Clips

Menu

menuを開く/閉じる
[INDEX に戻る]

Clips Detail

31.JAN.2013

「ミツロウ」ってなんだかわかる?

INTERIOR
Clip028_main
ニューヨークから、「蜜蝋/ミツロウ」を使った <sono.ei/ソノ. エイ>のキャンドルがすごい!

「ミツロウ」、漢字で書くと「蜜蝋」
ミツバチが巣を構成するときに作るロウで「ビーズワックス」と呼ばれているもの。
<sono.ei/ソノ. エイ>の蜜蝋キャンドルは、N.Y.のブルックリン発。
ふたりの日本人デザイナーが作るキャンドルは、手作りならではのあたたかさにモチーフからも思わずほっとさせてくれる。

きのこ・リンゴ・さくらんぼ・洋梨

ビーズワックスシートから作られるので、ボコボコしている蜂の巣調の表面が、かえってLEGOブロックのようでキュート。
愛らしいモチーフの数々に、くだもの屋さんを連想させる箱からもあたたかい雰囲気が伝わってくる。

燃焼時間が長く、オレンジ色の柔らかい光に加えて、灯ると室内にはほのかな甘い香りがただようのも、
蜜蝋キャンドルならではの特徴。
燃焼により空気を浄化する作用もあり、さらにマイナスイオンまで発生してしまう。
なんて可愛くて、人にやさしいキャンドルでしょうか!

洋梨のペアーに、蜂蜜のハニー・・・意味を込めたお祝いやプレゼントにもいいね!

 

 

Clip028_1s

Clip028_2s

Clip028_3s2

SNAP