Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

13.JAN.2017

ついつい足を運んでしまう! 地元の人にも愛される絶品の《どら焼き》。

FOOD-DRINK
d1
MY BASIC MY FAVORITE just me

《どら焼き》といえば、

かの有名なネコ型ロボットが大好きなお菓子で有名だけれど、子供から大人まで幅広く愛されるお菓子だ。

 

銅鑼のように焼いたカステラ風の生地で餡子を挟んだ形が一般的だが、端をぴったりと閉じたものや 1枚の生地でくるんだものと形も様々、西の方では<三笠><三笠焼き>などなど名称も様々、栗や餅から生クリームにプリンまで中身も様々。

 

どれも美味しいが、やはりベーシックなものが一番しっくりくる。

 

東京には「三大どら焼き」なんて言って有名なお店があるし、その他にも美味しいお店はたくさんあるけれど、私が好きなのは蓮沼駅から程なくの所にお店を構える中村屋さんの《どら焼き》。

 

店舗の裏にある工場で毎朝焼かれているふっくらしっとりとした生地に、程よい甘さでバランスよく挟まれた餡子。サイズも大きすぎず丁度いいので、近くを通るといつも立ち寄ってしまう。

 

小さいころはもっと大きく感じたんだけどなぁ、、、。

 

と言うのも、こちらのお店は実家の近所にあった和菓子屋さんで、ずいぶんと前に移店をして今の場所に。

前述の通り、東京だけでも有名で美味しいお店はたくさんあり、いろいろなお店の《どら焼き》を食べる機会もあったので、どこのお店も甲乙つけがたいほど美味しいのは知っているのだが、ついつい足を運んでしまうのは、小さい頃から慣れ親しんだ味だからこそ。

 

他県にも当然もっともっとたくさんの美味しいお店があるはずだし、黒糖を練り込んだものや蒸したものなどに続く進化系のものや、ベーシックなものだって配合や焼き加減、餡子のバランスなどでまだまだ可能性がたくさんある。機会があればもちろん食べてみて、自分の好みによって選りすぐっていきたい。

 

実はこれ、何にでも共通する事だったりする。

例えばファッションで言えば、新しいものを否定するだけではなく、取り入れてみる。自分で触って試してみて判断していく。これの繰り返し。それがだんだん慣れてくると、見ただけで自分が持っているものとあわせやすいものを選べるようになってくる。最後の件は編集長の受け売りなんだけど。

 

東京3大どら焼き

誰が言ったか知らないけれど、食べてみれば納得の美味しいどら焼きたち。中でも有名なこちらのお店は味も価格もバラバラだけれど、それぞれいいところがあって甲乙つけがたい。いつも店頭には行列ができているので、もしチャンスがあれば一度食べてみて損はないはず。(三大どら焼きについては諸説あります)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-20-55-54

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-20-57-09

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-20-58-17

 

photograph:Ishikawa Nana, Taniguchi Daisuke 

 

その2

SNAP