THE LINE」はより薄い金属でデザインを表現するため、世界のトップレベルの日本製チタンでフレームを作ることを選択しました。日本技術によって、よりデザイン性の高いシェイプを作り出せ、最高の素材を選択することができました。

 

Q. アイテムは個性的ですが、大胆なデザインでも着こなせるポイントはありますか?

R:NYも日本もファッションは進んでいますが、傾向はそれぞれ違います。しかし、私たちの製品の美しさはカルチャーと交差し、全ての人にアピールできると感じています。まずはぜひ、自分にブレーキをかけず挑戦をしてみて欲しいです。一度トライし、その人のものになれば自然とスタイルに馴染みます。

Q. 最後になりますが、今後のブランドの抱負を教えてください。

R:コアコレクション以外にも、ブランドのアイデンティティーにとらわれないカプセルコレクションやコラボレーションをしていきたいです。私たちはレコード会社のようなもので、それぞれの音楽(コレクション)には特徴があり、主張しますがニュアンスはそれぞれ異なります。

「THE LINE」も新しい音楽であり、イデオロギーを体現して、誰かのインスピレーション源となるユニークなものだと思っています。アイウエアを通じて、ファッションへの新しい切り口を、遊び、実験しながら見つけ、技術と品質の向上を目指し、新しいコレクションを生み出していきたいです。

 

FUDGE編集部:ありがとうございました!

 

今回、最新コレクション「THE LINE」が一堂に会するPOP UP STOREがオープン。

この機会にぜひ、遊び心溢れるアイテムを試してみては?

会期:2018年9月1日(土)~2018年9月12日(水)

場所:WONDEROUS EYEWEAR RESORT(東京都目黒区東山1-9-7)

ジョイエブリタイム

03-5937-1965

SNAP