Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

05.JUN.2017

Can’t wait coming summer!

COLUMN
THE Pages - Page12

すこーし暖かくなってきて、みんな夏が待ちきれなくて、うずうずしているニューヨークです。洗いざらしの髪で、Tシャツにデニムの季節はもうすぐそこ!

 

今年は軽やかにmessyに動く、レイヤースタイルにswitch する人が多い。私も重ためボブも飽きたので、顔周りにザクザクレイヤーをいれてみました。I'm ready for the summer!

 

あたたかくなってくると、いつも以上に、ワークアウトをしてから仕事に行く、hair salon の前にヨガに行く、そんなhealthy な人が増えてきます。

 

こちらにきてから、テニスをたまにしてはいるのですが、何か他にもやりたいなー!と思っていた私。

 

とゆうことで、ずっと興味があったAerial yogaに初挑戦してみました。日本でももはや有名ですが、ニューヨークは値段も安く、色々なコースがあるので、面白い。初めてのパスだと、$15くらいでトライできます。旅行で来て、色々なヨガに行ってみるという人も多く、私が行った時も、いつも来ている常連さんの他に、旅行中にみんなで来てみた!みたいなグループの人たちもいました。

2

私が今回行ったところは、Om Factory というところで、ビルの15階にあり、眺めもよく気持ちいい場所でした。 Aerial yogaは見ているだけだと、ひらひらと布が舞い、キレイでしなやかだなと思っていたけど、実際やってみると結構きつく、予想と反して、なかなかハードなものでした笑

三半規管の弱い私は、ちょっとゆらゆら揺れながら動くことに慣れなかったのですが、踊るように軽やかにyogaができるようになったら、もっと楽しいなぁと思いました。要練習ですね!

 

他にもまだまだ色々なタイプのヨガがあり、さすがニューヨーク!、次から次へと新しいワークアウトやヨガが生まれます。せっかくなので、これからもどんどんトライしていきたいなと思います。みなさんも旅行できたら、ぜひどこかに挑戦してみてくださいね!

 

そして、もう一つ!夏が待ちきれずに、野外ライブに行ってきました。週末は色々なところでライブがあり、たまに公園でフリーライブがあったりもして、これからどんどん盛り上がっていくニューヨークです。

そんな私の"ライブへGO!"の、まずは第一弾は、British の今1番人気なバンド、"The XX"のライブに行ってきました。

3

日本でもFuji Rockにきている彼らですが、ニューヨークでライブするのは、今回が初めて!

"Forest Hills Stadium "という、Queensにあるスタジアムで開催されました。いつも夏の始まりとともにラインナップがでるのですが、去年は行けなかったので、今年こそは!とゆうことで行ってきました。

12

日本ではライブに行くのが好きで、行ったりしていたのですが、ニューヨークでは初めてで、勝手もわからないので、どんな感じなんだろうとワクワク...!!

7

ライブが始まる前はみんなゆったりビールやハンバーガーやらピザやらを楽しそうに頬ばり、ワイワイやっていました。せかせかと場所とりなどはせず、みんなゆったりライブまでの時間を楽しむ。すごく気持ち良い時間。

5

わたしはステージの前のエリアのチケットだったのですが、こっちは何かとギュウギュウしたりするのが嫌いな人が多いので、程よく距離感を保ち、とてもいいです。日本だと、どのライブでもギュウギュウにしちゃいますよね。
そして、ライブは本当にかっこよかったです!ライティングやステージの作り方もオシャレで、みんなゆったり、夏の始まりの心地よい風ともに、彼らのNiceな音楽と時間を楽しんでいました。来ている人もオシャレな人が多く、さすがThe XX!

4

ぜひまた行きたい!!!!

 

 

そして、もちろんツアーTシャツを買ったので、サロンワークの時にたまに来ていると、お客さんの中に行っていた人が結構いて、私も行ったの!僕も行ったよ!と言われます笑

こんなところでも、共有できるなんて嬉しい。他は何がオススメ?と、聞いてみたりしています。

11

さて、次は何のライブに行こう♪ ニューヨークの夏は楽しいことがたくさん!Have a great summer!


main

穂高律子

2015年まで、渋谷にあるhair salon "macaroni coast"で店長として務める。 サロンワークとともに、様々な雑誌のcoverやヘアカタログなどのヘアメイクも手がける。
2016年に渡米。 NYでの美容師としての生活をスタートさせる。
ニューヨークとわたし。私の目に映るありのままの日常とニューヨークの今、を綴っていきたいと思います。

SNAP