Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

10.JUL.2013

彼女の幽霊のともだちが織り成す
めくるめく宇宙ポップの世界へようこそ

ENTERTAINMENT
hgfs
空想電子ポップユニット《Her Ghost Friend》

宇宙を彷徨うリズムやトラックに、聴いているとなんだか力が抜けちゃうボーカル。

 

《Her Ghost Friend》はDJ Obakeが紡ぎ出すキラキラ夢見心地な曲やメロディにのせたちょっとファニーな歌詞を、子どもみたいなかわいい声の女の子(Shinobu Ono)が歌う日本人の男女ユニットだ。

 

「おばけの友達がいそうな、ちょっと変わった女の子」がヒロインという設定で描き出される曲や物語は、「未来」や「宇宙」といったキーワードが頻出するが「当たり前と思っていることが本当は奇跡」だったり「すごいことって実は誰にでも起こせる」という彼らからのメッセージが込められている。

 

「ぼろぼろになっても毎日大切に持ち歩いている鞄の底の大好きな小説の文庫本みたいな、話しかけたり側にいてくれる君の友達ような、そんな音楽をつくってみたい。」《Her Ghost Friend》がやろうとしているのは、きっとそういう音楽なのだ。

 

彼らの想いが通じるべく1stアルバム収録の「放課後のシソーラス」が日本テレビ「恋する地球ものがたり」のオープニングに、2ndアルバム収録の「星キラリ、クレパス」が千葉テレビ「ハピモ」のエンディング曲に使用されるなど、お茶の間にも確実に届けられている。また、2ndアルバム「Looking for Wonder」がMTV 81の「Must Have J-POP 2012」に選ばれ、その実力は大いに評価された。

 

今年の7月10日に3枚目のアルバムとなるデラックス・ミニアルバム「恋する惑星、果てしない物語」をリリース。

15曲収録なのに「ミニアルバム」なのは、フルアルバムのように、ひとつのストーリーとして構成されておらず、オムニバス形式に、いろいろな場面で創られた曲がランダムに詰め込まれているから。

「物語」を提唱し続ける《Her Ghost Friend》にとって、実におもちゃ箱のように、ごちゃごちゃだけど「もっと色んな人に知ってもらいたい」という意味で発表するに至った作品だ。

 

今回のアルバムで初めて聴いた人も、過去の作品から知っている人も、彼らの純真さを保ちながら常に新しいことに目を向けていく姿勢には、繊細さとタフなスピリットを感じずにはいられない。

 

《Her Ghost Friend》の音楽は、いつだってあなたへのの応援歌となっているはずだ。

hgf

(MV)

アイスプラネット

星キラリ、クレパス

放課後のシソーラス

 

Her Ghost Friendの曲の試聴&購入はこちら

 

(iTunes)

 

Official HP

SNAP