Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

14.DEC.2016

山本耀司はデザイナーなのか、アーティストなのか?

CULTURE
山本耀司の頭の中を拝見する展覧会『画と機』開催

1981年のパリコレクションで世界に衝撃を与えて以来、日本のトップファッションデザイナーとしての走り続けている山本耀司。〈ヨウジヤマモト〉〈Y’s〉〈Y-3〉など、多くの自社ブランドやコラボブランドなどを通して世に訴えかけてきた。

 

常に新しいことに挑戦し続けるイノベーティブな山本耀司は、最近では絵画とのコラボレーションに積極的に取り組んでいる。

2016年のS/Sメンズ&ウィメンズコレクションでは、画家の朝倉優佳とコレボレーションし、絵画がプリントされたドレスルックなども発表している。

 

01_img_7929

 

そんな山本耀司が、今回開催する展覧会は『画と機』。画とはもちろん「絵画」を意味する。機とは「はずみ」や「機会」、「機織(服)」を意味している。

つなげて読めば「ガキ」とも読める。だれもが子どもであった時期があり、誰もが子どものころの断片を持ち続けているはず。そんな「ガキ」の精神を忘れた現代の大人への警告であるかもしれない。

 

03_yohjiyamamoto_byshuzosato

 

本展では、山本耀司が制作した絵画や彫刻、インスタレーションなどの作品が展示される。またここ数シーズン山本耀司自身に強い影響を与えた朝倉優佳の作品も観ることができる。

服も展示されるが、普通のファッション展のイメージで訪れたらあっと驚くだろう。そのあたりは自分の目で確かめてほしい。

ファッションデザイナーとは何であるのか。ファッションのなかにはどんなアート性が隠れているのか。そんなことを感じさせる展覧会になりそうだ。

 

00_gatoki

 

『画と機 山本耀司・朝倉優佳』

会期:2016年12月10日(土)〜2017年3月12日(日)

会場:東京オペラシティ アートギャラリー

開館時間:11:00〜19:00(金・土は20:00まで/刺しゅう入場は閉館の30分前まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、2016年12月26日(月)〜2017年1月3日(火)、2月12日(日・全館休館日)

入場料:一般1,200円/大学生・高校生800円/中学生以下無料

 

お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイアル)

http://www.operacity.jp/ag

 

主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団

協賛:日本生命保険相互会社

特別協力:株式会社ヨウジヤマモト

 

SNAP