Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

25.SEP.2013

この秋、北欧インディポップはいかが?

ENTERTAINMENT
main
とおいとおいスウェーデンから届いたポップミュージック

スウェーデン・ストックホルムで2005年に結成された6人組の男女《LACROSSE》

 

2007年にファーストアルバム『THIS NEW YEAR WILL BE FOR YOU AND ME』
2年後に『Bandaged for the Heart』をリリース。

ストックホルム在住のイラストレーター"Karin Hagen"によるアルバムジャケットは、
何とも言えないシュールさが可愛く、思わず手に取って聴いてみたくなってしまう。

 

『THIS NEW YEAR WILL BE FOR YOU AND ME』は爽やかなギターポップ。
Nina(リードボーカル)の声が気持ちよく響き、Kristin(ギター、リードボーカル)の声が重なる。
二人の声だからこその心地よい音を奏でる。

 

キラキラしたポップさとどこか懐かしいレトロなサウンドが耳にすんなりと溶け込んでくる。
様々な楽器の音や、トランペットやホイッスルの音などもアクセントに使われていて、
そんな所にも注目して聴いてほしい。
アルバム名と同名の「This New Year Will Be For You And Me」は
ポップさの中にもどこか切なさもあり不思議な余韻の残る楽曲。
まさにこのアルバムの締めくくりにぴったり。

 

ポップさ全開の前作のアルバムから2年後のセカンドアルバム『Bandaged for the Heart』
前作に比べるとやや音も重厚になり、しっとりとダークに、しかし決して湿っぽくはなく、
より壮大にアルバムを仕上げている。「音を聴かせる」ということへの新たな挑戦が見て取れる一枚。

 

前作よりさらにパワーアップしたメンバーによるコーラスも、より曲の華やかさを演出。
しっとりしつつも、思わず身体が動いてしまうようなポップさも失わず、聴きどころ満載。
途中では、マラカスやシンセサイザーなども登場しており、多彩な音の発見も前作同様、楽しめる。

 

セカンドアルバムリリース後は目立った活動が見られない《LACROSSE》
Facebookなどは更新されており、
もしかしたら近年、また彼らのさらに進化したポップサウンドと会えないかと期待している。

 

秋晴れの楽しいひと時のお供に《LACROSSE》を聴いてみて。

 

HP: http://www.lacrosse.nu/

iTunes: https://itunes.apple.com/us/artist/lacrosse/id267076340

youtube: http://www.youtube.com/watch?v=RjepM1O6Rnw

Facebook: https://www.facebook.com/lacrossefanpage?fref=ts

SNAP