Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

02.OCT.2018

『Something happens always , So Just enjoy MY Life in NY!』#2

COLUMN
THE Pages - Page25 #2

ニューヨークには絶対こうでなくてはいけないという概念がなく、様々な人がいるぶん、色々な楽しみ方ややり方、言い回しもあったり、いままで日本人の中でしか生活していなかったので、驚きと戸惑いもありましたが、今ではそれも含め、新しい感覚が生まれ、また新たな自分の人生を築いています。

ニューヨークにきて、やりたいなとか、行きたいなと、思っていると、なぜだか叶うもので、まだまだ色々な「It was one of my dream! 」を叶えています。

 

#1の"落水荘"もそうですが、身近なところでずっと行ってみたかった"Brooklyn Farmacy fountain & soda"にも先日行ってきました。

昔懐かしいSundaes (パフェ)が名物のcafe 。

Brooklyn のprospect parkの近くにあり、family が多く住むエリアだけあって、昼下がりにスイーツを楽しみにきている親子もたくさんみうけられました。

その名の通り、昔pharmacyだった場所がカフェになったこちらは、インテリアにも少し余韻を感じ、それがまた昔懐かしいかんじがして、可愛いです。

パフェは、選ぶのに迷っちゃうくらい、たくさんの種類があり、そしてとっても大きいので、1人で食べるのは大変なボリュームです。

今回私は”AFFUGAZI AFFOGATOにしました。アイスクリームもオリジナルなので、甘すぎずとてもyummy!
外観もカラフルで可愛いので、ぜひ訪れてほしいおススメのカフェです。

 

そしてNY ART BOOK FAIRがこの前開催されたので、ご紹介したいと思います。去年も行き、コラムにも書きましたが、年に一度の私の楽しみ。

今回は最終日の終わり際のギリギリで行ったのですが、とってもたくさんの人で賑わい、また違ったシーンを見ることができました。

毎年世界各国のお洒落な本屋さんがやってきて、レアな本やzine、写真集やオリジナルのTshirtやトートバックまで売っています。そして、そこに集まる人はみんなお洒落な人ばかりで、見ているだけで楽しいです。

今回は部屋に飾るポスターとレアな写真集などを買いました。ヨーロッパの本屋さんは持ってきている本も、センスがよく、ニューヨークではなかなか見ないものなどもあり、いくらいても時間が足りないくらい、面白い空間でした。

最終日のギリギリに行くと、みんな持って帰るのが重いからという理由で(笑)、”Everything $5”と、閉店セールをするところもあったりと、$5でナイスな写真集が変えたりと、大満足のBook Fairでした。

ぜひ、このART BOOK FAIR の時期を狙って、ニューヨークに旅行にきて欲しいくらい、おススメです!!!

 

まだまだ色々なニューヨークでの日常を紹介したいのですが、一旦、私のcolumn は今回で最終回になります。

私のinstagram→@ritsuko725で、NYのおすすめのshopや流行のレストラン、リアルなニューヨーカーの情報を、これからもお伝えしていきたいと思いますので、よかったら見てください。それでは、またどこかで!

Have a wonderful day!

穂高律子 → @ritsuko725

2015年まで、渋谷にあるhair salon "macaroni coast"で店長として務める。 サロンワークとともに、様々な雑誌のcoverやヘアカタログなどのヘアメイクも手がける。

2016年に渡米。 NYでの美容師としての生活をスタートさせる。

ニューヨークとわたし。私の目に映るありのままの日常とニューヨークの今、を綴っていきたいと思います。

SNAP