Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

30.SEP.2018

『Something happens always , So Just enjoy MY Life in NY!』#1

COLUMN
THE Pages - Page25 #1

ニューヨークにきて、2年8ヶ月が経とうとしています。

初めてニューヨークに移り住んできた頃から、毎月このcolumnを書かせてきていただき、読み返すと私自身も色々な想いが頭の中に蘇ってきます。

 

あの頃と、今見ているNYはまた全然違い、色々な場所を見ることができたり、勉強できたり、新たな発見をたくさんしています。

ニューヨークには絶対こうでなくてはいけないという概念がなく、様々な人がいるぶん、色々な楽しみ方ややり方、言い回しもあったり、いままで日本人の中でしか生活していなかったので、驚きと戸惑いもありましたが、今ではそれも含め、新しい感覚が生まれ、また新たな自分の人生を築いています。

ニューヨークにきて、やりたいなとか、行きたいなと、思っていると、なぜだか叶うもので、まだまだ色々な「It was one of my dream! 」を叶えています。

 

先日ニューヨークでの2019S/SのFashion Weekがあり、いくつかですが、Showのbackstage に入らせていただきました。その中でもimpactがあったのは、PYER MOSSというブランドのshow。

modelは全員黒人なので、髪質もtexture も他のショーとは違い、使うtoolやproducts も全く違うので、とても勉強になりました。

ショーの時の音楽も、Liveで聖歌隊が歌い、野外でのショーだったので、その音が響き澄み渡る中、ともに歩くランウェイが、かっこよかったです!

また、showのフロントロウに向かうcelebrityのヘアセットをするhairstylist のアシスタントにも行ったのですが、偶然Justin Bieber に会うことができました!

彼のフィアンセのHailey さんとのお仕事だったのですが、彼もそこの部屋に突然訪れ、内心びっくりしながら仕事をしました。ニューヨークっていきなり予期してなかった色んなことが巻き起こるなぁ....!と、改めてニューヨークの面白さを感じました。

ぜひ今度はニューヨークのFWだけでなく、パリやミラノなどにもぜひ参加できたらいいなと思っています。

 

そんなバタバタしながら充実した毎日を過ごしていますが、お休みの日にはどこかに出かけたい...!とゆうことで、この前ずっと行ってみたかった”Fallingwater “に行ってきました。

あのGuggenheim を手がけたフランク・ロイド・ライトの設計。日本名でいうと、"落水荘"。こちらはニューヨークから車で6時間(...!)という、電車では行けない、車か飛行機しか行けないという、非常に行きづらい場所にある建物。

個人の家として、設計されましたが、今は一般公開されていて、たくさんの人が訪れていました。

机なども彼がデザインしたり、外からの美しさだけでなく、中のインテリア、自然との調和を大事にし、光の差し方、音の聞こえ方など、全てが計算され、とてもお洒落でした。なかなかそこだけ訪れるという旅行は贅沢かもしれませんが、一見の価値があるので、ぜひ建築好きの方は訪れてみてください。

 

#2も見てね。

穂高律子 → @ritsuko725

2015年まで、渋谷にあるhair salon "macaroni coast"で店長として務める。 サロンワークとともに、様々な雑誌のcoverやヘアカタログなどのヘアメイクも手がける。

2016年に渡米。 NYでの美容師としての生活をスタートさせる。

ニューヨークとわたし。私の目に映るありのままの日常とニューヨークの今、を綴っていきたいと思います。

SNAP