Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

22.JAN.2013

なにを感じる?
非日常な日常がここにある。

CULTURE
C022_main
名越啓介が見つめたスモーキーマウンテンの10年、 そこで出会ったアナザーストーリー。

フィリピンマニラ市に、かつて存在したスラム街「SMOKEY MOUNTAIN/スモーキーマウンテン」
ゴミの投棄場となった漁村で、大量のゴミの山から自然発火して立ちのぼる煙から名付けられた場所。

10年にも及ぶ撮影期間の中で出会った、貧しいけれど懸命に生きる人々が持つ
明日への希望、そして溢れんばかりの家族への愛がここにある。

写真家・名越啓介の写真集『SMOKEY MOUNTAIN』では、
ここに住む人々の息遣い、あまり触れる事のできない静かな世界が写し出されている。

今回、開催される写真展『 in the dark 』では、
この『SMOKEY MOUNTAIN』を中心に、彼の赴くままにシャッターをきったものも
アナザーストーリーとして見ることができる。

1/27(日)までだから、急いでー!

(プロフィール)
名越啓介:1977年奈良県生まれ。大阪芸術大学卒業。
1996年より世界各地にてスクウォッター(不法占拠者)との共同生活による撮影を開始。
著書に、写真集「EXCUSE ME」(トキメキパブリッシング刊/2006年)、
「CHICANO」(東京キララ社刊/2008年)、「SMOKEY MOUNTAIN」(赤々舎/2011年)などがある。

名越啓介 写真展 『in the dark』
会期:2013.1.22(tue)~1.27(sun)
会場:tokyoarts gallery
住所:東京都渋谷区東2-23-8
tel:03-6427-6665
HP:http://www.tokyoartsgallery.com/

C022_1

02

SNAP